マタニティヨガ資格★費用の安さ・短期間・妊娠中可能などおすすめスクール一覧

マタニティヨガ資格★費用の安さ・短期間・妊娠中可能などおすすめスクール一覧

ヨガインストラクターのステップアップの資格の一つとして、マタニティヨガの資格が人気です。

また、インストラクターでなくとも、自身の妊娠と出産の経験をきっかけに、マタニティヨガの資格取得を目指す人が増えています。

 

・マタニティヨガインストラクターとはどんな資格か

・学ぶ内容は通常のヨガ資格と何が違うのか

・資格取得の必要やメリット

・全米ヨガアライアンスRPYT85とは?

・資格取得にかかる費用

・短期集中コースや日程

・おすすめの資格講座、スクール

 

など、実際にヨガインストラクターの資格を持つ筆者がまとめました。

ぜひ参考にして、将来のステップアップや知識を深めるきっかけにしてみてください。

 

 

マタニティヨガインストラクターとはどんな資格?

マタニティヨガは、妊娠から出産までの長い間、妊婦の身体を健康に保ち、そして出産に向けて体力をつけていくとして多くの方が実践しています。

他にも、以下のようなメリットがあると言われています。

・呼吸を整えてリラックス効果
・骨盤を開きやすく、出産しやすくする
・妊娠中の運動不足解消
・便秘解消、ガス抜き
・基礎代謝を上げて急激な体重が増えることの防止
・呼吸のし方を知り、自律神経を整えてつわりの軽減

マタニティヨガインストラクターの資格は、妊婦さんの変わりゆく体調や感情を理解しながら、安全にヨガのレッスンを提供できるようにするものです。

 

妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期など、妊娠中の各時期にあった生理学や解剖学を学び、安全なクラス構成の立て方などはもちろん、妊婦さんとの接し方や、プロップス(補助器具)の効果的な使い方などをメインに学びます。

 

また、妊娠中は、ホルモンの急激な変化や出産に対する不安など、精神的にも疲労が出やすい時期です。

身体だけでなく精神的なリラックス効果やリフレッシュ効果が提供できるようなレッスンの進め方を学ぶことで、リストラティブヨガや陰ヨガなどのリラックス系のヨガへの応用などにも繋がるでしょう。

 

 

他のヨガインストラクター資格との違い

マタニティヨガの資格は、妊婦さんの妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期に合ったポーズや、解剖学の観点から妊婦さんの身体変化についてしっかりと学べます。

また、安全なヨガインストラクションのし方や、指導者としてマタニティーの方への接し方を学ぶ点が、大きく他のヨガ資格とは違いがあります。

 

ポーズの内容については、マタニティヨガと、その他の通常のレッスンで行われるヨガポーズに大きな違いはありません。

特別にマタニティヨガ用のポーズはないからです。

しかし、マタニティヨガでは、呼吸にも意識をむけ、瞑想なども多く取り入れて、よりリラックス効果があるような内容を行います。

 

体重の変化や食欲の増減など、妊娠中は個人によって体調が違います。

無理なく身体を動かせるようなインストラクション、個人の体調や妊娠時期によってのクラス構成の立て方や、リラックス効果のあるクラスについてを学ぶことができます。

 

マタニティヨガ資格は必要?取得のメリットは?

メリット

・求人や採用に有利

・パーソナルや少人数レッスンも増える

・レッスン単価(給料)のアップ

・妊婦や子育て中でも参加しやすい

 

マタニティヨガの求人は、一般的にはマタニティヨガ資格保持者が採用されます。

そのため、既にヨガインストラクターとして活躍されている方や、これからインストラクターとして求人に応募を考えている方には、マタニティヨガの資格はあなたのスキルを他のインストラクターと差をつけられる大きなメリットとなります。

ヨガインストラクターの資格を持っていても、マタニティヨガの資格は持っていないインストラクターの割合は非常に多いです。

そのため、マタニティヨガや産後ヨガのレッスンを開催しているスタジオでは、他のインストラクターよりも優先的に採用され、優遇される可能性があります。

 

また、安全上のためにもマタニティヨガは少人数制~パーソナルで行うことも多く、その分1回のレッスン料金は高くなります。

あなた自身のヨガ指導のスキルアップはもちろん、求人の幅やお給料のアップにもつながるため、メリットの多い資格だと言えるでしょう。

 

さらに、マタニティヨガの資格は、実際に妊娠中の方や子育て中の方も参加可能なことが多いです。

自分自身にすぐ行かせる学びとして妊婦さんも参加しやすいでしょう。

また、資格取得できるまでの期間も短いため、子育て中や仕事をしながらでも少しの空いた時間で取得できるのがポイントです。

 

マタニティヨガはこんな方におすすめ

・ヨガインストラクター

・助産師

・妊娠中の方

・医療関係者

・保育士など、子供や母親と関わるご職業の方など

 

 

マタニティヨガ資格の種類~RPYT85とは?~

池尻大橋の安く体験可能なおすすめヨガ

マタニティヨガインストラクターの資格には、種類があります。

各スクールや、団体が発行するものと、国際的な資格などがあるため、どこから発行されている資格の種類かを見極めて取得することをおすすめします。

資格の種類は多くありますが、おすすめはRPYT85です。

これは、全米ヨガアライアンスが発行するマタニティヨガインストラクターの資格です。

全米ヨガアライアンスはRYT200というヨガインストラクターの資格を発行している国際団体で、本部のアメリカはもちろん、インドや日本でも最も世界的に知られた資格です。

同じ団体が発行するRPYT85は、信頼性があり、世界共通の資格です。

 

RYT200のスクールはこちら

 

 

RPYT85の資格取得の学習内容

.特別補助のレッスン(5時間):妊婦さんの身体の状態や変化、精神的な状態の理解

2.実技練習(25時間):妊娠各期に合わせたレッスンポーズのし方やアライメントの方法、ストレス軽減の方法など

3.指導法(10時間):妊娠各期に合わせたレッスンのし方や、安全なインストラクションのし方、クラスの組み立て方

4.解剖学(10時間):妊娠中の内臓機能の働きや変化など

5.ヨガ哲学とインストラクターとしての倫理(5時間):ヨガの基本哲学など

 

上記に加えて、自己練習20時間と、学校によって1~5の中で10時間を追加で学び、合計85時間の講座を受講します。

また、PRYT85の資格コースを修了後に、実際に申請をして承認されるには、さらに30時間のレッスン実績を積まなければなりません。

カリキュラムや、最低限学ばなければならない履修項目が世界統一で設定されているため、インストラクターの質を保つこともでき、スキルアップとして安心できる内容です。

 

マタニティヨガ資格が取れるスクール&講座

東京都内はもちろん、大阪や福岡、名古屋など各地で講座が開催されています。

マタニティヨガの資格は、比較的短期集中で講座に通える日程スケジュールが多く、中にはオンラインの通信教育のものもあります。

費用の安さだけでなく、インストラクターや学ぶ内容、取れる資格などを確認しましょう。

 

ヨガジェネレーション

ワークショップなどが人気のヨガジェネレーション。

短期3日で取得ができる上、海外講師から世界基準を学ぶことができます。

オーストラリアの産前産後ヨガ指導者育成のプロフェッショナル「ブリスベイビーヨガ協会」の講師陣と通訳とを合わせて実践をしながら学べます。

費用 113,400円
期間 3日間
資格 RYT200保持者はRPYT85修了
修了証発行あり
ポイント 海外講師
妊婦参加可能
住所 オハナスマイル駒沢大学:東京都世田谷区野沢四丁目21番13号
オハナスマイル祐天寺:東京都目黒区祐天寺2-9-4
公式HP こちら

 

 

OM YOGA(オムヨガ)

東京だけでなく、大阪や福岡など各地でマタニティヨガの講座を開催しています。

呼吸や哲学、赤ちゃんとの接し方などもしっかりと学べる内容で口コミでも非常に人気です。

妊娠前・出産時・マタニティーリストラティブ・出産後の段階を分けたカリキュラムで、それぞれのステージに沿って学ぶことができます。

費用 195,000円
期間 8日間(85時間)
資格 RYT200保持者はRPYT85修了
修了証発行あり
ポイント 口コミで評判
赤ちゃんとの接し方や授乳についても学べる
住所 東京・大阪など各地
公式HP https://omyogagroup.com/rpyt

 

 

ヴィオラトリコロール

各地で週末や平日でも講座を開催しています。

料金がとても安く、格安で資格が取得できます。

 

RYT200を取得している方は、その一つ上の資格となるRYT500への講座の一つとして充当されます。

RYT500を取得の意向のない方や初心者は、ヴィオラトリコロール認定 マタニティヨガ 20時間トレーニング講座資格を授与されます。

費用 59,000円
期間 8日間(85時間)
資格 RYT200保持者はRYT500の一環とみなす
独自資格修了証発行あり
ポイント 開催回数が豊富
振替レッスン可能
妊婦可能(医師の許可のある安定期に限る)
住所 東京・大阪・名古屋・福岡
公式HP https://yoga-viola.net/yogacourse/maternity/

 

 

 

YMC ヨガスクール

ヨガインストラクターの資格スクールとして有名なYMCスタジオでもマタニティヨガの養成コースが受けられます。

単位制で資格を取得するため、忙しい方でも働きながらなど、資格を取ることができます。

短期集中でなくても、空き時間で勉強をして焦らずに資格を取りたい方におすすめです。

費用 191,000円
期間 平均受講期間2ヶ月、最大受講期間6ヶ月
資格 IHTA認定 マタニティヨガインストラクター
ポイント 単位制
大手スクール
住所 東京・大阪・仙台・福岡
公式HP https://ymcschool.jp/yoga/yoga_detail04/

通常のヨガスタジオとしてレッスンもおこなっていますので、一度雰囲気だけでも見に、体験レッスンに行ってみるといいでしょう。

体験レッスンは1回1000円です。

 

 

通常レッスンの予約はこちら↓

 

 

 

LIVE WELL INSTITUTE(リブウェルインスティチュート)

オンライン通信講座で資格が取得できます。

なんと7時間の講座を通信講座で受講すれば、リブウェルインスティチュート認定の資格がとれるのです。

妊娠中で、自宅で勉強したいという方や、忙しくて数日の短期集中講座も難しい、遠方の方などにもおすすめです。

費用 20,500円
期間 7時間の通信動画
資格 リブウェルインスティチュート認定資格修了証
ポイント オンラインの通信講座
住所
公式HP こちら

 

 

JMFA(一般社団法人日本マタニティフィットネス協会)

マタニティのフィットネス(エアロビクスや水泳)なども資格を発行している団体です。

医療関係者も多く受講しています。

資格取得後と維持には会員になる必要があります。

費用 168,480円
期間 6日間
資格
ポイント 妊婦可能
住所 東京都目黒区自由が丘1丁目4−6
公式HP こちら

 

 

マタニティヨガ資格はステップアップにおすすめです

マタニティヨガインストラクターの資格は、生命を授かっている妊婦さんへの接し方や安全なインストラクションのし方、サポートのし方を学ぶことができます。

この素晴らしい仕事は、助産師さんの間でも取得する方も多いそうです。

 

妊娠後の母体の変化などの解剖学も学ぶことができ、実生活ではもちろん、その他の通常ヨガのクラスでも応用が可能です。

全米ヨガアライアンスRYT200のヨガインストラクター資格は、現在非常に多くの方が取得をしています。

しかしマタニティヨガ資格は、まだそれほど多くの方が保持しておらず、他のインストラクター差をつける、自分への大きな投資となるでしょう。

比較的短期間で取得が可能なため、料金や学びたいことなど、各講座やスクールを比較してチャレンジしてみてください。