立位

立った状態で行うヨガポーズのやり方と効果の一覧です。

立位

消化促進に効果的!体側を伸ばすポーズ(パールシュヴァコナーサナ)の効果とやり方

体側を伸ばすポーズ(パールシュヴァコナーサナ)の効果とやり方を紹介しています。体側を伸ばすポーズ(パールシュヴァコナーサナ)は、消化促進や腎臓機能の活性化、太ももの強化などの効果が期待できます。太ももを使うことで体温が上昇し、冷え性改善や代謝促進効果もあると考えられます。コツは曲げた足の膝の位置です。伸ばした手足を反対側に引っ張るようにして脇腹を伸ばしましょう。
2022.05.19
立位

骨盤の向きがポイント!ヨガの戦士のポーズ1の効果とやり方を解説

戦士のポーズ1のやり方と効果の紹介です。骨盤の向きは正面にし、かかとを浮かせずにポーズをとることが練習のコツです。ハイランジのポーズとの違いは、後ろ足の使い方です。戦士のポーズ1は、英語でWarrior1、サンスクリット語でヴィーラバドラーサナと呼ばれ、別名で英雄のポーズとも呼ばれるヨガの基本のポーズです。
座位

ブッダのポーズ&花輪のポーズ(マーラーサナ)で骨盤底筋を鍛えよう!効果や痛い場合のやり方を紹介!

ブッダのポーズは両脚を肩幅以上に開き、つま先を外側に向け、胸の前で両手を合わせてからお尻を落としていくポーズです。さらに腰を落としてしゃがみ、膝の内側に両ひじを当てて押し合うポーズを花輪のポーズ(マーラーサナ)と呼びます。どちらも骨盤底筋を鍛え、股関節の柔軟性をアップする効果が期待できます。やり方のコツは、骨盤を立てて行うことです。
立位

パールシュヴォッタナーサナ(体側を強く伸ばすポーズ )は骨盤の向きがやり方のコツ!脇腹を伸ばすポイントを紹介!

パールシュヴォッタナーサナ(体側を強く伸ばすポーズ )のやり方と効果の紹介です。骨盤の向きは正面にし、かかとを浮かせずにポーズをとることが練習のコツです。パールシュヴォッタナーサナは、体側を強く伸ばして内臓機能を活性化する効果も期待できるポーズです。足の柔軟性が必要なため、難しい場合はブロックを使って軽減しましょう。
立位

太陽礼拝Bのポーズの順番とやり方!アシュタンガヨガでも行う全身に効果的な流れを覚えよう!

太陽礼拝bのポーズ(アーサナ)の順番とやり方を写真で解説しています。太陽礼拝のバリエーションの一つで、全身を使うためダイエットだけでない効果も多くあります。アシュタンガヨガでも必ず取り入れられる太陽礼拝のシークエンスを練習してみましょう。
立位

呼吸がポイント!太陽礼拝Aのやり方と効果をやさしく解説

太陽礼拝Aのやり方と効果の紹介です。ヨガの基本の12のポーズを行う太陽礼拝Aの効果は、全身を使うためダイエットだけでない効果も多くあります。ポーズの順番と呼吸のタイミングを丁寧に確認しながら練習することがやり方のコツです。
立位

三角のポーズは解剖学的な効果が豊富!できない場合の注意点ややり方のコツを徹底解説!

三角のポーズ(トリコナーサナ)のやり方と効果の紹介です。骨盤と胸を開いて上半身が下に向かないようにするのがコツと注意点です。体側を強く伸ばして内臓機能を活性化する効果も期待できるポーズです。脇腹を伸ばすことが目的のため、手が床につかない場合はブロックを使って軽減しましょう。
立位

踊り神/踊り子のポーズ(ナタラージャーサナ)の練習やり方とバランスを保つコツを紹介!

踊り神(踊り子のポーズ)は、サンスクリット語で「ナタラージャーサナ」、別名ダンスのポーズとも言われるほど、バランス感覚も必要な難しいポーズです。下半身や背筋の強化の他、肩と胸を開いて姿勢改善効果も期待できるポーズです。骨盤がねじれないように床に平行にし、肩を外旋させるのがポーズを深めるコツです。
2022.03.17
ツイスト

詳しいポイントを抑える!捻った椅子のポーズ(ツイストチェアポーズ)の効果とやり方を紹介!

ねじった椅子のポーズ(ツイストチェアポーズ)は、「パリブリッタ ウトゥカターサナ」と呼ばれ、椅子のポーズから上半身を捻ったバリエーションであり、より下半身の強化や、内臓機能の活性化効果があるポーズです。腰を反らずに尾骨を下に向け、膝の位置を動かさずにツイストするのがやり方のコツです。
2022.03.17
立位

スタンディングスプリット(天地開脚)のやり方と足が上がらない場合の練習のコツとは?

スタンディングスプリット(天地開脚)のやり方と練習のコツを紹介しています。スタンディングスプリット(天地開脚)は、むくみ改善や足、股関節の柔軟性アップなどの効果が期待できるヨガポーズです。足が上がらない場合は、壁を使って練習をしたり、準備ポーズでほぐして置くことが上達のコツです。
2022.03.17
タイトルとURLをコピーしました