【海外ヨガ留学】~ハワイ・インド・バリ他~インストラクター資格RYT200の費用をおすすめの国別に比較

【海外ヨガ留学】~ハワイ・インド・バリ他~インストラクター資格RYT200の費用をおすすめの国別に比較

全米ヨガアライアンス認定RYT200のライセンス取得のために、海外留学をする方が増えています。

海外で資格取得するのは、短期で資格が取得でき、本格的なヨガを経験できるためおすすめです。

 

ヨガ留学をする際に、おすすめの国を、費用や環境を比較し、おすすめポイントをまとめました。

 

現在日本語で受けられる海外でのRYTインストラクター養成コース(ティーチャートレーニング)で主流のインド・ハワイ・バリを比較しています。

 

費用 ポイント
ハワイ 45~60万 ★ ・観光感覚でヨガを楽しめる
・美しいビーチヨガ
インド 25~30万 ★★★ ・聖地で本格ヨガ
・世界各地からの生徒が参加
・自然豊か
バリ 35-45万  ★★ ・海外からの移住者インストラクターが多い

 

それぞれの国の詳しいポイントは、下に書いていますので参考にしてください。

 

せっかくヨガインストラクターの資格を取るなら、費用の安さや、習う内容のポーズだけでなく、多くの現地の体験ができる場所を選ぶことをおすすめします。

 

 

ヨガインストラクターRYT資格取得後も、ヨガスタジオで働くことになった時にも役に立ちます。

留学先とスクール選びは慎重に行いましょう。

 

 

 

ハワイでヨガ留学の場合

日本のヨガスクールが、ハワイでインストラクター養成コースを開催することがほとんどです。

そのため、メイン講師や同期も日本人が多い環境で、ヨガの勉強ができます。

治安もよく、生活環境もいいため、旅行感覚で、リゾート地でヨガを練習したい人におすすめです

 

コース費用 45-60万(食事、宿泊施設代込み)
渡航費 5~7万
参加国籍割合 日本100%
講師 日本人
環境、治安 ビーチ
観光的な環境
食事 菜食主義を選ぶことも可能
ハワイ留学のメリット ・参加者も講師も日本人のため、日本のヨガ仲間が増える

・日本と変わらないような環境でヨガに取り組める

・美しいビーチと買い物など、旅行感覚で楽しめる

・サップヨガなどのマリンアクティビティも可能

 

日本のスクールが運営している資格取得コースのため、教科書も日本語です。

英語には自信がないけれど、せっかくだから海外でヨガ留学をしたいという方におすすめです。

 

 

 

ハワイ留学ができる日本の2大インストラクター養成スクール

① YMCメディカルトレーナーズスクール

多くの有名インストラクターを輩出している日本国内最大級のヨガスクール。

 

ハワイの合宿形式でRYT資格を取得するコースでは、一番の人気のスクールです。

 

費用も安く、ヨガを楽しみながら無理なく海外で資格を取れます。

分割払いで支払いができたり、ハワイ合宿はもちろん、国内では週末だけの通学で資格取得可能なコースなどもあります。

 

国内とハワイと両方で2週間ずつの計1か月で資格を取得するコースなどもあります。

国内ではインストラクター養成のスクールの他、通常のレッスンも行っています。

卒業生も多く教えていますので、一度体験レッスンに行ってみると雰囲気がわかるのでおすすめです

 

体験レッスンは1回1000円で、全国各地で受けられます

 

体験予約は公式ホームページから↓

 

 

 

② FIRST SHIP(ファーストシップ)

国内でも、ハワイでもRYT養成コースを実施しています。

ハワイ合宿では、宿泊施設や食事も提供されます。

 

 

詳しい情報は公式サイトから。↓

 FIRST SHIP(ファーストシップ)

 

 

ハワイでRYT資格が取得できるヨガスクールのおすすめと、費用や内容の比較はこちらの記事も参考にしてください。

 

日本語でハワイにヨガ留学!短期のRYT資格合宿の費用や内容、初心者のサポートは?

 

ハワイでヨガ留学するならおしゃれなヨガウェアなども安く購入できるなど、楽しみも多くあります。

 

ハワイで買いたいヨガウェア

✔ 【ハワイで人気】おしゃれで安いハワイでおすすめのヨガウェアショップ

✔ アメリカで人気のおすすめヨガウェアブランド

 

 

 

インドでヨガ留学の場合

 

ヨガの聖地、ヨガの発祥の地であるインドは、ヨガを本格的に学びたい人におすすめです。

 

世界中から多くのヨギ-が修業に訪れます。
RYT200、RYT500の資格が取れるアシュラムや学校も多く、選択肢も多いです。

 

特にヨガの発祥と言われる北インドのリシケシュ

アーユルヴェーダの発祥と言われる南インドのケララ

の2つの町は人気でおすすめです。
多くのスクールでヨガ短期留学コースを行っています。

 

コース費用 25-30万(食事、宿泊施設代込み)
渡航費 5~10万
参加国籍割合 欧米 80%
中東 15%
日本 5%
講師 経験豊富なインド人
環境、治安 ・アシュラム周辺は自然豊か
南インドのケララは、ビーチに面したリゾート地
食事 インドの予防医学、アーユルヴェーダに沿った菜食主義。
単なるベジタリアンではなく、インドに古来から伝わるアーユルヴェーダ療法を体験できます。
インド留学のメリット 費用が他の国に比べて格安

・ヨガの聖地で、本場の環境を体験

・講師はインドの経験の豊富な先生

アーユルヴェーダ療法の食事により、身体の内側からもきれいになる

・マーケットに出れば安くヨガグッズを手に入れられる

 

英語だけでなく、日本語開催又は日本語通訳付き養成コースもありますので、英語に自信がなくても安心です。

 

 

 

食事や治安面などは詳しく別途書いていますので、参考にしてみてください。

 

 

 

インドネシアのバリでヨガ留学

インドネシアのバリ島は、美しい海に加え、物価と航空券が安いため、観光としても人気です。

一方で東南アジアの雰囲気と文化を体験することもできます。

 

インドとハワイの中間のような位置づけと言えるでしょう。

 

コース費用 35-45万(食事、宿泊施設代込み)
渡航費 2-5万
参加国籍割合 欧米 80%
豪州 15%
日本 5%
講師 日本人又はインドネシア人
環境、治安 都心以外は穏やか、東南アジアのエスニックさとビーチの観光的な中間の環境
食事 ・菜食主義がほとんど
・東南アジアらしいスパイスも使われた料理
バリ留学のメリット  

航空券を格安に抑えることができる

・観光化されすぎず、エスニックの雰囲気も味わいながらヨガの修行に打ち込める

・レストランや買い物など観光客向けに整っている

欧米の有名インストラクター移住者が多い

 

バリ島には、美しい環境を求めて、欧米からも有名なヨガインストラクターがバリ島にたくさん移り住んでいます。

そのため、世界的にも著名なインストラクターのレッスンをバリ島価格で安く受けられるのも大きな魅力です。

 

 

しかし、RYT資格は、日本の企業が運営しているスクールで取得する場合の金額は、安いものから高いものまで、プランやカリキュラムによって様々です。

 

 

 

また、バリ島に行くなら、世界で非常に人気なヨガブランド「ヨガデザインラボ」のヨガグッズがおすすめです。

カナダ人デザイナーがバリ島でデザインをしており、エコで機能的、おしゃれだと人気です。

 

 

バリ島でも、日本のヨガスクールがヨガインストラクター養成講座を合宿形式で開催もしています。

しかし、これは料金が安くはありません。

英語がある程度理解できる方は、英語でスクールに通ってみるのもよいでしょう。

 

その他オーストラリアやアメリカ

ヨガインストラクターの資格、RYTを発行している全米ヨガアライアンスのの本部はアメリカです。

 

そのため、もちろんアメリカカナダ、そして最近ではオーストラリアでもRYTの資格を発行しているヨガスクールがたくさんあります。

 

アメリカは特に、世界的にも有名なヨガインストラクターが多く、学べることが非常に多いと思います。

しかし、現地に住んでいるのであればよいのですが、物価が高く、渡航費も安くありません。

 

ヨガのリトリートとしていくならば、アメリカカリフォルニアのエンシニータ(Encinitas)は、アメリカに最初にヨガが伝わった場所として有名なのでおすすめです。

 

【アメリカのヨガ聖地】カリフォルニア・エンシニータ(Encinitas)でヨガリトリート

 

もちろん、アメリカのロサンゼルスも、ハリウッドスターをはじめとしてヨガがとても人気です。

世界的にも有名なヨガスタジオもたくさんあります。

旅行などに行く機会があれば、ぜひ体験レッスンを受けてみてください。

 

 

 

 

トリプル0

 

 

ヨガ留学にかかる費用と、環境をよく考えて決めましょう

インド、ハワイ、バリ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど、海外でヨガ留学をするなら選択肢はたくさんあります。

しかし、費用(料金)や学ぶ環境、講師のインストラクターの経験値などは差があります。

 

ヨガの聖地で本格的にヨガの哲学や歴史、ヨガをライフスタイルから体験したい人はインド

 

ビーチやショッピングなど観光感覚で楽しみながらヨガを体験したい人はハワイ

 

その両方を体験したい人はバリがよいかもしれません。

 

どの国でも、それぞれの良さがあり、日本とは違ったヨガを体験できます。
自分の目的に合った国を選んで留学先をきめましょう。

 

 

インストラクター資格RYT200のテスト内容や、取得後のインストラクターの求人や、年収や給料などは、こちらの記事でまとめていますので是非参考にしてください。

 

 

 

 

海外短期留学前に準備しておきたいこと

本場の海外でヨガを練習するのはとても憧れますよね。

しかし、短期留学の場合、やはり短い期間で学べる内容は限られます。

 

資格取得をして日本でインストラクターとして仕事を始めても、やはりほかの先生との差を感じることや、知識や経験が浅いことに悩むこともあると思います。

 

短期留学をしたい方には、事前にヨガ哲学やポーズの効果などを日本語である程度勉強しておくことを強くおすすめします。

 

私も、インドでヨガを勉強した際、たくさんの本や動画を愛用して自分でも勉強をしました。

 

<おすすめの本>

 

 

 

 

LEAN BODY

 

 

将来的に本格的にヨガをしたいなら長期滞在も検討してみて

何度も言いますが、短期の海外ヨガ留学は、期間が短いため、学べる内容に限りがあります

「しっかりと時間をかけて、本場海外のヨガを深めて資格を取りたい」という方は、現地にしばらく滞在する方法も検討してみてください。

 

「ハワイやインド、バリ島に長期滞在なんて、仕事もないしお金もない!」

 

と思われるかもしれません。

 

しかし、リゾート地のハワイやバリ島は、英語が話せなくても、日本人観光客向けの仕事も募集があります

さらに発展を続けるインドにも、日本企業の求人募集が多くあります

 

私も、実際ヨガに出会ったのは、アメリカで仕事をしていた時です。
仕事そしながら現地のヨガに通えたため、じっくりと時間をかけて、経験豊富な先生に教えてもらうことができました。

 

将来的に、本格的にヨガインストラクターとして生活をしたいと考えている方は、一度海外転職に強い求人サイトに登録するなどして、どんな募集があるが見てみるといいでしょう

視野や選択肢が広がります。

 

特にヨガの聖地であるインドには、インドに海外転職をしてヨガを勉強している人も増えています。

 

 

 

インドのビジネス都市として求人も多いグルガオンは、インドのヨガの聖地と呼ばれる「リシケシ」に程近く、ヨガも盛んです。

 

また、インドのシリコンバレーと呼ばれるIT都市のバンガロールにも、比較的給料のいい仕事の求人があります。

 

バンガロールは南インドのマイソールの近くにあり、マイソールという街は、「アシュタンガヨガ」が盛んで、養成スクールも多くあります。

 

インド求人ならこちらもチェック

✔ 【グルガオン求人】インド転職~おすすめのエージェント~

【バンガロール求人】南インド転職~アシュタンガヨガの盛んな地~

 

 

 

リゾート地である、バリ島にも、日本人が働ける求人がたくさんあります。

い切って海外転職して、働きながら資格をとることも検討したい方はチェックしてみてください。

 

 

 

もちろん、リゾートバイトやワーキングホリデーとして海外に行き、しばらく滞在することも可能でしょう。

一度料金の相談などもしてみるといいかもしれません。

 



短期留学が不安ならリトリート参加もおすすめ

短期のヨガ留学で1か月近く海外に行くのは、体調や環境に慣れるか不安という方もいるでしょう。

その場合は、一度海外のリトリートに参加してみるのもおすすめです。

 

ヨガリトリートとは、都会の喧騒から離れ、自然に囲まれた場所やリラックスできる場所でヨガを行い、自分を癒やす旅、期間のことです。

 

ハワイもバリもインドも、旅行客向けに短期間のヨガリトリートツアーなども多いです。

一度参加してみると、現地の雰囲気もわかります。

 

その後、1か月のヨガインストラクター養成講座に参加するか決めてもいいと思います。

 

 

もちろん、国内にもたくさんのRYTが取得できる養成スクールがあります。
費用や期間の比較をしていますので参考にしてくだい。