ヨガ哲学

ヨガの哲学についての知識や解説を紹介しています。

ヨガ哲学

瞑想で眠くなる・うとうとしてしまう理由は?脳への効果から寝落ちしない4つの方法

瞑想のクラスで寝てしまう、うとうとしてしまう原因と、対処方法を紹介しています。瞑想で寝てしまうのは悪いことではなく、効果が薄れるわけでもありません。好転反応だと言われることもあります。しかし、超越瞑想を実感したいという方への瞑想のヒントも紹介していますので、ぜひ実践してみてください。
ヨガ哲学

ヨガのヴァユ(ヴァユス)とは?プラーナエネルギーとの関係を分かりやすく解説!

ヴァユ(ヴァーユ)はサンスクリット語でVayuといい、風の意味です。ヨガのエネルギーを意味する「プラーナ」をさらに5つに細かく分けたものです。それぞれの役割や意味、位置する場所などがあり、アーユルヴェーダやヨガの哲学では、この5つのヴァーユをバランスよく整えることで健康的な心身に近づけると考えられています。
ヨガ哲学

太陽礼拝108回の意味と感想まとめ。かかる時間や消費カロリーはどれくらい?

太陽礼拝108回の意味や、効果、かかる時間やカロリーを解説しています。108回には「生まれながらに持つ108の煩悩を消す」などの意味があるとされ、仏教とも関係があります。消費カロリーは、軽減法や環境にもよるため、一概には言えませんが、一連のポーズの流れを継続して行うことで良い運動になるでしょう。
ヨガ哲学

【実践方法】ヨガの八支則とは?ヨガ哲学の10の教えと覚え方

ヨガの八支則とは、聖者パタンジャリが「ヨガスートラ」にまとめた、瞑想に近くための8つのステップです。 「ヨガ哲学」として、生活でヨガを実践するために、ヤマ・ニヤマ・アーサナ・プラナヤーマ・プラティヤハーラ・ダーラナ・ディアナ・サマーディの8つの段階で書かれています。実践方法や、アシュタンガヨガ との関係を紹介しています。
ヨガ哲学

股関節にアプローチ!陰ヨガのポーズと効果とは?経絡を刺激するポーズ名とやり方を紹介!

陰ヨガとは、陽ヨガと比べてリラックス効果が高く、股関節や経絡を刺激して下半身の血行促進や内臓機能活性化、リラックス効果の高いヨガのスタイルです。バタフライポーズやニードルポーズなどの股関節を開くやり方のポーズが代表的です。ポーズを長く続ける特徴があり、朝も夜にも行え、シニアや妊娠中の方でも取り組めるため、初心者にもおすすめです。
ヨガ哲学

ヨガのマントラとは?~オーム、シャンティ、チャンティングの違いと意味、日本語訳~

「マントラ」、「オーム」、「シャンティ」、「チャンティング」の違いと意味、日本語訳など、ヨガでよく耳にする言葉を、ヨガ初心者にも分かりやすく説明します。 ヨガのレッスンでインストラクターが唱える言葉の意味を知るだけで、少しヨガに対する練習のモチベーションも変わってきますね。 ヨガ哲学について知識を深めて、ヨガへの練習をより深いものにしましょう!
ヨガ哲学

【分かりやすい】アシュタンガヨガとは?ハタヨガとの違いや体の変化を紹介!

アシュタンガヨガとは、決まったポーズを繰り返し、生活でのルール(八肢則)などもあるヨガの流派です。マントラを唱えるなど、ハタヨガとの違いも分かりやすく解説しています。体の変化が分かりやすく、瞑想効果もあるとして男性にも人気です。 初心者でも練習しやすい動画も紹介しているため、ぜひ参考にしてみましょう。
ヨガ哲学

ヨガのコーシャとは?5つの鞘で作られる層をアーユルヴェーダの身体観から解説!

ヨガの「コーシャ」とは、私たちの真我を包む5つの層(鞘)のことです。「パンチャコーシャ」と呼ばれ、人間五層説を元にした人間観で、ヨガやアーユルヴェーダに影響を与えています。外側からアンナマヤ、プラーナマヤ、マノマヤ、ヴィジュナーナマヤ、アーナンダマヤと言われ、それぞれの役割を司っており、バランスが心身の健康に大切です。
ヨガ哲学

【ムドラーとは?】種類の一覧と意味の違い~ヨガの手の形(印)~

ヨガのムドラーには種類がたくさんあり、意味も違います。手の指の持つ意味やムドラーの効果などを一覧にしています。瞑想を深め、チャクラを開く効果もあると言われているやり方を知りましょう。
ヨガ哲学

ナディーとは?ヨガのプラーナの通り道。意味と種類を知って呼吸や哲学を深めよう

ナディーとは、ヨガのエネルギー(プラーナ)の通り道と考えられています。ナディーにはピンガラとイダー、スシュムナーという3つの代用的なものがあり、イダーとピンガラーのバランスが取れたときに、スシュムナーにエネルギーが通り、チャクラを刺激する効果があると言われています。