アロマオイル

アロマオイルの種類別の効果効能、使い方、香りや禁忌や副作用などを紹介しています。

スパイス系

虫除けにも使える!クローブのアロマの効果やおすすめの使い方を紹介!

クローブのアロマの効果と使い方などを紹介しています。クローブの精油は、スパイシーでシャープな香りで、防虫、消化促進、抗菌などの効果が期待できます。刺激が強いため、敏感肌の方は特に使い方に注意が必要です。肌には直接使わず、芳香浴がおすすめです。香りも強いため少量ずつ利用しましょう。
フローラル系

睡眠前におすすめ!ジャスミンのアロマの効果効能と使い方を紹介!

ジャスミンのアロマ(エッセンシャルオイル)は、甘美で濃厚なフローラルな香りです。リラックスや安眠効果が期待でき、睡眠前に寝室での利用などがおすすめです。ローズとのブレンドでよりゴージャスな香りになります。希少なオイルで値段も高いため、少量から購入して使ってみましょう。
フローラル系

ネロリのアロマはどんな香り?精油の効果やおすすめの使い方を紹介!

ネロリのアロマ(エッセンシャルオイル)は、フローラルさにシトラスの爽やかさがある香りです。リラックス効果が高く、緊張による胃腸の不調の緩和や安眠効果も期待できる精油です。様々なオイルと相性の良く、目的によって楽しめます。希少なオイルで値段も高いため、使い方は他のアロマとブレンドするのもおすすめです。
ハーブ系

カモミールアロマとの組み合わせは何が合う?おすすめのアロマブランドも紹介!

カモミールのアロマの組み合わせは、フローラル系のラベンダーや柑橘系などとブレンドするのが相性が良いです。リラックス効果が高いため、寝る前やお風呂で芳香浴などの使い方がおすすめです。ジャーマンやローマンなどの種類があり、いずれも希少なオイルで香りも強いため、少量から試しましょう。
ハーブ系

ハーブティーでも人気!レモンバーム(メリッサ)アロマの効果・効能とおすすめの使い方を紹介!

レモンバーム(メリッサ)アロマは、抗鬱作用や抗菌、抗炎症効果が期待されるエッセンシャルオイルです。爽やかな柑橘の香りが香水やコスメにも人気です。育てるのは簡単ですが、精油の量は稀少なため、価格は高いのが特徴です。妊娠中や敏感肌の方は刺激が強いため気をつけて使いましょう。苗を育てて作るハーブティーは、香りを楽しめるため、まずはどんな香りか試したい方にもおすすめです。
フローラル系

ゼラニウムの相性の良いブレンドとは?効果と香りが女性に人気!おすすめの使い方を紹介!

ゼラニウムのアロマは甘い香りで、女性のホルモンバランスを整える効果が期待できるため、女性におすすめです。他の様々なアロマと相性がいいため、ブレンドも楽しむことができます。使い方は甘い香りを楽しめるルームフレグランスなどがおすすめです。
アロマオイル

グレープフルーツのアロマのおすすめの使い方とは?効果別の相性の良いブレンドも紹介!

グレープフルーツのアロマは、爽やかな柑橘の香りでリフレッシュ作用、脂肪燃焼の促進、消化不良やむくみの改善効果から、ダイエットにも効果的だと言われます。アロマバスや芳香浴に使うのがおすすめです。ブレンドはベースとなる香りに合わせると印象が変わり、フローラル系や樹木系のさっぱりした香りとも相性が良いです。
ハーブ系

虫除けにも!レモングラスのアロマ(精油)の効果とスプレーの作り方を紹介!

レモングラスのアロマ(精油)は、虫除けや水虫の防臭効果、血行促進や食欲増進などの効果が期待できます。刺激が強いため、敏感肌の方は副作用には気をつけて利用しましょう。虫除けスプレーの作り方はオイルと水があれば簡単にでき、食用だけでなくオイルは天然オーガニックの虫除けとしても人気です。
アロマオイル

ジンジャーのアロマオイルの効果とは?マッサージにもおすすめの精油の香りと使い方

ジンジャーのアロマオイルは、発汗作用や血行促進作用が期待され、食用同様に冷え性の方におすすめです。さらに抗炎症作用や消化器系への効果が高く、食欲増進などでも知られています。アーユルヴェーダや医療にも使われるハーブとして、古くから使われるアロマです。敏感肌の人や赤ちゃんは刺激が強いため禁忌と言われています。
ハーブ系

ローズマリーのアロマの効果効能と相性の良いブレンドは?おすすめの使い方も紹介!

ローズマリーのアロマ(エッセンシャルオイル)は、爽やかな香りが特徴で、血行促進や抗鬱効果が期待できる精油です。相性の良いおすすめのブレンドは目的によって多くあり、使い方は匂いが強いため少しずつ使うのがおすすめです。芳香浴など強さを調節しやすいものが良いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました