ヨガでセクハラ?アジャストや触られるのが嫌な場合に身を守るために

ヨガでセクハラ?アジャストや触られるのが嫌な場合に身を守るために

「ヨガのレッスンで身体を触られるのが嫌だ」

「これはセクハラ?」

と感じたら、どのように身を守ればいいのでしょうか。

 

アメリカでも2018年に「#Mee too」運動として「ヨガセクハラ」が話題になりました。

自分の身体を守るために、何が大切なのでしょうか。

 

ヨガでセクハラ?アメリカの「#Me Too」運動とは

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rachel Brathenさん(@yoga_girl)がシェアした投稿

アメリカ人ヨガインストラクターのRachel Brathen (レイチェル・ブラゼン@Yoga_Girl) が、2017年に自身が経験したヨガでのセクハラ経験をシェアしました。

これらは2018年には300以上ものストーリーとなり、たくさんの世界中のヨギー達が自分の経験を語りました。

 

これまでヨガのクラスは、「心身をリラックスして健康を目指す場所」と認識されていたにも関わらず、世界中でとても多くの人が「ヨガをする中でセクハラされた経験がある」という事実に世界中が驚きました。

 

このアメリカのヨガインストラクター一人のポストが、世界でのヨガセクハラに対する抗議運動に発展したのです。

 

有名流派の創始者も

ヨガのセクハラとして訴えられるなどの事件では、「ビクラムヨガ」のBikram Choudhury(ビクラムチョドリー)氏が日本でもニュースに取り上げられていました。

実はそのほかにも多くのヨガの伝統流派として知られている有名な創始者たちが、セクハラ疑惑で訴えられていました。

アシュタンガヨガの創始者として知られるShri K. Pattabhi Jois(パタビジョイス)氏も2010年からアシュタンガヨガの聖地として知られる彼のインドのマイソールや、アメリカを廻って教えている際にもセクハラを受けたという人が何人も声を上げています。

そのほかにもアニュサラヨガの祖であるJohn Friend(ジョンフレンド)なども2012年に訴えられています。

※参考:NEW YOKER記事より(原文英文)

 

セクハラが長い間注目されてこなかった理由とは

「#Me too」運動をきっかけに、これまで長い間、注目されていなかったセクハラについて、以前セクハラを受けていた生徒なども公表をしました。

それまで「セクハラ」が公表されてこなかった理由は、たくさんあると言われています。

 

<理由の例>

・アジャストや指導のために必要なボディタッチとそうでない場合の見極めが難しい

・もしもインストラクターにその気がなかったら申し訳ない

・自分の発言でインストラクターやクラスメイトに嫌な思いをさせてしまうのではないかという遠慮

・尊敬する先生だからある程度のボディタッチは気にならない(無視しようとする)

 

時代や宗教的な感覚の違いと言えるのか?

「#Me too」運動に対する意見は様々あります。

宗教的や習慣など個人の間隔の違いにより、「セクハラ」だと感じるレベルは違うという意見もあるのです。

また、昔は日本でも学校で体罰が今よりも厳しくなかったように、他人に対する接触は昔と今では認識の違いがあるという意見もあります。

 

確かに人それぞれ「居心地が悪い」と感じるボーダーラインは違います。

同じ事をされても「嫌だ」と感じる人と、何も思わない人もいるかもしれません。

 

しかし私は、「ヨガ」というクラスの中で、先生を尊敬する生徒に対して、「気持ち悪い」と感じることがあっては決していけないと思います

一人一人感覚や考え方は違うからこそ、それぞれを尊重して誰もが気持ちよく安全にヨガができる事が理想だと思うのです。

 

レッスンで身体を触られるのが嫌な時の対処法

NOを意思表示する男性

ヨガのレッスンで、ポーズを直される(アジャストされる)のが嫌だという方は、結構多いのではないでしょうか。

女性だけでなくもちろん男性も、異性に触られるのは違和感があるかもしれません。

 

無理に腰をひねられたり、無理やり背中を押されたりすると、ケガや痛みの原因にもなりかねません

日頃からストレッチなどを行っていて慣れている方はよいかもしれませんが、そうでない方や以前ケガをしたり不安な箇所がある場合は、触られるのは怖いです。

私自身、腰に不安があり、ヨガのクラスでは特にツイストのポーズなどは触られると「ボキ」っと行きそうな気がして怖いです。

 

レッスンで身体を触られるのが嫌な場合は、意思表示をしましょう。

「触られるのが嫌な人は教えてください」とインストラクターがレッスン前に言うこともありますが、この時に手は上げにくいかもしれません。

インストラクターさんに悪いような気がするからです。

一人一人アジャストに近くに来た場合に、「今日は大丈夫です」と言うか、触られる前にチャイルドポーズでお休みするのもいいでしょう。

 

インストラクターさんはこれで気分を害すことはありません。

お互いが気持ちよくヨガができるように、嫌な場合は恥ずかしがらずに事前に「触られることは苦手」という意思表示をして身を守ることも大切だと感じます。

 

しかし、レベルが上がるにつれて、やはりアジャストやサポートは必要になってきます。
逆立ちのサポートを数人の生徒でお互いに助け合ったりなども多いでしょう。

自分の目指すヨガを考えながら、「どこまでが可能か、どのような内容なら気分を害することなく練習できるか」、アジャストについても考えてみることが大切だとおもいます。

 

個人的な経験からアメリカと日本の違い

個人的な経験ではありますが、日本よりもアメリカのインストラクターは、アジャストは口頭中心です。

実際に身体に触れることは、それほど多くありません。

流派にもよるかもしれませんが、多くの先生が「アジャストで身体を触れられたくない方はいますか?」と冒頭で聞くことも多いです。

色々な宗教の人がいるお国柄だからかもしれません。

これはセクハラ?と感じたら

ヨガのレッスンの中で、違和感や嫌な気分になったら、そのままにせずに相談をしましょう。

もちろん、直接インストラクターに言うことは難しいでしょう。

その場合はフロントの方や他のスタッフなどに相談をしてみるのもいいでしょう。

 

ヨガを楽しく安全に行う環境を作ろう!

エクササイズ用の姿で笑顔の女性3人

インストラクターは、悪気なかったとしても、生徒の方が嫌だと感じたことは、今後同じことが起きないためにも、知っておくべきだと思うからです。

身体の痛さや気持ちはインストラクターには見えません

それぞれの心身は違いがあることを、誰もが理解して気持ちよくヨガができる環境を、みんなで作れたらいいなとおもいます。

 

参考:英語版ヨガジャーナル

Rachel Brathen (レイチェル・ブラゼン)さん公式サイト