逆転

ヨガの逆転のポーズのやり方と効果の一覧です。

逆転の新着記事一覧

逆転

肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)の効果とやり方!できない場合の準備も紹介!

肩立ちのポーズ(ショルダースタンド)は、サンスクリット語で「サーランバ サルヴァンガーサナ」と呼ばれ、疲労回復効果や腹筋強化の効果が期待できるポーズです。腰痛や首に痛みがある場合や、妊娠中・整理中は練習を避けましょう。できない場合は、壁を使ったり、準備ポーズをするなどして時間をかけて行います。鋤のポーズと続けて行うとスムーズなシークエンスです。
2020.08.31
逆転

鋤のポーズ(ハーラーサナ)の効果とやり方!背骨を伸ばして腰痛ケア!

鋤のポーズ(ハーラーサナ)の効果とやり方のコツを解説しています。首を痛めやすいため、軽減法から練習をするようにしましょう。腰や背骨を伸ばして腰痛改善にも効果が期待できます。息苦しさや首の痛みを感じる場合は、ブロックやブランケットを使いましょう。
2020.08.21
座位

百会のツボで睡眠改善や頭痛解消効果も!うさぎのポーズが痛い場合のやり方のコツも紹介!

うさぎのポーズは、百会と呼ばれるツボを刺激しながら腕を組んで上に上げることで肩甲骨周りをほぐす効果もあるポーズです。 自律神経を整え、睡眠改善や目まい、頭痛の改善のほか、百会には薄毛や消化器官の改善効果もあると言われています。頭頂が痛む場合は手をついたまま行いましょう。
2020.09.09
逆転

ヘッドスタンドの効能とやり方!足が上がらないのは頭の位置や体幹の使い方がコツ!

ヘッドスタンド(頭立ち)は、全身の活性化の効果が期待できるポーズです。足が上がらない、前に倒れる場合は、頭の位置や、体幹の使い方がポイントです。難易度が高いと感じがちですが、練習のやり方を理解すれば、初心者でも可能です。首に痛みがある方などは練習を控えましょう。
2020.06.23
逆転

イルカのポーズ(ドルフィンポーズ)の効果と練習のやり方!ヘッドスタンドができない方におすすめ!

ヨガのイルカのポーズ(ドルフィンポーズ)の効果と練習のやり方を紹介しています。イルカのポーズは、肩や背中を強化する効果が期待でき、ヘッドスタンドの練習にもおすすめのポーズです。ダウンドッグのコツとやり方は似ており、頭の位置や肩の使い方ができない場合のコツです。
2020.06.23
立位

立位の前屈のポーズの効果とコツ!腿ウラが硬くてもできる練習方法を紹介

立位の前屈のポーズのやり方と効果を画像で紹介しています。柔軟性を高め、リフレッシュ効果が期待できる基本のポーズです。苦手意識のある方も多いですが、骨盤や膝の使い方のコツを理解することで、練習を深めることができます。
2020.06.22
逆転

股関節と骨盤の使い方がコツ!ダウンドッグのやり方と効果

ダウンドッグ(下を向いた犬のポーズ)のやり方と効果を画像で紹介しています。コツは、股関節や骨盤の使い方で背骨と腰をしっかりと伸ばすことです。かかとは床につなかくても、太ももやふくらはぎ、背中の身体の背面全体を伸ばすように意識するのがポイントです。頭痛がする場合は段階的に、練習して苦手を克服しましょう。
2020.06.23
\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました