ヨガポーズラボ

ヨガのポーズのやり方や効果を写真と動画でわかりやすく解説しています。

ヨガポーズラボの新着記事一覧

座位

【鳩のポーズへの道】やり方と効果を優しく解説!出来ない理由と軽減法とは?

鳩のポーズの効果とやり方のコツを画像でわかりやすく解説しています。出来ない方も多く、上級者向けのポーズです。軽減法として、うつ伏せの状態でお尻や腿裏を伸ばして行うやり方や、バリエーションの「鳩の王のポーズ」も紹介しています。出来ない理由に合わせた練習をしましょう。
立位

木のポーズ(ツリーポーズ)の効果とやり方!ふらつく方は足の位置がポイント

木のポーズ(ツリーポーズ)の効果とやり方を画像で初心者にもわかりやすく紹介しています。体幹を鍛える効果が期待できるポーズです。ふらついてできない場合はコアを意識しましょう。骨盤は正面に向けて床に垂直に保つことがポーズを深めるコツです。足の位置はバランスが取れる場所で構いません。
ツイスト

半分の魚の王のポーズの効果とやり方!座位のねじりの代表ポーズのコツとは?

半分の魚の王のポーズ(アルダマッツェーンドラーサナ)のやり方と効果を画像で紹介しています。背骨をねじって腹部を刺激することで、腰痛や便秘改善の効果が期待できる、座位のねじりの代表ポーズです。 骨盤を立てて行うことがポーズを深めるコツです。
座位

長座前屈の効果とコツ!苦手な方必見!背中を丸めずに伸ばすのがポイント

長座前屈のポーズ(パスチモッターナーサナ)のやり方と効果を画像で紹介しています。腿、膝裏、アキレス腱の柔軟性を高め、リフレッシュ効果が期待できる基本のポーズです。苦手意識のある方も多いですが、骨盤や股関節の使い方のコツを理解することで、練習を深めることができます。
立位

手足の組み方がコツ!鷲(ワシ)のポーズの効果とやり方を解説

鷲のポーズの効果とやり方を画像で紹介しています。手の組み方が肩甲骨を開かせ、足の組み方がバランスを強化するためポイントです。手の絡ませ方がわからない、手足が組めない場合は、できるところまでを練習しましょう。
立位

肩甲骨の使い方がコツ!半分の前屈ポーズの効果とやり方を紹介

ヨガの半分の前屈のポーズ(アルダウッターナーサナ)のやり方と効果を画像で紹介しています。 肩甲骨を下げて腰と首を伸ばすことで、胸を開いて姿勢改善効果も期待できます。身体が硬く床に手が届かない場合の練習のコツも参考にしてください。
うつ伏せ

猫背改善に効果的!コブラのポーズのやり方と腰が痛い場合のコツ

ヨガのコブラのポーズのやり方と効果を写真で消化しています。お腹をストレッチし、背筋を鍛えるため、猫背、姿勢改善の効果が期待できます。腰が痛いという方は、無理をせずに腹筋を使って腰を守りながら練習することがコツです。
立位

立位の前屈のポーズの効果とコツ!腿ウラが硬くてもできる練習方法を紹介

立位の前屈のポーズのやり方と効果を画像で紹介しています。柔軟性を高め、リフレッシュ効果が期待できる基本のポーズです。苦手意識のある方も多いですが、骨盤や膝の使い方のコツを理解することで、練習を深めることができます。
逆転

股関節と骨盤の使い方がコツ!ダウンドッグのやり方と効果

ダウンドッグ(下を向いた犬のポーズ)のやり方と効果を画像で紹介しています。コツは、股関節や骨盤の使い方で背骨と腰をしっかりと伸ばすことです。かかとは床につなかくても、太ももやふくらはぎ、背中の身体の背面全体を伸ばすように意識するのがポイントです。頭痛がする場合は段階的に、練習して苦手を克服しましょう。
うつ伏せ

肩甲骨の使い方がコツ!アップドッグ(上を向いた犬のポーズ)のやり方と効果

アップドッグ(上を向いた犬のポーズ)のやり方と効果を画像で紹介しています。コブラのポーズとの違いは、腰の反り具合がアップドッグの方が深く、腰痛やヘルニアの方は、コブラのポーズからの練習がおすすめです。肩甲骨周辺の筋力のアップや、背筋強化の効果が期待できます。肩甲骨の使い方がポーズのポイントです。
タイトルとURLをコピーしました