【ヨガ留学】日本語で学べるインドのインストラクター資格RYT200のスクール比較

【ヨガ留学】日本語で学べるインドのインストラクター資格RYT200のスクール比較

インドでヨガインストラクター資格RYT200を日本語で取得できるスクール(アシュラム)をまとめました。

 

短期集中でヨガ資格を取れるものもあり、インドというヨガの本場で資格取得はとてもおすすめです。

 

インドでヨガの資格RYTを取るためには、英語が必要だろうという心配や、初心者は少ないだろうという不安もあります。
しかしインドには、日本語のサポートがあり、ある程度のヨガ経験者であれば参加ができるヨガスクールがあります。

 

 

Aarsha yoga vidya peetham

Aarsha yoga vidya peetham は、アーユルヴェーダの発祥と言われる南インドのケララ州にあるアシュラム

南インドは、美しい海に面したリゾート地で、インドのイメージとはかけ離れたところです。

・環境

 

南インドの美しい海とビーチでヨガができます。
先生もインド人です。

・食事

食事はアーユルヴェーダの食事療法に沿ったもので、南インドのあっさりとした食事です。

 

インドのヨガの指導学校(アシュラム)は、基本的にベジタリアンメニューです。
ヨガとベジタリアンについて、別の記事でも書いていますので、興味があれば参考にしてください。

 

【ヨガ=ベジタリアン】の理由~なぜ?ヴィーガンの違いと種類一覧~

・宿泊施設

アシュラム(学校)の独自の宿泊施設。
海に面したリゾート地のコテージのような場所。
シンプルで自然の中で生活できます。

・費用

個室:20万円、

2人部屋:18万

6人部屋:15万程度

日本語のサポートは別途10万円ほどの追加料金があります。

・充実の日本語サポート

現地に日本人のサポーターが常にいます。
空港への送り迎えもしてくれるため、現地でも安心です。

 

日本人には日本語のテキストと、日本語での復習クラスもあり、本格的に、そして美しい環境で学ぶことができそうです。

 

私は実際に南インドにヨガをしに行ったことがあります。
ブログにも環境などを書いていますので参考にしてみてください。

 

 

 

YOGAVINI(ヨガヴィニ)

YOGAVINIは、北インドのリシケシュにあるアシュラムです

リシケシュは、ヨガの発祥の地とされ、多くの人がヨガのライセンスRYTを取得しにヨガ留学してきます。

・環境

ガンジス川に面した場所にあり、静かな場所でヨガに取り組めます。
もちろん先生もインド人です。

・食事

食事はベジタリアンの食事が一日に2回。
インドの伝統的なヨガスタイルそのものです。

 

・宿泊施設

こちらも独自のアシュラムの宿泊施設。
シンプルですが、きちんと必要なものはそろっていて、自然と調和した生活を送ることができます。

・費用

料金は日本円でおよそ16万円程度(宿泊費、食事込み)※2018年現在
インドの学校の中でも費用は格安です。

さらに、日本語サポートの追加料金はありません

 

 

INDIA SANTANA(インディア サンタナ)

INDIA SANTANAは、上の二つと違って旅行エージェントが主催するプログラムです。
そのため休日のアクティビティなどのサポートが充実しています。

・環境

東インドのベンガル湾側にあるPuriという地。
日本からのアクセスはあまりよくないですが、すこし足を延ばせば色々な有名な観光地に行くことができます。

 

・食事

食事は完全ベジタリアンではなく、休日には近くのレストランなども利用可能。
毎日の食事では日本食を選ぶことも可能。

・宿泊施設

サンタナグループという、60年以上日本人と共に歩んできたホテルとゲストハウス。
ゲストハウスには日本人が常駐、ホテルにも日本語対応スタッフがいて、通訳者も近隣に在住しています。
ゲストハウスにはインストラクター養成コースに参加していない日本人旅行客もいて、楽しい出会いがあるでしょう。

・費用

ロッジ滞在:22万8000円
ホテル滞在:28万3000円

 

まとめ

今やヨガは世界中で人気が高まり、インストラクターを目指す人、そうでなくてもヨガを深く学ぶためにRYT200取得(ヨガインストラクター養成コース)に参加する人が増えています。

 

通常RYT200のインストラクター養成コース(TTC)は英語で行われますが、日本語サポートのあるところもあります

 

川と緑に囲まれたインドのヨガの聖地で学ぶのか、

美しいビーチの近くでアーユルヴェーダ発祥の地で学ぶのか、

日本人のサポートの充実した場所で学ぶのか、

 

自分の目的に合わせて、また費用なども考慮して、インドの短期留学を素晴らしい体験にして下さい。

 

 

 

海外でRYT200のヨガインストラクター資格取得コースを受けることに不安を抱いている方は多いはずです。
特に、実技ではなく、ヨガ哲学の勉強は、日本語でできるのか、知識がなくてもいいのか、気になるでしょう。

 

不安な方は事前に「ヨガスートラ」を読んでおくことをおすすめします。

合宿中にどのような内容の哲学を学ぶかイメージが付きます。
こちらの本は、古典のヨガスートラを大変分かりやすく解説したものですのでおすすめです。