【暴露】ヨガインストラクターは辛い・きつい?辞める人・求人の多さや収入などリアルな悩み

【暴露】ヨガインストラクターは辛い・きつい?辞める人・求人の多さや収入などリアルな悩み

ヨガインストラクターは、とても華やかな仕事に見え、求人も多くヨガの資格を取得する人も増えています。

一方で、ヨガの人気と共にインストラクターの仕事も増え、体力的に「きつい、辛い」という悩みから、数年で辞めていく方も多く、転職率が高い職業なのも現状です。

 

ヨガインストラクターをしていて辞めたい・転職をしたいと思っている方、
これからヨガインストラクターを目指したいと思っている方に知ってほしい

 

・インストラクターの体力的きつさや悩み
・給料や年収

 

などのインストラクターのリアルな現実を
実際にインストラクター経験のある筆者がお伝えします。

 

ヨガインストラクターの仕事はきつい?

辛い理由3選
①正社員求人が少ない
②収入の低さ
③体力的きつさ

 

辛い原因①:正社員求人が少ない

ヨガインストラクターの求人は常に多くあります。

しかし、アルバイトやフリーランスとしての業務委託の求人が多く、正社員の募集は少ないのが現状です。

大手のヨガスタジオでは正社員で採用をしていますが、その場合は全国各地への転勤があることも多く、また入会者を増やすべく、辛いノルマもあります。

 

「ヨガのすばらしさを伝えたい」という夢を持って入社をしても、ノルマを気にしてしまう毎日に悩み、フリーランスで独立する方や転職する方が多いのです。

 

辛い原因②:収入(年収)が低い

インストラクターの年収は安いです。

ヨガスタジオでヨガインストラクターやフロント業務をして正社員の方でも、平均月収17万~23万程度です。

そこから保険などが引かれて手取りはもう少し安くなります。

賞与はある場合とない場合がありますが、ある会社でも年に1回の場合が多いです。

 

フリーランスで独立した場合は、人気の講師でない限りは通常1レッスン60分の報酬は3000円~5000円。

一日に3本のレッスンを担当したとして、週休2日にすると月収は18万円です。

ここから年金や国民健康保険などを自分で支払うため、自由に使える金額は少なくなります。

 

ヨガインストラクターの年収は、平均は300~400万であり、一人暮らしだと生活は大変です。

ヨガインストラクターの方は実家生活の方、結婚していて家計の副収入としている方などが多く、一人暮らしでヨガインストラクターだけで生計を立てている方は20代~30代半ばまでの方が多いです。

 

辛い原因③:体力的きつさ

ヨガインストラクターは、フリーで生計を立てる場合、業務委託で1日に最低3本のレッスンは担当しなければ、生計は立てられません。

正社員のインストラクターも一日2レッスン程度は担当するのが通常です。

そのため、ホットヨガスタジオなどでは2~3時間、室温40℃の部屋にいることになります。

常温ヨガならまだ体力的にもホットヨガ程大変ではありませんが、フリーで一日5.6本のレッスンを担当する方もいるほど、たくさんの数をこなしてお金を稼いでおり、体力勝負の仕事です。

30代後半になると、レッスンの数を減らさなければ、毎回ベストなレッスンを生徒に提供できません。

経験を積んで、新米インストラクターの育成などの係に社員であれば異動も可能性はありますが、フリーランスはそのポジションもなく、体力的につらいと感じることも多くなるでしょう。

 

 

ある程度の収入安定を目指すなら正社員か副業

前述のように、ヨガインストラクターは報酬が低く、体力的にも年齢を重ねるときついのが現状です。

収入をある程度安定させたいのであれば、インストラクターの資格を取得して正社員求人、又は安定した本職+の副業でインストラクターがいいでしょう。

つらい辞めたいけれど、生活のためにやめられないと、頑張りすぎてしまうと、心身ともに体力を削がれ、体調を悪くしてしまいます。

 

ヨガは健康を促進する予防医学や精神の修業としてインドでも広まったものです。

好きな趣味を仕事にすることで、体調を壊してしまわないように、自分の生活のし方、働き方などをしっかり考えましょう。

 

 

 

 

 

趣味を仕事にする辛さと楽しさを考えましょう

ヨガインストラクターの仕事は、華やかそうに見えます。

しかし、正社員求人は多くないこと、
社員になっても大手なら転勤の可能性があること
収入が多くはなく、体力的につらいと感じることがあることを理解しておきましょう。

それでも、インストラクターの仕事が魅力的に見えるのは、現役のインストラクターは、好きな仕事をしているため、心から楽しみ、そして幸せを感じているからでしょう。

収入にこだわりすぎず、ヨガが本当に好きな方は「ヨガのすばらしさを多くの方に伝えられる」インストラクターの仕事は、とてもおすすめです。

 

将来のあなたの働き方や生活のし方、目指す姿を考えて検討しましょう。