ツイスト

ヨガのツイストポーズのやり方と効果の一覧です。

ツイストの新着記事一覧

ツイスト

詳しいポイントを抑える!捻った椅子のポーズ(ツイストチェアポーズ)の効果とやり方を紹介!

ねじった椅子のポーズ(ツイストチェアポーズ)は、「パリブリッタ ウトゥカターサナ」と呼ばれ、椅子のポーズから上半身を捻ったバリエーションであり、より下半身の強化や、内臓機能の活性化効果があるポーズです。腰を反らずに尾骨を下に向け、膝の位置を動かさずにツイストするのがやり方のコツです。
2020.11.02
ツイスト

腰痛やお尻のコリに効果的!ワニのポーズのやり方と痛い場合の優しい方法を紹介!

ワニのポーズの効果とやり方のコツを紹介しています。ワニのポーズはサンスクリット語では「ジャタラ・パリヴァルタナーサナ」と呼ばれ、「お腹を捻る」という意味があります。骨盤からツイストをすることで腹部のマッサージはもちろん、腰やお尻のストレッチで腰痛緩和効果も期待できるポーズです。体幹で足の重さを支えなければ、逆に腰痛の原因ともなりかねるため、注意が必要です。
2020.10.20
ツイスト

肩こり解消に効果的!針の糸通しのポーズ(パリヴリッタバラーサナ)のやり方とバリエーション

針の糸通しのポーズ(パリヴリッタバラーサナ)の効果とやり方のコツを紹介しています。針の糸通しのポーズ(パリヴリッタバラーサナ)とは、肩こり解消効果が期待できるポーズです。できない場合や痛い場合のバリエーションは、上の手を伸ばさずに顔前に置いてストレッチを軽減します。仰向けのポーズは針穴のポーズと呼ばれる別の効果のポーズです。
2020.09.26
ツイスト

骨盤と内腿の使い方がコツ!ねじった三角のポーズの効果とやり方を解説!

ねじった三角のポーズのやり方と効果の紹介です。骨盤を正面に平行にして内腿を締めることが、安定とツイストのコツと注意点です。内臓機能の活性化、リフレッシュ効果も期待できるポーズです。できない場合は、足の幅の調節などの軽減をして練習をしましょう。
2020.10.07
ツイスト

捻った体側を伸ばすポーズ(パリブリッタパールシュバコナーサナ)の効果とやり方

捻った体側を伸ばすポーズ(パリブリッタパールシュバコナーサナ)の効果とやり方を紹介しています。捻った体側を伸ばすポーズ(パリブリッタパールシュバコナーサナ)は、消化促進や太ももの強化などの効果が期待できます。腸腰筋のトレーニングや背筋の強化もできます。コツは曲げた足の膝の位置で、引っ掛けた肘と膝を押し合ってツイストを深めましょう。
2020.10.07
ツイスト

捻ったピラミッドのポーズは肩こりや内転筋強化の効果で女性におすすめ!やり方とポイントを解説!

捻ったピラミッドのポーズ(ツイストピラミッド)のやり方と効果を画像で紹介しています。肩こり解消や冷え性の改善などの効果が期待できます。骨盤を床に平行に保ってツイストすることがやり方のコツです。できない場合はブロックを利用するのがおすすめです。
2020.10.07
ツイスト

半分の魚の王のポーズの効果とやり方!座位のねじりの代表ポーズのコツとは?

半分の魚の王のポーズ(アルダマッツェーンドラーサナ)のやり方と効果を画像で紹介しています。背骨をねじって腹部を刺激することで、腰痛緩和や内臓機能活性化の効果が期待できる、座位のねじりの代表ポーズです。 骨盤を立てて行うことがポーズを深めるコツです。
2020.10.07
\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました