【流派一覧】ヨガの種類とスタイルの特徴・違い~ポーズや呼吸は?~

【流派一覧】ヨガの種類とスタイルの特徴・違い~ポーズや呼吸は?~

ヨガの種類・流派の違いは?

ヨガには、たくさんの流派と種類があります。

 

・精神的な修行を主にしたもの
・ポーズを主にしたもの
・ポーズ、思想、呼吸、瞑想をバランスよく取り入れるもの

 

など、流派によって考え方やポーズも違ってきます。

 

自分がどのヨガのスタイルが合うのか、一度様々なヨガの体験クラスなどを受けてみましょう。

いろいろな種類や流派のヨガを体験してみて、ヨガスタジオや先生、スクールを決めることをおすすめします。

 

ヨガの流派やスタイルの違いと特徴を、一覧にまとめました。
スタジオ選びなどの参考にしてください。

 

ヨガの種類・流派の一覧~特徴と違い~

古代四大ヨガ

ヨガには現在、たくさんの種類がありますが、もとは4つの大きな流派に分けられます。
「4大ヨガ」と呼ばれます。

これから派生して、さまざまな流派のヨガが現代にひろがりました。

 

●カルマヨガ

紀元前800~500年頃に作られたヨガと言われています。

「カルマ」とは「奉仕」「行為」という意味があります。

 

このカルマヨガでは、私達の今生きている人生は全て修行であり、

利益や見返りを求めない奉仕・善行を積む事で、前世の罪を浄化することを目指したヨガです。

つまり、現在「ヨガ」という言葉で思い浮かべるポーズなどは行わず、毎日の生活の中で奉仕活動をするヨガです。

 

●バクティヨガ

 

献身、敬愛のヨガと言われます。

インドで最も強く人々の生活に影響を与えているヨガスタイルです。

人々は神やヨガの導師への信愛を祈りや供え物、献身的修行によって表現します。

 

<バクティヨガについての本>

 

●ジニャーニャヨガ

ジニャーニャとは「知識」という意味です。
ジニャーニャヨガは知識のヨガと呼ばれ、哲学を探求するタイプのヨガです。

ポーズ、呼吸、瞑想は行わず、ヨガの導師からの説教を聞き、本を読み、多くの気づきを得続けるというヨガです。

 

●ラージャヨガ

ラージャとは「王様」という意味があり、ヨガの王様と呼ばれています。

紀元前2世紀ごろに最初のヨガのスタイルとして体系化されたと考えられています。

瞑想が中心であり、このラージャヨガを発祥にその後多くの流派のヨガに派生していきました。

 

 

古代4大ヨガからの派生ヨガ一覧

ヨガの種類はアメリカをはじめとして、常に新しいものが生まれています。
ヨガは古くから伝えられていますが、より現代人が取り入れやすいようにアレンジされてきているからです。

代表的なものを一覧にしています。

 

●アイアンガーヨガ

 

BKSアイアンガー氏が指導するヨガスタイルです。

 

アイアンガー氏は、適切な形でポーズをキープさせ、理想的な身体の使い方を学ぶために、
ヨガマットやベルト、ブロックを使った丁寧なアライメント(姿勢)調整を考案しました。

 

このヨガ器具は今や多くのヨガスタジオでも使われており、現代ヨガに大きな影響を与えています。

 

<アイアンガーヨガについておすすめの本>

 

 

 

●アシュタンガヨガ

 

SKパタビジョイス氏によって創始されたヨガです。

ヨガスートラに記されている8支則に基づいたヨガです。

 

アーサナ(実践)部門に当たり、これを現代人がわかりやすく学べるように具体化されたものです。

 

アシュタンガヨガのエネルギッシュな動きは、流れるように呼吸に合わせて行う「ヴィニヤサヨガ」や「パワーヨガ」の前身となりました。

 

アシュタンガヨガについては別途詳しく説明していますので参考にしてください。

 

【ポーズと順番】アシュタンガヨガ(プライマリー)のやり方~初心者もできるシークエンスやマントラ~

 

<アシュタンガヨガを学ぶのにおすすめの本>

 

<八支則とヨガスートラについて理解するなら>

 

アシュタンガヨガができるスタジオ一覧はこちら↓

【アシュタンガヨガ体験】東京のおすすめヨガスタジオ

 

 

●ロケットヨガ

アシュタンガヨガをより自由に練習するための新しい流派です。

アメリカ発祥で、アームバランスや逆転のポーズなどの、チャレンジングなアシュタンガをベースにしています。

伝統にとらわれすぎずに自由に練習するスタイルから、早く効果が期待できるため「ロケットヨガ」と呼ばれています。

 

【ロケットヨガとは】ポーズの名前や特徴、効果は?アシュタンガより難易度は高い?

 

 

●シヴァナンダヨガ

 

西洋医学医師のスワミ・シヴァナンダによって考案されたヨガです。

アーサナだけでなく、呼吸と瞑想の3つを同等に重視しているため「癒しのヨガ」とも呼ばれています。

 

チャンティングや哲学をしっかり学ぶことができるヨガです。

一つ一つのアーサナへのアライメントを重視しており、アーサナの間で毎回シャバーサナを挟むスタイルが特徴的です。

東京の高円寺にシヴァナンダヨガセンターがあるため、気になる方はぜひ行ってみましょう。

 

【シヴァナンダヨガとは?】12のポーズや特徴・太陽礼拝の違いやマントラ動画など

 

<シヴァナンダヨガについて学ぶおすすめの本>

 

 

●ハタヨガ

現在主流となっているヨガの流派

「ハ」は太陽・陽、「タ」は月・陰を意味し、身体の陰と陽のバランスをよく保ち調和することを目的としたヨガです。

呼吸とポーズに重点を置いた、現在ヨガの基本として、多くのヨガスタジオの初心者クラスに取り入れられているヨガ流派です。

最もベーシックなヨガとして知られ、初心者も始めやすいヨガです。

一般的なヨガスタジオや、インストラクター養成スクールで学ばれるのはハタヨガスタイルがほとんどです。

 

 

 

 

<ハタヨガを深く学ぶなら>

 

 

●ヴィニヤサヨガ

 

呼吸と動きを連動させたヨガ。

「ヴィニヤサフローヨガ」と呼ばれることも多く、流れるようにポーズを続けて行うヨガです。

アシュタンガヨガをベースに、ポーズの順番や練習の仕方を、もっと自由に、初心者でも取り組みやすくしたものです。

 

 

●ビクラムヨガ

ビクラムヨガ(BIKRAM YOGA)とは、インド出身のビクラム・チョードリー氏によって考案されたヨガの流派です。

ビクラムヨガは、温度40度、湿度40%以上の室内環境で行うので、「ホットヨガの元祖」とも呼ばれています。

26種類の決まったポーズを同じ順番で90分で行うヨガスタイルです。

 

歌手のマドンナレディーガガ、シャーリー・マクレーンなどのハリウッド女優から、多くの有名スポーツ選手やニクソン元米国合衆国大統領まで、多くのセレブリティや芸能人が生徒としてビクラムヨガ(ホットヨガ)を行っていることで知られています。

男性も多いヨガスタイルでスタジオは男女可能なため、カップルや夫婦で通う方も多いです。

 

 

 


 

現代ヨガとして人気のリラックス系のヨガ

アシュタンガヨガやロケットヨガなどの、運動量の多い、ダイエット効果が期待できるヨガは、フィットネス感覚で非常に人気です。

 

その一方で、ストレス社会で忙しく働く現代人を究極なリラックス状態に導く静的、瞑想的なヨガも人気です。

 

●陰ヨガ(Yin Yoga)

ハタヨガやアシュタンガなどのよく身体を動かすヨガは(陽的)とされ、その反対に、ゆっくりと身体をストレッチするようにリラックスさせるヨガです。

座ったままのポーズや、仰向けなどのポーズが多く、主に関節などを柔らかくして血流をよくして、心身のこわばりをほぐしていくヨガです。

日頃ストレスが溜まっている方、いつも忙しくされている方におすすめです。

 

<陰ヨガについて学べるおすすめの本>

 

 

●リストラティブヨガ

多くのヨガスタジオでもレッスンが開催されている「究極なリラックス」と呼ばれるヨガです。

プロップスをたくさん使い、最も心地いいと感じる場所を探しながら心をリラックスしていきます。

関節や筋肉を無理に伸ばしたり汗をかいて身体の爽快感を得るのではなく、身体の力の抜き方を学ぶヨガです。

ヨガ初心者の方やリハビリ中の方など、年齢や身体能力に関係なく楽しむことができます。

 

 

<リストラティブヨガについて学べるおすすめの本>

 

 

●クンダリーニヨガ

クンダリーニヨガとは、インド西北部のヨギ・パジャンによって創設されたヨガスタイルです。
「元気に、ポジティブに生活する力を身に着けることができるヨガ」と言われ、精神面を重視したヨガ流派です。
息を止めたり、息を長く吐いたりと、多くの呼吸法を練習することで、考えかたをクリアに、そしてポジティブに変えていく効果があると考えられています。

身体を常に動かすのではなく、呼吸や瞑想の要素が強い種類のヨガのため、シニアの方などにもおすすめです。

 

<クンダリーニヨガについて学べるおすすめの本>

 

 

現代ヨガは常に新しいスタイルが誕生しています

 

古代から多くの流派のヨガがありましたが、現代人により受け入れられやすいように、ヨガも変化を続けています。

 

特にアメリカでは、ハリウッド女優が始めたことでブームとなった、フィットネス感覚の強いパワーヨガ、さらにはハンモックにぶら下がってヨガを行う空中ハンモックヨガ(エアリアルヨガ)など、今やヨガは様々な形に姿を変えています。

 

 

自分に合ったヨガの種類と流派の見つけ方とは?

どのヨガの流派や種類が、あなた自身にあったものなのか、どのスタイルがあなたが求めるものなのか、悩むかもしれません。

 

どの流派の先生に教えてもらうか、決める前に、まずは自分がどの流派が好きか、知っておく必要があります。

 

ヨガスタジオに通い始める前や、ヨガインストラクターの資格であるRYT200取得を検討するのであれば、まずはいろいろなヨガスタジオの体験に行ってみましょう。

 

多くのヨガの流派を体感してみましょう。

そして自分に合った流派、スタイルを見つけたら、それに近い講師のいるスクールやスタジオを選びましょう。

 

もちろん、自分に合ったヨガの流派に出会うのは、それほどすぐにできることでもありません。

ヨガを学んでいく中で、学びながら、見つけていくでしょう。