海外ヨガ留学に必要な英語力は?しゃべれない、初心者もRYT200資格取得は可能?

海外ヨガ留学に必要な英語力は?しゃべれない、初心者もRYT200資格取得は可能?

海外にヨガ留学をしてRYT200の資格を取得するためには、どれくらいの英語力が必要なのでしょうか?

 

ヨガのインストラクターになるために、短期集中コースに参加するなら、ヨガの聖地インドや、旅行感覚で楽しみながら参加できるハワイ、アジアのリゾート地バリ島など、海外短期留学をおすすめします。

 

現地の本場のヨガや、食事など、ライフスタイルから学ぶことができるからです。

 

しかし心配なのは英語力

 

ヨガの短期留学をインドにするには、どれほどの英語力が必要か、実際にインドでヨガのインストラクター資格を取得した経験をもとにお話します。

 

 

 

海外ヨガ資格コースの授業内容は?

ヨガマットの上で瞑想をしている男女2人

全米ヨガアライアンスRYT200のヨガインストラクターの資格を取得するために、どのような授業を受けるのでしょうか。

 

インストラクター養成コースは、日本も海外も、世界共通で質の高いインストラクターを育成するため、授業内容、カリキュラムは大まかに決まっています。

 

一般的には座学 ( ヨガの歴史・哲学・解剖学について )と、実技 ( ポーズ指導 ) に分かれています。

 

実技練習(Techniques Training/Practice):100 時間

一般的なア-サナの練習。

 

■指導学(Teaching Methodology):25時間

インストラクターとしてクラスを持ったとき、どのように生徒をアジャストメント(ポーズの修正)をするかの勉強。

 

■解剖学(Anatomy and Physiology):20時間

身体構造について学ぶ。

 

■ヨガ哲学(Yoga Philosophy):30時間

ヨガの聖典と呼ばれる「パかヴァットギータ」「ヨガスートラ」について。

 

■実習(Practicum):20時間

 

以上のカリキュラムを1か月程度で学び、最後に修了試験を受けて合格をすれば、ヨガインストラクターの資格取得が可能です。

取る資格の種類や流派によって違いもあるため、参考程度にしてください。

 

※2024年からカリキュラムの時間割は変更予定

 

海外でヨガの資格を取るために必要な英語力~座学~

ヨガのポーズをする男女

上で紹介した授業は、すべて英語で行われます。

ア-サナを行う実践のクラスでは、あまり細かい英語が理解できなくても授業についていけます

 

しかし、解剖学、哲学のクラスは日常会話以上、ビジネスレベル以下の英語力が必要です。

 

英語で簡単な小説や新聞記事のコラム(政治的難しいものではなくコラム)程度が辞書なしで読める程度の理解力があれば問題ありません。

 

私自身、インドでインストラクター講座を受けたときは、英語は日常会話以上に話せたため、それほど不安なくインドに行きました。

しかし、解剖学や哲学のクラスでは苦労をしました

 

解剖学は、身体の関節や内臓などの英単語がたくさん出てきます。

生物学的な言葉を英語で理解しなければなりません。

哲学のクラスでも、日常会話では出てこない単語もたくさんあります。

 

インドのアシュラムや学校の中ではネットが限られているところが多いため、私は後日インターネットをつなげることができた時に、まとめてわからなかった単語を調べるという努力をしていました。

 

しかし、クラスメイトはもちろん世界各国からインドにヨガを勉強しに来ている人が多いため、私同様に英語が母国語でないクラスメイトもいました。

 

専門的な分からない英語があれば、みんな積極的に意味を聞いていましたので、日常会話ができる英語力があれば、クラスでもコミュニケーションを取りながら、授業についていくことができるでしょう。

 

海外でヨガの資格を取るために必要な英語力~実践クラス~

ヨガのツイストポーズ

全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクターの資格を取得するため、コースの修了試験で、実際にクラスのインストラクション(模擬授業)をしなければなりません。

 

クラスメイトや先生の前で、実際に90分の授業を行うのです。

・瞑想
・チャンティング
・呼吸
・ア-サナ
・アジャスト
・締め

 

この一連を英語でできるようにならなければなりません。

ア-サナの内容は太陽礼拝から立ちのポーズ、仰向け、座り、うつ伏せのすべてのシークエンスを行います。
※アシュラムによってテスト内容は変わる可能性があります。

 

 

ただ、クラスで使用するインストラクションの英語はだいたい決まっています

 

そのため、英語で授業をするなんて無理だ!

と思わず少しでも英語ができる方はぜひチャレンジしてみてください

一度フレーズを覚えてしまえば簡単です。

 

 

海外ヨガ留学に必要な英語力~筆記テスト~

ヨガの安楽座のポーズ

全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクターの資格を取得するためには、修了試験で筆記テストも合格しなければなりません。

 

筆記テストは、アシュラムや学校によって実施する学校としない学校があるため、ご自身が検討されている学校に問い合わせてみましょう。

 

この筆記試験にはたいていヨガの歴史などのヨガの基本的な知識を聞かれます。そのほか、ポーズの名前や効果などを聞かれる可能性があります。

 

ただ、この筆記試験ももちろん英語で回答をしなければなりません。

しかし、海外のスクールは、特に母国語が英語ではない人には、スペルのミスなどあまり問題にされません。

 

何が言いたいのか分かればOKです。

 

私が通ったスクールは、英語で何を書いているのか採点をする先生が理解できなかった場合は、その場で生徒を呼び出して、何を回答したのか口頭で聞かれます。
その答えが合っていれば正解となりますので、あまり緊張しなくても大丈夫です。

 

ヨガは誰もができるものです。

言語の壁によってその道が閉ざされてよいはずがないのです。

 

 

海外ヨガ留学で使う英語~生活編~

エクササイズをする2人の女性

海外ヨガ留学で、宿泊型のコースであれば、共同生活になります。

朝起きて、朝食、掃除、クラス、そして就寝まで、クラスメイトと先生と常に一緒に生活をします。

 

クラスメイトは世界各国からインドにヨガを勉強しに来た人たちです。
クラスメイトとコミュニケーションが取れるレベルの英語があればとても便利です。

 

1か月以上共同生活をして共に資格取得するために頑張った仲間は、生涯の友達となります。
卒業後にそれぞれが色々な分野で活躍しているのを連絡し合う関係になるでしょう。

 

コースのクラスでは英単語を調べるためにインターネットで辞書は使えるか?

パソコンでインターネットを使う人

資格取得コースでは、哲学や解剖学のクラスで専門的な英単語が出てくるため、英語上級者でも知らない単語が出てきます。

 

この時授業内でインターネットを使って単語の意味を調べられるのか。
そもそもインターネット使用可能な環境なのか

 

これは参加するコースとアシュラムによって違います。
先生によって完全に暮らすに電子機器持ち込み禁止のクラスもありますし、インターネットが通ってないアシュラムも存在します。

 

私の行ったインドのアシュラムでは、インターネットWifiがある環境でした。
しかし、できるだけパソコンや携帯電話から離れ、自然に返る生活を1か月間は試してほしいという先生の想いもあり、生徒はできるだけネットを使わないようにしていました

 

私は特別に先生にお願いをして、英語が母国語ではなく、授業の中でわからない単語がたくさん出てくるため、

調べるために携帯電話を使わせてほしいと事前に頼んで、授業中でも意味を調べていました。

(結局ネットはつながりが悪いため使うことはできませんでしたが。)

 

不安のある方は、どの国に行くにしても、スクールは田舎にある場合も多いため、コース申し込み前に問い合わせをして相談をするとよいでしょう。

 

 

日本語でヨガインストラクター資格を取れるアシュラムもおすすめ

 

どんなに英語ができても、やっぱり深くヨガを学ぶために、母国語で理解を深めたい。という方は多いでしょう。

私自身、英語でヨガスートラなど勉強しましたが、日本に帰国した際に、より理解を深めるために日本語で読み直さなければ完全に意味も理解できませんでした。

 

特にヨガスートラについては、事前に日本で本を読んでおくことをおすすめします

日本語のヨガスートラで、とても分かりやすい本はこちらです。
これを読んでおけば、英語のヨガ哲学クラスでも理解が深まります。

 

 

また、インドでも日本語で全米ヨガアライアンス認定の資格を取れる学校があります。

英語力を心配せずに、ヨガの聖地インドで日本語による授業を受けることができるため、おすすめです。

 

Aarsha Yoga Vidya Peetham

南インドにあるアシュラムで、日本人スタッフが在中のようです。
テキストは日本語に翻訳されたものが用意されていて安心ですね。
しかし、日本語サポートを希望するともちろん、その分金額が高くなりますので検討が必要です。

ウェブサイト:http://yogaalliance200500.com/#course

 

 

ヨガビニJapan 大阪

資格取得に人気の地、リシケシのアシュラム。
日本語対応の日程は限られているようですのでスケジュールを確認しましょう。

その他にも日本語対応できるアシュラムが今後増えてくるでしょう。

ウェブサイト:https://india.yogavinirishikesh.com/200-hour-yoga-teacher-training-india/

 

 

 

 

まとめ

ヨガの聖地、インドのアシュラムや学校に留学して、ヨガのインストラクターの資格を取得するには、

日常会話レベル以上の英語力が望ましいです。

 

解剖学や哲学など、ヨガの聖典を英語で読み解いて理解する必要があるためです。

また、修了試験で模擬クラスをする際は英語で実施することになりますので、ある程度会話もできる方がよいでしょう。

 

日常会話ができれば、各国から参加しているクラスメイトとも仲良くなれます。

 

しかしインドで日本語で資格を取ることができるアシュラムもあります。

まずは英語で行われるヨガレッスンを日本で受けてみたり、数日だけの海外ヨガリトリートに参加するのもおすすめです。

少しでも雰囲気を掴むことができるかもしれません。