【シバナンダ・シヴァナンダヨガとは?】12のポーズや太陽礼拝・マントラの違いと特徴

【シバナンダ・シヴァナンダヨガとは?】12のポーズや太陽礼拝・マントラの違いと特徴

シバナンダヨガとは、シヴァナンダヨガとも言われ、南インド出身のスワミ・シヴァナンダ氏によって創設された伝統的なヨガの流派です。

 

基本の12個のポーズを行い、2種類の呼吸、哲学(生活スタイル)やマントラ、レッスンの内容など、他のヨガ流派とは少し違いがあり、特徴があります。

 

比較的初心者にも練習されやすいため、東京のシバナンダヨガセンターをはじめ、大阪や福岡などにも、シヴァナンダヨガを受けられるたくさんのスタジオがあります。

 

シヴァナンダヨガの特徴

ヨガの後屈のポーズをする少年

シヴァナンダヨガの特徴

・12のポーズを基本として行う

・2種類の呼吸

・それぞれのポーズの間にシャバーサナを挟む

・ポーズのホールドが長い

特有の太陽礼拝

・1レッスンは90分が基本

・最初と最後にマントラを唱えて祈る

リラックス効果が高く初心者におすすめ

 

シヴァナンダヨガは、12のポーズを基本シークエンスとして行いますが、この12のポーズは、生徒のレベルによって、インストラクターがアレンジします。

そのため、いつも12のポーズでは飽きてしまうということはありません。

 

12のポーズは、柔軟性と強さを養い、適切な呼吸を身に着け、瞑想へ近づくことができるようなポーズで成り立っています。

 

シヴァナンダヨガの効果・効能

・柔軟性のアップ
・呼吸法からポーズの基本を学べる
・哲学や瞑想も重視しているため精神的なリラックス効果が高い
・集中力のアップ
・食事やアーユルヴェーダなどライフスタイルを見直すことができる

シヴァナンダヨガは、太陽礼拝で全身を活性化させ、12の基本ポーズと呼吸でヨガの基本を学ぶことができます
一つ一つのポーズのキープ時間が長くゆったりとした動きのため、ヨガ初心者や身体が硬い方、体力に自信のない方でも安心して始めやすい流派です。

シヴァナンダヨガの太陽礼拝

 

シヴァナンダヨガの太陽礼拝は、通常の他のハタヨガベースの太陽礼拝とは違いがあります。

片足ずつ動く動作と、後屈を含む動きが特徴的です。

 

シバナンダヨガの太陽礼拝のYoutube動画はこちらです。

 

 

初心者の方は、図を見ながらゆっくりと行うのもおすすめです。

 

View this post on Instagram

 

СТАМБУЛ 💙 İSTANBUL 🧡さん(@hatha_yoga_istanbul)がシェアした投稿

一般的にヨガのクラスで行われる、太陽礼拝Aとの多きな違いの一つは、③の前屈ポーズから⑤のプランクの間に④の片足を後ろに引くポーズがある点です。

この後ろに引く足は右と左とを交互に行います。

 

また、⑥の「8点のポーズ」もシヴァナンダヨガ独特の動きです。

アシュタンガヨガやハタヨガでは、「チャトランガダンダーサナ」でコプラのポーズに繋げますが、シヴァナンダヨガは、つま先・膝・胸・顎・両手の平・両足のつま先の8点をマットに一度つけてからコブラに繋げます。

そのため、体幹や腕の力に自信がない初心者やシニアの方でも取り組みやすい太陽礼拝だといわれています。

 

 

12の基本のポーズと順番

ヨガの半魚王のツイストポーズをする女性

①シルシャア-サナ(ヘッドスタンド)

②サルヴァンガーサナ(ショルダースタンド)

③ハーラーサナ(鋤のポーズ)

④フィッシュポーズ(マッチヤーサナ)

⑤パッチモッターナーサナ(長座の前屈)

⑥ブジャンガーサナ(コブラ)

⑦サラバーサナ(バッタのポーズ)

⑧ダニュラーサナ(弓のポーズ)

⑨アルダマッチェンドラーサナ(半分の魚の王のポーズ)

⑩カカーサナ(カラスのポーズ)

⑪パーダーハシュターサナ(立った前屈)

⑫トリコナーサナ(三角のポーズ)

 

これらの12個のポーズは、それぞれ7つのチャクラのいずれかにバランスよく刺激を与えて活性化させるといわれています。

一つ一つの効果やチャクラへの効能を意識しながら行うと、より集中できるでしょう。

 

12個の基本のポーズがありますが、ポーズの内容は、インストラクターや講師によって変更をしても構いません。

練習者やその日の体調などに合わせて柔軟に練習を続けることができます。

 

 

基本の2つの呼吸とは?

ヨガのレッスンで合掌して座る生徒たち

2つの呼吸

・カパラバティ

・ナディショーダナ(片鼻呼吸法)

 

どちらも様々なヨガの流派でも行われている呼吸法です。

カパラバティは「頭蓋骨の輝き」とも呼ばれる、脳内の活性化に効果があると知られる呼吸法です。

ナディショダナ(方鼻呼吸)は、自律神経を整える働きがあると知られています。

 

<カパラパティ呼吸法のやり方動画>

<ナディショーダナのやり方動画>

どちらもポーズのシークエンスの前に行うことで、脳内が活性化し、自律神経がととのってポーズに集中しやすい環境に繋がるでしょう。

 

シヴァナンダ(シバナンダ)ヨガ哲学とは

シヴァナンダヨガは、大きく5つの原則に沿って行われます。

 

① 呼吸:プラナヤーマ(Pranayama)

② 運動: アーサナ(ポーズ)

③ リラックス: シャヴァ―サナ(Savasana)

④ 食事: ヴェジタリアンアーユルヴェーダの食事に添った食べ物

⑤ ポジティブ思考と瞑想

 

ポーズを極めて瞑想をすることに留まらず、食事や思想など、ライフスタイル全体を健康に、よりよくしようという流派です。

そのため、ポーズができなくても、食事にすこしアーユルヴェーダの知識を取り入れたりと、実践しやすいのも、他のヨガとの違いです。

生活習慣に取り入れられやすいため、「宗教」のように感じるという方もいますが、心身によい食事法などを紹介している流派の一つと言えるでしょう。

 

 

創設者のスワミ・シヴァナンダ氏とはどんな人?

 

 

View this post on Instagram

 

Swami Sivanandaさん(@swami_sivananda)がシェアした投稿

1887に南インドに生まれ、西洋医学の医師として働いていましたが、ヨガに出会い、より多くの人をヨガによって助けたいという思いから、ヨガの聖地である北インドのリシケシに渡り、10年の修行を積みました。

 

リシュケシュにはスワミ・シヴァナンダが設立したシバナンダ・アシュラムとフォレスト・アカデミーというヨガの総合大学が現在でもあります。

 

1957年に彼は、弟子のひとりである Swami Vishudevananda(スワミ・ヴィシュヌヴァナンダ)をアメリカに派遣し、国際シヴァナンダヴェーダンダセンター( International Sivananda Yoga Vedanta Centers (SYVC)を設立しました。

 

これにより、さらにシヴァナンダヨガは世界に広がりました。
スワミ・シヴァナンダ氏は、200以上のヨガについてや哲学についての本を執筆し、その知識を広めています。

 

 

シヴァナンダヨガ哲学は6つの言葉でよく言い表されます。

 

Serve, Love, Give, Purify, Meditate, Realize.
奉仕、愛、与えること、清らかなこと、瞑想、気づき

 

シヴァナンダヨガは、身体の柔軟性や筋力だけではなく、精神的な浄化やリラックス、瞑想を目的としていることが良く分かります。

 

シヴァナンダヨガのマントラの歌詞

シヴァナンダヨガでは、レッスンの最初と最後にマントラを唱えます。

覚えなければならないということではありません。

マントラのYoutube動画もありますので参考にしてみてください。

 

始まりのマントラ:ディヤーナ シュローカ(Dhyana Slokas)

<歌詞と読み方(発音のし方)>

オーム オーム オーム
ガジャーナナン ブータガナーディ セービターム
カピッタ ジャンブー パラサーラ バクシタム
ウマースタン ショーカビナーシャ カーラナーム
ナマーミ ビグネシュワーラ パーラ パンカジャン

シャダーナナン クンクマ ラクタバールナーム
マハーマティン ディビーヤ マユーラ バーハナム
ルードゥラッシャー スルナム スラサインニャ ナーターム
グハン サダハム シャラナム プラパディエー

ヤー クンデンドゥ トゥシャーラ ハーラ ダバラー
ヤー シュブラ バストラブリター
ヤー ビーナ バラダンダ マンディタ カラー
ヤー シュヴェータ パドマーサナー
ヤー ブランマー チュータ シャンカラ プラブリティビー
デバーイ サダー プージター
サーマン パトゥ サラスワティー バガバティ
ニシェーシャ ジャディヤーパハー

オーム ナマー シバーヤ グラベー
サッチダーナンダー ムルタイェー
ニシプラパンチャーヤ シャンターヤ
スリ シヴァーナンダーヤ テー ナマハー
スリ ヴィシュヌデヴァーナンダーヤ テー ナマハー

オーム サルバ マンガラ マンガリイェー
シベー サルバータ サーディケー
シャランイェ トラヤンバケー ガウリ
ナーラーヤーニー ナモストゥテー
ナーラーヤニー ナモストゥテー

オーム

サハナーナーババトゥ サハナウボナトゥ
サハヴィヴィヤンカラヴァーヴァへー
テージャスヴィナサマストゥ

オーム
シャーンティ シャーンティ シャーンティ

 

※サンスクリット語をカタカナで表記しています。

若干の読み方の違いはご了承ください。

 

終わりのマントラ:マハムリチュンジャヤマントラ(Mahamrityunjaya Mantra)

<歌詞と読み方(発音のし方)>

オーム トリャンバカム ヤジャーマヘ
スガンディン プシュティ バルダナム
ウルバールカミバ バンダナーム
ムリティヨー ムクシーヤマームリター

オーム サルベーシャーン スワスティエ ババトゥ
サルベーシャーン シャンティエ ババトゥ
サルベーシャーン プーナム ババトゥ
サルベーシャーン マンガラン ババトゥ

サルベー ババントゥ スキナー
サルベー サントゥ ニラーマヤー
サルベー バットラニ パッシャントゥ
マー カスチッ ドゥカバー バベー

アサトーマー サッガマヤ
タマソーマー ジョーティル ガマヤ
ムリティヨー マー アムリタン ガマヤ

オーム プーナマダ プーナミダン
プーナー プーナムダッチャテ
プーナッシャ プーナマーダーヤ
プーナメーバーバ シッシャテー

オーム シャーンティ シャーンティ シャーンティ

 

歌詞の意味は、健康、長寿、平和、解脱、繁栄などを祈ったものだそうです。

 

東京のシヴァナンダヨガが受けられるヨガスタジオ

NPO法人 シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センター

東京高円寺には、NPO法人 シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センターがあり、体験レッスンやワークショップなどが行われています。

ぜひ興味のある方は参加されてみてくださいね。

 

NPO法人 シヴァーナンダ・ヨーガ・ヴェーダーンタ・センター

ウェブサイト:https://sivananda.jp/

 

 

 

スタジオヨギー渋谷

スタジオヨギーの渋谷でも、シヴァナンダヨガのレッスンが週に数回行われています。

体験やドロップインも可能ですので、行ってみるといいでしょう。

 

ウェブサイト:https://www.studio-yoggy.com/studio/shibuya

 

 

アンダーザライトヨガスクール(代々木)

ヨガインストラクターを養成するスクールが運営するヨガスタジオで、シヴァナンダヨガのレッスンも受けられます。

他のヨガの種類なども豊富なため、シヴァナンダヨガの時間は確認をしましょう。

 

ウェブサイト:http://www.underthelight.jp/index.html

 

 

インストラクターに興味があるならこちらもチェック

 

 

 

大阪のシヴァナンダヨガの受けられるスタジオ

スピリットヨガ(Spirit Yoga Studio)

ヨガインストラクターを養成するスクールが運営するヨガスタジオで、シヴァナンダヨガのレッスンも受けられます。

他のヨガの種類なども豊富なため、シヴァナンダヨガの時間は確認をしましょう。

 

ウェブサイト:http://www.spirityogastudio.com/

 

 

ニーマ(niima)

シヴァナンダヨガをはじめ、大阪で様々な種類のヨガが体験できます。

ワークショップやイベントをたくさん行っており、有名な講師が来てレッスンを行うことも多いため、事前に予約をすることをおすすめします。

ワークショップイベントも安く参加できます。

 

ウェブサイト:http://yoga-niima.com/

 

 

シヴァナンダヨガについて興味がありましたら、こちらの本もおすすめです。