ヨガ

ヨガを始める方、ヨガを深く学んでいる方両方に役立つヨガに関する記事一覧です。
全国のおすすめヨガスタジオや、海外でヨガを練習する方法、ヨガインストラクター資格スクールで講師になるための勉強をしたい方へおすすめの講座など、ヨガに関する記事まとめです。

ヨガの新着記事一覧

仰向け

橋のポーズ(セツバンダーサナ)で骨盤底筋を鍛える!できない場合のやり方も紹介!

橋のポーズ(セツバンダーサナ)とは、サンスクリット語で「セツバンダーサナ」、英語で「Bridge Pose」と呼ばれます。仰向けに寝て膝を立て、お尻を持ち上げるポーズで、臀筋やハムストリングス、骨盤底筋を強化し、胸を開く効果が期待できます。できない場合は股関節ほぐしなどから取り入れてみましょう。
仰向け

寝たままできる!仰向け合せきのポーズ(スプタバッダコーナーサナ)の効果や痛い場合の軽減法を紹介!

仰向け合せきのポーズ(スプタバッダコーナーサナ)とは、サンスクリット語で「スプタバッダコーナーサナ」と呼ばれます。仰向けで足裏を合わせて両膝を開くポーズで、股関節の柔軟性アップや、鼠蹊部のストレッチ、リラックス効果などが期待できます。股関節や膝が痛い場合はブロックなどを使った軽減法で練習しましょう。
仰向け

仰向け英雄のポーズ(スプタヴィラーサナ)のできない場合の練習法とやり方のコツを解説!

仰向け英雄のポーズとは、サンスクリット語で「スプタヴィラーサナ」と呼ばれます。割座で仰向けになるポーズで、前腿のストレッチや胸を開く効果が期待できるポーズです。腰が反らないように腹部に力を入れて前腿を伸ばすのがコツで、できない場合はクッションの利用や片足づつの練習がおすすめです。
うつ伏せ

バッタのポーズ(シャラバーサナ)のやり方のコツ!できない場合の練習方法も紹介!

弓のポーズ(シャラバーサナ)は、うつ伏せで顎をついたまま足を上に上げる後屈のポーズで、背筋やハムストリングス、臀筋強化が期待できます。腰を痛めないように、ハムストリングスを使い、首の後ろは伸ばして行うことがやり方のコツです。できない場合は、片足ずつの軽減法などで、段階的に練習をしましょう。
2020.11.28
うつ伏せ

弓のポーズ(ダヌラーサナ)のできないを克服!やり方のコツと足が上がらない場合の練習方法も紹介!

弓のポーズはサンスクリット語で「Dhanurasana(ダニュラーサナ/ダヌラーサナ)」、英語で「Bow Pose」と呼ばれます。うつ伏せで後屈するポーズで、背筋強化や胸を開いて姿勢改善効果が期待できます。足が上がらない場合や、腰が痛む場合はベルトなどを利用して練習をするのがおすすめです。
ヨガ

【徹底調査!】ロイブの口コミ・評判は本当?!実際に体験に行って感想をレポート!

ホットヨガのロイブの口コミと評判が本当か、実際に体験に行って感想を紹介しています。女性専用でインストラクターも全員女性社員のため、おしゃれな内装で雰囲気の良いスタジオです。レッスン内容が豊富でダイエットや体幹トレーニング、ダンスや暗闇ヨガなど楽しみながら通えます。料金は地域によって違いますが、通い放題などお得なプランもあります。体験は安く受けられるため、ぜひ一度近くの店舗を探しましょう。
立位

踊り神/踊り子のポーズ(ナタラージャーサナ)の練習やり方とバランスを保つコツを紹介!

踊り神(踊り子のポーズ)は、サンスクリット語で「ナタラージャーサナ」、別名ダンスのポーズとも言われるほど、バランス感覚も必要な難しいポーズです。下半身や背筋の強化の他、肩と胸を開いて姿勢改善効果も期待できるポーズです。骨盤がねじれないように床に平行にし、肩を外旋させるのがポーズを深めるコツです。
2020.11.30
ヨガ

ホットヨガカルドの口コミと評判は本当?実際に体験に行って料金やインストラクターもチェックしてきました!

ホットヨガのカルドの口コミと評判を実際に体験に行った筆者の感想を含めて紹介しています。マット不要のスタジオ、ジムや岩盤浴があるなど、他のホットヨガと比べて違いがたくさんあります。体験料金は安く利用可能ですので、安さや清潔さ、施設の充実さなどを参考にぜひ体験に行ってみてくださいね。
膝位・四つん這い

後屈のやり方に注意!らくだのポーズ(ウシュトラーサナ)のコツと腰を守る練習を徹底解説!

ラクダのポーズは、サンスクリット語で「Ustrasana(ウシュトラーサナ)」、英語で「Camel Pose(キャメルポーズ)」と呼ばれます。膝立ちで後屈をするポーズです。ハムストリングスや臀筋を強化しながら、胸を開く効果が期待できます。お腹に力を入れて腰を守りながら胸椎を反らすことがやり方のポイントです。
2020.11.30
座位

鷺(サギ)のポーズ(クラウンチャーサナ)のやり方と痛い場合の軽減法を紹介!

鷺(サギ)のポーズとは、「青サギのポーズ」とも言われ、サンスクリット語で「Kraunchasana(クラウンチャーサナ)」、英語で「Heron Pose」と呼ばれます。座った状態で片足を上に伸ばし、足裏全体をストレッチできるポーズです。できない場合は、ベルトやタオルを足にかけて補助として使い、骨盤を立てて練習するのが上達のコツです。
2020.11.25
\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました