立位

立った状態で行うヨガポーズのやり方と効果の一覧です。

立位

バランスと柔軟性がコツ!足の親指を掴んで立つポーズ(ウッティタハスタパーダングシュターサナ)のやり方

足の親指を掴んで立つポーズ(ウッティタハスタパーダングシュターサナ)の効果とやり方を紹介しています。足の親指を掴んで立つポーズは、一本足のポーズと呼ばれることもあり、バランス感覚と足の柔軟性が必要なポーズです。体幹の強化や股関節柔軟性アップ効果が期待できます。できない場合は、足裏にタオルやベルトをかけて使うやり方がおすすめです。
ツイスト

詳しいポイントを抑える!捻った椅子のポーズ(ツイストチェアポーズ)の効果とやり方を紹介!

ねじった椅子のポーズ(ツイストチェアポーズ)は、「パリブリッタ ウトゥカターサナ」と呼ばれ、椅子のポーズから上半身を捻ったバリエーションであり、より下半身の強化や、内臓機能の活性化効果があるポーズです。腰を反らずに尾骨を下に向け、膝の位置を動かさずにツイストするのがやり方のコツです。
立位

スタンディングスプリット(天地開脚)のやり方と足が上がらない場合の練習のコツとは?

スタンディングスプリット(天地開脚)のやり方と練習のコツを紹介しています。スタンディングスプリット(天地開脚)は、むくみ改善や足、股関節の柔軟性アップなどの効果が期待できるヨガポーズです。足が上がらない場合は、壁を使って練習をしたり、準備ポーズでほぐして置くことが上達のコツです。
立位

踊り神/踊り子のポーズ(ナタラージャーサナ)の練習やり方とバランスを保つコツを紹介!

踊り神(踊り子のポーズ)は、サンスクリット語で「ナタラージャーサナ」、別名ダンスのポーズとも言われるほど、バランス感覚も必要な難しいポーズです。下半身や背筋の強化の他、肩と胸を開いて姿勢改善効果も期待できるポーズです。骨盤がねじれないように床に平行にし、肩を外旋させるのがポーズを深めるコツです。
ツイスト

骨盤と内腿の使い方がコツ!ねじった三角のポーズの効果とやり方を解説!

ねじった三角のポーズのやり方と効果の紹介です。骨盤を正面に平行にして内腿を締めることが、安定とツイストのコツと注意点です。内臓機能の活性化、リフレッシュ効果も期待できるポーズです。できない場合は、足の幅の調節などの軽減をして練習をしましょう。
立位

木のポーズ(ツリーポーズ)の効果とやり方!ふらつく方は足の位置がポイント

木のポーズ(ツリーポーズ)の効果とやり方を画像で初心者にもわかりやすく紹介しています。体幹を鍛える効果が期待できるポーズです。ふらついてできない場合はコアを意識しましょう。骨盤は正面に向けて床に垂直に保つことがポーズを深めるコツです。足の位置はバランスが取れる場所で構いません。
立位

手足の組み方がコツ!鷲(ワシ)のポーズの効果とやり方を解説

鷲のポーズの効果とやり方を画像で紹介しています。手の組み方が肩甲骨を開かせ、足の組み方がバランスを強化するためポイントです。手の絡ませ方がわからない、手足が組めない場合は、できるところまでを練習しましょう。
立位

立位の前屈のポーズの効果とコツ!腿ウラが硬くてもできる練習方法を紹介

立位の前屈のポーズのやり方と効果を画像で紹介しています。柔軟性を高め、リフレッシュ効果が期待できる基本のポーズです。苦手意識のある方も多いですが、骨盤や膝の使い方のコツを理解することで、練習を深めることができます。
立位

肩甲骨の使い方がコツ!半分の前屈ポーズの効果とやり方を紹介

ヨガの半分の前屈のポーズ(アルダウッターナーサナ)のやり方と効果を画像で紹介しています。 肩甲骨を下げて腰と首を伸ばすことで、胸を開いて姿勢改善効果も期待できます。身体が硬く床に手が届かない場合の練習のコツも参考にしてください。
立位

骨盤の向きと足の位置がポイント!戦士のポーズ2のやり方と効果を解説

戦士のポーズ2のやり方と効果の紹介です。下半身の強化の効果があり、膝の位置と骨盤の向きが練習のコツです。戦士のポーズ2は、英語でWarrior2、サンスクリット語でヴィーラバドラーサナと呼ばれ、別名で英雄のポーズとも呼ばれるヨガの基本のポーズです。
タイトルとURLをコピーしました