【画像つき】全米ヨガアライアンス認定インストラクター(RYT)の登録・申請の方法

【画像つき】全米ヨガアライアンス認定インストラクター(RYT)の登録・申請の方法

ヨガインストラクターの資格「全米ヨガアライアンス」のRYT200とRYT500を取得した後の資格の申請登録のし方画像付きで説明しています。

 

全米ヨガアライアンスの本部はアメリカです。

そのため、ホームページも全て英語です。

 

せっかくヨガインストラクター養成講座を修了し、RYTの資格を取得したのであれば、RYTの取得インストラクターとしてヨガアライアンスに申請、登録をしたいですよね。

 

登録は簡単に、自身でオンラインで可能です。

 

全ての登録までの手順ステップと日本語訳を画像で説明しますので、登録方法を参考にしてください。

 

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)とは?

全米ヨガアライアンス」とは、質の高いヨガインストラクターや教育者を養成することを目的に、カリキュラム基準を定めたり、認定ヨガ指導者などの登録を行う非営利団体です。

 

世界でも知名度が高く、「全米ヨガアライアンス」認定のインストラクターは、日本国内だけでなく、世界各国で通用するスキルとして証明できる資格です。

 

種類はRYT200 をはじめとして、500と数字が上がるにつれて、高レベル・高いスキルという認識です。

その他、マタニティヨガインストラクターの資格やスクールもたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全米ヨガアライアンス(RYT)修了と申請・登録の違い

RYTの資格を取得したら、ヨガアライアンスへの登録をするかどうかを決めることができます。

登録しないのとするのでは何が違うのでしょうか。

登録する 登録しない
履歴書の書き方 RYT200、又はRYT200修了 RYT200修了
費用 初回のみ$115
その後毎年$65
名刺へのロゴ RYTのロゴを使える 使えない
ウェブサイト RYT登録インストラクターの中から自分のページを持てる 自分のアカウントページがない
割引特典 ヨガグッズの割引を受けられる店がある
独立について RYTの資格を発行できるスクール・スタジオを開講できる
※条件あり
スクール・スタジオは開講できるがRYTの資格発行はできない

 

RYT資格は、養成スクールのカリキュラムを修了して卒業した時点で「修了」。

登録をしなくても、履歴書に「RYT200修了」と書くことができます。

 

登録」するには、後日に自分でオンラインで登録の手続きをしなければなりません。

この「登録」には、ヨガアライアンスの会員にならねばならないため、

 

年会費($65)と、初期登録費用($50)

 

がかかります。

 

「登録」を行わなければ資格を取得したことにならないというわけではないため、RYTの養成スクールを卒業しても、「登録」をしていないままの人も多いです。

毎年会員費を支払う必要があるので、必要のない方は「修了」のままでなのです。

 

ヨガインストラクターの方の履歴書でも、ヨガアライアンスに登録せずに、

「●●年●月 RYT200修了」というような書き方ができます。

 

全米ヨガアライアンス登録を、会費を払ってしなくても、求人の際に困るという違いはありません。

将来的に自分でRYTの資格を発行できるようなスタジオを作りたいなどと考えている方や、ヨガグッズの割引などを受けたい方は、アライアンスに登録しておくとメリットがあるという違いがあります。

 

 

 

申請・登録をするメリット

・ヨガアライアンスのウェブページ内に、自分のページを持つことができる。

登録後は、ヨガアライアンス登録インストラクターとして、名前を入れると検索ができるようになります。

例えばご自身で自分のヨガスタジオなどを開くのであれば、生徒の方がネットで検索してアライアンスに登録されていることを確認できた方が、スタジオのブランドにもつながるでしょう。

 

 

・ヨガアライアンス主催のワークショップなどに参加ができる


ヨガアライアンスは随時、アメリカが主な地ではありますが、ワークショップなどを開催しています。
その情報が得られるとともに、参加費の割引なども受けられます。

 

 

・協賛しているヨガブランドの商品の割引が受けられる

 

例えば代表的なものでは、Manduka

マンドゥーカのマットは、滑らず、ヨギーにとってはあこがれの商品。
こちらの商品全て10%オフです。

 

 

・自分の学校を認定校(RYS)として開くことができる。

いつか自分のスタジオを、ヨガアライアンスの認定校としたい場合、そのオーナーであるあなたが、認定インストラクターとしてヨガアライアンスに登録していなければなりません。

 

RYSとして学校を登録すると、ヨガアライアンスの授業を提供して生徒を育成することもできるようになるのです。

 

RYTの資格を取得したら、全米ヨガアライアンスのホームページに登録をしなくてもヨガインストラクターとして活動が可能です。

しかし、せっかく養成スクールを卒業したから登録をしたいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

全米ヨガアライアンス、RYT登録にかかる費用

認定校(RYS: Registrated Yoga School)として登録されたスクールが指定するヨガインストラクター養成コースを修了した後、ヨガアライアンスに登録するには、次の費用がかかります。

 

 

RYT登録費用
・年会費:$65

・初期登録費用:$50

 

この年会費($65)は毎年、登録をした日から一年ごとに更新されます。

そのため、最初の登録時に必要な費用は上の合計で$115、その後は毎年$65です

 

全米ヨガアライアンスへのオンライン登録・申請方法

ヨガアライアンス認定講師の登録と申請は、オンラインで簡単にできます。

 

しかし、全てヨガアライアンスのウェブサイトは英語です。

申請のページで出てくる英語の日本語訳と、全ての手順を画像付きで解説しています。

 

①ログインする

 

まず「全米ヨガアライアンス」のホームページにアクセスし、右上にある「Join」というオレンジのボタンからメールアドレスと好きなパスワードを入れて、アライアンスのメンバーになりましょう。

その後は毎回、「Log in」というボタンからアドレスとパスワードを入れれば、会員としてログインできるようになります。

 

②RYT登録メンバーになる

左上の方にある「Become a Member」を押すと、上のような表示になります。「SIGN UP HERE」を押します。

 

 

③登録したいインストラクター資格の種類を選ぶ

今回、インストラクターとして登録をしたいので、「Teacher」というボタンを押すと、上のような表示になります。

ここで、ご自身が登録されたいインストラクター資格の種類を選んでください。
ここではRYT200として説明を進めていきます。

今後のプロセスは他の登録でも変わりありません。

 

④RYT修了を証明する

前の画面でRYT200を選択すると、下のような画面になります。

 

 

真ん中の方で緑色になっている「Add Training Program」というボタンを押します。

そうすると上のような画面になります。

RYT200を登録したい方は200のところに黒丸印を入れます。

300の方と500の方はそれぞれ該当の箇所に黒丸チェックを入れてください。

 

 

その下の「Enter Program Date」というのは、ヨガインストラクターの学校に行った時の期間です。

開始した日と、卒業した日をカレンダーから選びます。
修了証をお持ちかと思いますので、事前に日にちを確認しておくとよいでしょう。

 

 

最後に「Find your Registered Yoga School」という箇所は、卒業した学校を記入します。
名前を入れて緑の「Search」ボタンを押すと、学校が出てきますので選択してください。

 

 

⑤あなたのインストラクター経験を入力する

次に、「Teaching Hours」というタブに進みます。

タブを開くと、上のような画面になります。
上から、レッスンを始めた日、その横の「End Date」は今日(登録日)の日にちで構いません。

 

次に「Class Type」を選びます。
スタジオの複数人クラスであれば、「Studio」を選びます。

 

その横の「Hours」には、これまであなたがクラスを持った時間を入力します。
この時間は0時間でも構いません。

 

 

⑥修了証をアップロードして学校の承認を待つ

ここまで入力を終えると、卒業校の修了証をPDFでアップロードしなければなりません

Iphoneなどで撮影したもので構いませんのでアップロードします。

 

すると、最初のページは上のような表示に変わります。

 

右上の方にオレンジで時計のマークと「Waiting for Confirmation」という字がでていればOKです。

 

卒業校に、あなたが本当に卒業生であるのか、アライアンスから確認の連絡が行っている状態です。
卒業校があなたの卒業を認めれば、次のステップに進めます。

 

学校にもよりますが、通常1~3日程度で承認され、アライアンスから連絡がくるはずです。

 

 

⑦卒業校から承認されたら

卒業校から、あなたの卒業が確実だと承認されたら、ヨガアライアンスから上のようなメールが届きます。

 

「おめでとうございます!学校から承認がとれました!後は登録費用を支払えば、登録が完了します」

 

という内容です。

 

⑧登録費用を支払う

すると、先ほどの画面で、中ほどにある「Registration Cost」の部分の「Pay Now」というボタンが緑色になり、決済に進むことができます。

 

 

 

 

「Pay Now」を押すと、まず請求先住所を入れなければなりません。
ご自身の住所、又はスタジオの住所をいれてください。

すると、上のように合計金額が表示され、カード決済、又はPayPalで支払いができるページになります。

緑の「Pay Now」を押して支払いをします。

上の確認ページが現れ、

緑の字で「Your Payment has been completed successfully」という表示が出たら、無事に支払いが終了しました。

右の「Download PDF」というボタンから、レシートもダウンロードできます。

 

 

⑨卒業校のレビューを書く

最後に、卒業をした学校のレビューを書きましょう。

 

選択式で1がよくない、5がとてもよいという段階形式です。

 

 

1、Learning Objectives
「学校を卒業して、インストラクターとして生徒を教えることができるスキルと知識がみについたか。」

 

 

2、Overall School Recommendation Rating
「全体的な評価として、卒業校を友人などに紹介できるか」

 

 

3、General Comments
「フリーコメント欄」です。
Great!など書いておけば無難だと思います。

 

 

⑩アライアンスの規約に同意する

最後に赤色のビックリマークの部分です。

 

あなたが評価した学校のサイトページで、あなたが行った評価が表示される可能性がありますという内容です。

あなたが、学校に対して書いたフリーコメントなどに、学校から返事があったら、お知らせしますか?

 

「Yes、No」どちらか選び、緑の修了を表すボタンを押すと、全ての登録の作業が終了です。

 

 

登録完了時にポップアップで表示される内容の意味は?

全ての作業が終わると、2つのポップアップが表示されます。

一つ目は、「Welcome」!
無事に登録が終了しました。というポップアップ。

 

下に三つボタンが現れます。

左:「あなたのプロフィールをみる」
中央:「あなたのプロフィールを編集する」
右:「登録カードを取得する」

※名刺のような、アライアンスのマークのついたカードのPDFを取得できます。

 

左の「プロフィールをみる」で確認をしてみるとよいでしょう。

すると最後に、ヨガアライアンスのポリシーが表示されます。

 

「セクシュアルハラスメントに反対する。」
という内容です。

 

緑の「同意」のボタンをおして、本当に終了です!

お疲れ様でした。

 

メリットも多いRYTの登録は簡単ですので試してみましょう

 

「登録」をしなければインストラクターにはなれないわけではありません。

資格を取得しても登録をしていないインストラクターもたくさんいます。

 

しかし、インストラクターをメインの仕事として生活される方にとっては、登録することによってメリットがたくさん得られます。

将来的に独立やフリーランスのインストラクターになりたいと考えている方は、検討してみましょう。

登録の方法と手順は簡単なので、このブログを参考にしてみてくださいね。