【バリ島ヨガ留学】RYT200資格を短期で取得!費用や環境・おすすめスクールの内容を比較

【バリ島ヨガ留学】RYT200資格を短期で取得!費用や環境・おすすめスクールの内容を比較

ヨガのインストラクターになるために、インストラクターの国際資格RTY200(全米ヨガアライアンス認定)を取得しに、インドネシアのバリ島にヨガ留学する人が増えています。

 

 

バリ島でヨガの短期留学ができる資格スクールも増えているため、費用や学ぶ内容帰国後や初心者のサポートまで、バリ短期留学コースの徹底比較をしてみました。

 

バリのヨガ留学のメリット

バリでヨガの資格を取るには、美しい海やビーチヨガはもちろん、メリットがたくさんあります。

・日本のヨガスクールが運営するため英語は必要ない

・治安がいい

・観光も楽しめる

・短期合宿形式のため仲間が増える

・比較的安くヨガ留学ができる

・ヨガグッズも安く買える

 

 

バリ島は、その気候や環境に惹かれて、多くの欧米のヨガインストラクターも移住していることで知られています。

レベルの高いヨガを受けることができるのも魅力の一つです。

 

バリ短期留学ができる日本のヨガスクールの比較

※それぞれのスクール名をクリックすると詳細箇所にジャンプします。

ファーストシップ 道ヨガスタジオ IYC
費用 798,000円~ 1,068,000円
※飛行機別
298,000円
※飛行機別
590,020円
※飛行機別
期間 20日~4週間 10日間 バリ7日+国内で授業
場所 ウブド ウブド ウブド
食事 オーガニックフードやインドネシア料理 インドネシア料理 インドネシア料理
取れる資格 RYT200 RYT200 RYT200
メリット ・ホテルなども美しく、安心

海外講師+通訳で本格的

・短期集中
・安い
ケンハラクマ氏主宰
・国内でも授業があるため、短期詰込みではない

日本語でヨガインストラクターRYT200資格が取れるバリのスクール

FIRST SHIP(ファーストシップ)

宿泊するホテルや、ヨガを行う施設は非常に美しく、「ヨガの修行」というよりは、「リトリート」にも近い、リラックス&贅沢なコースです。

海外が初めて、又はアジアの国は初めてという方でも安心して滞在できます。

海外の経験豊富なインストラクターと、日本人通訳による本格的なヨガを学ぶことができます。

 

日本の大手ヨガスクールのため、帰国後や卒業後のサポートも充実しています。

卒業後にホットヨガLAVAへの紹介をしてもらえます。
ホットヨガで転職をしたい方には大きなメリットでしょう。

 

ファーストシップの公式ホームページはこちら↓

 ファーストシップ

 

 

道ヨガスタジオ

なんと10日間の短期でインストラクター資格が取得できると口コミで話題のプログラムです。

朝6時~夜23時まで、短期間でみっちりとヨガを勉強する忙しい方用のコース。

日本人通訳や講師もいます。

短期間と料金が安いのが魅力です。

 

初心者でも可能とのことですが、10日間で一気に学ぶため、ある程度のヨガ経験とヨガの知識がある方におすすめします。

既にRYT以外のヨガ資格を持っているけれど、求人などに有利なRYTを短期で取得しておきたいという方にもおすすめです。

 

これまでの経験はなく、将来的にヨガインストラクターを目指す場合であれば、帰国前後でしっかりと自分で勉強が必要でしょう。

資格取得のために10日間のバリ合宿に参加し、その後、改めて帰国後に他の仕事をしながら再度スクールに通うなどするのもおすすめです。

まずは資格を取得し、実際にレッスンを担当しながら、同時に復習の意味も含めて国内でスクールに通いなおすと、細部までじっくりと身に着けられるでしょう。

 

道ヨガスタジオ公式ホームページはこちら↓

http://michiresort.com/ryt.html

 

 

 

 

 

IYC(インターナショナル ヨガセンター)

日本のヨガ第一人者ともいえるケンハラクマ氏主宰のプログラムです。

 

バリ島滞在は7日間、そしてその前後でIYCスタジオでケンハラクマ氏のレッスンに日本国内で出席し、資格を取得するという内容です。

 

海外滞在期間は短いですが、その分、国内では余裕を持ってヨガに取り組めるため、資格を取得するために知識を深めるにはおすすめです。

 

飛行機代が費用に含まれているため、時期によって金額が変わるということがなく、安心です。

 

 

<ケンハラクマ氏の著書>

 

 

バリ島ウブドへのヨガ留学に英語は必要?

外でヨガのダウンドッグポーズをする女性

今回紹介している日本の会社が運営するヨガスクールでは、全ての授業は日本語で行われます

教科書やテストなども日本語ですので英語力は必要ありません

英語が話せなくても参加できます。

 

英語がある程度で切る方は、せっかくの機会なので、現地のインストラクター養成スクールに英語で行ってみるのもおすすめです。

海外の同じようにヨガを勉強しているクラスメイトとも仲良くなれます。

もし英語でコースをうける場合は、ヨガ哲学やヨガのポーズの効果など、事前に日本で勉強していくと、より安心して授業についていけるでしょう。

 

<おすすめ>

 

 

 

まずはリトリートに行ってみるのもおすすめ

ヨガのポーズをする男女

短期でヨガ資格を海外で取るのは、慣れない地で体調の不安もあるという方には、一度バリ島にヨガリトリートで行ってみることもおすすめです。

 

バリ島には、世界各地から多くの有名インストラクターやヨギーが集まり、ヨガの聖地としてヨガを旅行感覚で楽しんだり、もちろん修行として資格を取得したりする人が多くいます。

 

世界的にも有名なヨガスタジオも多いため、一度バリ島を訪れてみて、その雰囲気や食事を確認してみるといいでしょう。

日本からもアクセスがよいため、数日間の滞在にもおすすめです。

 

バリ島に行ったら訪れるべきヨガスタジオなどの情報もまとめていますので、参考にしてください。

 

 

 

あなたに合ったヨガスクールで資格をとりましょう

海の桟橋でヨガの踊り子のポーズをする女性

せっかく1か月程度の期間を費やし、そして費用をかけてヨガのインストラクター資格を取るなら、かけがえのない期間にしましょう。

 

かかる費用の安さはもちろん大切です。

 

資格取得に向けた万全サポートが充実しているかも重要視しましょう。
資格取得後に十分に知識が深まっていないと苦労をします。

 

また、サーフィンやサップヨガもするなら、ファームの宿泊施設よりビーチに近い方がいいかもしれません。

 

あなたのライフスタイルに合わせて、そしてなりたいヨガ講師に近づけるかどうかで、いい学校選びをしてください。

ぜひ素敵な、ヨガに打ち込める期間にしてくださいね。

バリ島だけでなく、インドやハワイの短期ヨガ留学についても別途まとめていますので、参考にしてください。