【ヨガインストラクター試験】RYT200資格取得のテスト内容は?実技試験と筆記試験について

【ヨガインストラクター試験】RYT200資格取得のテスト内容は?実技試験と筆記試験について

全米ヨガアライアンス認定のヨガインストラクター資格、RYT200のヨガインストラクター養成講座(TTC)に参加すると、最後に卒業試験があります。

 

・テストの内容はどんなものでしょうか?

・テストは難しいのでしょうか?

・不合格、落ちる可能性があるのでしょうか?

 

RYT200のインストラクター資格を持つ筆者が、卒業テストの内容の概要を紹介します。

 

 

RYT200取得のための資格試験の内容は、ヨガインストラクターとして今後、人にヨガを教えられる知識とスキルが身に付いたか、テストをするものです。

 

RYT200の資格を取得するための勉強内容(カリキュラム)は、資格を発行している団体である全米ヨガアライアンスが規定を設定しているため、スクールによって大きくは変わりません。

ただ、実技を実施しない学校もありますし、どの分野に重視をしてテストを行うのかはスクールによっても変わってきます。

 

テストに合格するか心配だという方は、本ブログを一例としてぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

全米ヨガアライアンスRYT200とは?

全米ヨガアライアンスとは、質の高いヨガインストラクターや教育者を養成することを目的に、カリキュラム基準を定めたり、認定ヨガ指導者などの登録を行う非営利団体です。

 

世界でも知名度が高いヨガ講師の資格です。

全米ヨガアライアンス認定のインストラクターは、日本国内だけでなく、世界各国で通用するスキルとして証明できます。

 

 

資格の種類は、国内でもいくつかあります。

ヨガインストラクターを目指すなら、RYT200がおすすめです。

全世界で最も大きく認知も高いため、資格取得後の求人応募の際も問題なく応募できます。

 

現在ヨガインストラクターの求人に、RYT200の取得を必須としているところは少ないです。

しかし、将来インストラクターとして転職、応募をする際は必ず役にたつでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

RYT200の学習内容、カリキュラムとは

RYT200資格取得のための試験内容、テストの問題は、インストラクター養成講座(TTC)で学んだ内容から出されます。

 

全米ヨガアライアンス認定校で、あなたが資格を取得するのであれば、RYT資格取得のために学ばなければならない内容は一定に決められています。

そのため、どのスクールに行っても、たいていは同じような時間割でヨガについて最低限学びます。

その規定の時間以外で、スクールは独自のレッスンをしたりしていますので、違いが出てくるのです。

 

一般的には、RYT資格取得に必要な最低限の項目は、座学 ( ヨガの歴史・哲学・解剖学について )と、実技 ( ポーズ指導 ) に分かれています。

 

 

実技練習(Techniques Training/Practice):100 時間
一般的なア-サナの練習。

指導学(Teaching Methodology):25時間
インストラクターとしてクラスを持ったとき、どのように生徒をアジャストメント(ポーズの修正)をするかの勉強。

解剖学(Anatomy and Physiology):20時間
身体構造について学ぶ。

ヨガ哲学(Yoga Philosophy):30時間
ヨガの聖典と呼ばれる「バガヴァットギータ」「ヨガスートラ」について。

実習(Practicum):10時間

 

以上の最低限学ばなければならない時間と項目を、RYT養成スクールやスタジオで学びます。
取る資格の種類や流派によって違いもあるため、参考程度にしてください。

 

この基準は世界共通のため、日本でもアメリカでも、インドやバリでも大まかには同じです。

海外へのヨガ留学に興味のある方はこちらもチェックしてみてください。

 

 

 

インストラクター養成スクール卒業試験の内容と概要とは?

ヨガインストラクターの資格200を取得するには、ほとんどのヨガスクールでは最後に資格テストがあります。

内容は、実技試験筆記試験を実施しているところが多いでしょう。

 

RYT200の資格を取得するための勉強内容(カリキュラム)は、資格を発行している団体である全米ヨガアライアンスが規定を設定しているため、スクールによって大きくは変わりません。

ただ、実技を実施しない学校もありますし、どの分野に重視をしてテストを行うのかはスクールによっても変わってきます。

以下は、一般的な例として紹介していますので参考にしてください。

 

RYT実技試験の内容は?

養成講座のカリキュラムの中の、指導学にあたる部分の試験です。
実技で試験をされることが多いのは以下です。

 

 生徒にヨガのポーズの取り方を順序立てて伝えられるか、

✔ 正しい姿勢にするために安全な方法で調整(アジャスト)をしてあげられるか

 

 

デモクラスを行い、一緒に学んでいた生徒に、ポーズの調整(アライメント)をしてあげます。
それを先生がチェックして採点する場合が多いでしょう。

 

最初の挨拶から、シークエンスの組み方(目的に沿ったポーズの組み立て方)、そして最後の締めの言葉まで、全て模擬でデモンストレーションをします。

 

デモンストレーションする時間は、スクールによって様々です。

1時間のテストの時間で2人(30分ずつ)や4人(15分ずつ)などと分けて行うところもあります。

 

 

RYT筆記試験

解剖学とヨガ哲学の部分に当たる試験です。
試験の内容でたいてい聞かれることは以下です。

 

・ヨガとは何か
・ヨガの歴史
・ヨガ八支則
・チャクラとは
・チャンティング、ムードラー、バンダとは
・呼吸とは、ヨガ呼吸の種類と効果効用
・ヨガの一連のポーズ組み立てのし方
・ヨガのポーズの名前とその効果効用
・関節の動き、可動域

 

大まかには以上のような質問がされ、記述で書いていくようなテスト内容のことが多いです。

 

ヨガ哲学は苦手で、筆記試験が心配な方は、事前に「ヨガスートラ」を読んでおくことをおすすめします。
ヨガスートラは古典なため、授業でも退屈に感じ、難しいと思う方も多いかもしれません。

 

最も現代人に分かりやすい書き方で説明している内容の解説本がこちら。

 

 

 

分かりやすいけれど、少しだけ原書のような固い説明のし方を保ったものがこちらです。

 

 

 

筆記試験では、ヨガのそれぞれのポーズの注意点や、ポーズの効果、軽減法なども質問される場合が多いです。

ポーズのやり方だけでなく、効果効能などもしっかり勉強しておきましょう

学校を卒業した後でも、何度も見返すことができるポーズのやり方や細かい点などがわかる本もおすすめです。

 

 

 

 

解剖学やマタニティなど、学びたい項目別に分けたおすすめの本をまとめています。
興味があればぜひ参考にしてください。

 

 

 

筆記試験と実技試験の重要度の割合についても、スクールによって変わります。
筆記が〇%で実技が〇%という明確な決まりはありません。

 

 

しかし、アライメント(指導法)や、シークエンスの組み立て方を重視して試験する学校が多いようです。

ヨガの各ポーズの指導がきちんとできる講師でなければ、クラスを担当した時に生徒に怪我をさせる恐れがあり、危険だからです。

 

哲学やヨガについての基本知識など、テストに役立つ内容も少し紹介していますので参考にしてください。

 

 

卒業試験までにできないポーズがあったら?

ヨガのインストラクターになるために、RYT200の資格を取得する際、できないポーズ(ア-サナ)があっても重大な問題ではありません。

 

プロのヨガのインストラクターにも、できないポーズがたくさんあります。
人の体型や骨格はそれぞれ違います。

 

もともと、特定のポーズはできない体質かもしれません。
そのポーズができないのを理由に試験に落とされることは少ないでしょう。

 

 

RYT200取得や、インストラクターの重要なポイントは、「安全に、クラスを行えているか、生徒をサポートできているか」という点です。

 

初心者で身体が硬くても、安全なサポートの仕方と知識があれば、ヨガインストラクターになることは可能だと言えます。

 

 

もともと新体操やヨガ歴が長くて身体が柔らかいインストラクターよりも、これまで運動経験がなかったインストラクター等の方が、実は初心者の気持ちが理解できるため、安全なインストラクション(指導)ができる、とさえも考えられています。

ヨガのレッスン中に腰や脚を痛めてしまったという話はよく聞きます。

まずは、けがをさせないようなインストラクション、できない場合のポーズの軽減方法などをしっかり学ぶことが、試験合格と、よいインストラクターへの一歩です。

 

 

RYT200のテスト合格率、卒業率は?

RYT200の卒業試験の合格率は高いです。

しっかりと勉強をしていれば、落ちることは少ないです。

 

実技試験では、ヨガのポーズをチェックされるよりは、クラスの組み立て方や、インストラクションのし方、アジャストのし方を重視してチェックされます。

 

そのため、ポーズのやり方だけでなく、適切なインストラクションができるように「解剖学」をしっかり教えてくれるスクールがおすすめです。

 

 

模擬クラスをする場合は、緊張して失敗するかもしれません。

しかし失敗してもスクールの講師は、どこが改善すべき点かを教えてくれるでしょう。

再試験になってもリラックスして挑みましょう。

 

 

 

 

ポーズの完璧さより、サポートのし方と安全が重要

どんな資格も同様ですが、RYT200の資格を取得するためにも資格取得にはテスト試験がある学校がほとんどです

 

実技でクラスのデモンストレーションなどがあると、とても緊張をしてしまいます。

しかし、落ち着いて、生徒が安全にポーズを取れるようなクラスを心がけましょう。

 

ポーズのやり方だけでなく、哲学や解剖学をしっかり勉強して、試験に臨みましょう。

 

そのため、解剖学をしっかりと教えてくれるヨガインストラクター養成スクールを選ぶことは大切です。

各地のインストラクター養成スクールを比較してまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

海外で資格をとるのもおすすめ

ヨガインストラクターの資格RYT200は世界共通の国際資格です。
そもため、ヨガの聖地インドや、バリ、ハワイなどに短期ヨガ留学することもおすすめです。

 

本場のインドや、海外で、ライフスタイルからヨガを学べるからです。

海外でも、ヨガのレッスンやテストを日本語で受けられる学校もあります。

 

 

 

 

今回ブログで紹介した、ヨガ哲学の勉強になる本はこちらです。