ヨガポーズラボ

ヨガポーズラボ ヨガポーズラボ

ヨガのポーズのやり方や効果を写真と動画でわかりやすく解説しています。

座位

ハヌマーンアーサナのコツ!練習ポーズで柔軟性を高めよう【猿神のポーズ】

ハヌマーンアーサナ(猿神のポーズ)の効果効能と練習のコツを紹介しています。足を前後に開脚して両手をあげるポーズで、股関節や足の柔軟性アップ効果などがあります。準備ポーズで柔軟性を高めるのがポイント!
仰向け

上向き板のポーズ(プールヴォッターナーサナ)のやり方と効果!上向きプランクで体の前側を伸ばそう!

上向き板のポーズ/東側を伸ばすポーズ(プールヴォッターナーサナ)のやり方と効果を画像で紹介しています。長座から手を後ろについてお尻を持ち上げ、体の前側を伸ばすポーズです。肩甲骨周りをほぐし、背筋や体幹を鍛える効果も期待できます。首が痛い場合は椅子を使い、手の向きも工夫して練習して構いません。
座位

お尻がつかなくてもOK!チャイルドポーズのやり方とできない原因別の軽減方法を紹介!

チャイルドポーズは、子供のポーズとも呼ばれ、サンスクリット語で「バラーサナ」と呼ばれるリラックス効果が期待できるポーズです。子供のように全身をリラックスさせる意味があり、腰や背中のストレッチができます。腰回りが硬いとお尻がつかない場合や、肩に力が入る場合、苦しさを感じるとリラックスができないため、クッションなどを使ったやり方がおすすめです。
立位

骨盤の向きがポイント!ヨガの戦士のポーズ1の効果とやり方を解説

戦士のポーズ1のやり方と効果の紹介です。骨盤の向きは正面にし、かかとを浮かせずにポーズをとることが練習のコツです。ハイランジのポーズとの違いは、後ろ足の使い方です。戦士のポーズ1は、英語でWarrior1、サンスクリット語でヴィーラバドラーサナと呼ばれ、別名で英雄のポーズとも呼ばれるヨガの基本のポーズです。
仰向け

ハッピーベイビーのポーズで股関節をほぐす!痛い場合の練習のやり方も紹介!

ハッピーベイビーのポーズとは、サンスクリット語で「アーナンダ バラーサナ」と呼ばれます。仰向けに寝て膝を曲げ、胸の方へ近づけて、足裏を手で掴むポーズで、股関節をほぐし、リラックス効果が期待できます。できない場合は股関節ほぐしなどから取り入れてみましょう。寝たままできるため、寝る前にもおすすめです。
仰向け

橋のポーズ(セツバンダーサナ)で骨盤底筋を鍛える!できない場合のやり方も紹介!

橋のポーズ(セツバンダーサナ)とは、サンスクリット語で「セツバンダーサナ」、英語で「Bridge Pose」と呼ばれます。仰向けに寝て膝を立て、お尻を持ち上げるポーズで、臀筋やハムストリングス、骨盤底筋を強化し、胸を開く効果が期待できます。できない場合は股関節ほぐしなどから取り入れてみましょう。
仰向け

寝たままできる!スプタバッダコーナーサナの効果や練習方法をご紹介!

仰向け合せきのポーズ(スプタバッダコーナーサナ)とは、サンスクリット語で「スプタバッダコーナーサナ」と呼ばれます。仰向けで足裏を合わせて両膝を開くポーズで、股関節の柔軟性アップや、鼠蹊部のストレッチ、リラックス効果などが期待できます。股関節や膝が痛い場合はブロックなどを使った軽減法で練習しましょう。
仰向け

ガス抜きのポーズの効果とは?股関節や首が痛い場合のやり方のコツも紹介!

ガス抜きのポーズはサンスクリット語で「パヴァナ ムクターサナ」と呼ばれ、腸の活性化の他、腰痛改善にも効果が期待できるポーズです。腹部が圧迫されるため、お腹に違和感を感じる場合は、片脚ずづなどの軽減法で練習してみましょう。首や股関節が痛い場合は、腹筋に力を入れ、股関節の前側をストレッチするのが準備ポーズでおすすめです。
立位

肩甲骨の使い方がコツ!半分の前屈ポーズの効果とやり方を紹介

ヨガの半分の前屈のポーズ(アルダウッターナーサナ)のやり方と効果を画像で紹介しています。 肩甲骨を下げて腰と首を伸ばすことで、胸を開いて姿勢改善効果も期待できます。身体が硬く床に手が届かない場合の練習のコツも参考にしてください。
座位

ジャーヌシールシャーサナの効果とコツ!足が痛くて出来ない場合の軽減法も紹介

ジャーヌシールシャーサナ(頭を膝につけるポーズ)とは、「片足前屈のポーズ」とも言われ、片足を立てて横に開き、伸ばした足の方へ前屈を深めるポーズです。腿裏や腰のストレッチ効果が期待できます。できない場合は、ベルトやタオルを足にかけて補助として練習するのが上達のコツです。