ヨガインストラクターになるためにはRYT資格は必要?~資格の種類一覧とおすすめ~

ヨガインストラクターになるためにはRYT資格は必要?~資格の種類一覧とおすすめ~

ヨガインストラクターになりたいと思ったら、ヨガインストラクターの資格が必要なのでしょうか??

 

ヨガインストラクターとして働くには、ヨガスタジオに履歴書を送り、審査の模擬レッスンをして合格しなけらばなりません。

 

そのためには履歴書の時点で、資格を持っていた方が有利です。

 

どんな資格があるのか、ヨガインストラクターの資格の種類一覧と、おすすめの取るべき資格を紹介します。

 

 

インストラクターに資格は必要か?

 

ヨガインストラクターの求人には、インストラクターとしての経験年数を求めるスタジオは多いですが、資格保持を条件としているところはほとんどありません

 

しかし、これまでインストラクターの経験がなく、これから教えていきたいとお考えの方は、いずれか一つでも資格があった方がよいでしょう。

 

いくら身体が柔軟であっても、インストラクターとして生徒に教えるには、ポーズの修正(アジャストメント)の仕方やヨガ哲学なども知っておく必要があるからです。

 

また、ヨガインストラクターとして働くには、ヨガスタジオに履歴書を送り、審査の模擬レッスンをして合格しなけらばなりません。

 

そのためには履歴書の時点で、資格を持っていた方が有利です。

 

 

ヨガスタジオのインストラクターの資格取得率

 

各スタジオ、インストラクターのプロフィールページなどがありますので一度確認してみましょう。

どのスタジオのインストラクターも、何かの資格を持っていることがわかります。

 

ヨガインストラクターの資格は国家資格などではなく、民間の資格のため、資格を持っていなくても、本来はヨガを教えることが可能です。

つまり、経験とティーチングのスキルがあれば、ヨガインストラクターにはなれるのです。

 

 

しかし、やはりサービスとしてお客様に質のいいヨガのレッスンを提供するために、

書類審査の段階で、ヨガのインストラクター資格を持っていない方は、採用されないことが多く、どのヨガスタジオでも、インストラクターの資格保持者は100%に近い状態です。

 

 

ヨガの資格の種類

では、ヨガインストラクターの資格はどのようなものがあるのでしょうか。

 

世界共通の資格や、日本の資格など、ヨガのインストラクター資格には種類がたくさんあります。

 

現在インストラクターとして働いている講師は、以下のいずれかの資格を持っている人が多いです。

一覧をまとめていますので、参考にしてください。

 

RYT200(全米ヨガアライアンス認定資格)

 

全米ヨガアライアンス」とは、質の高いヨガインストラクターや教育者を養成することを目的に、

カリキュラム基準を定めたり、認定ヨガ指導者などの登録を行う非営利団体です。

 

世界でも知名度が高く、「全米ヨガアライアンス」認定のインストラクターは、日本国内だけでなく、世界各国で通用するスキルとして証明できる資格です。

 

 

一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

 

2011 年に設立された団体です。

AJYAライセンス 1 級または、準 1 級の修了により、全米ヨガアライアンス 200時間(RYT200)の取得が可能です。

 

 

社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)

2010 年に設立された団体です。

社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)は、美容・健康・ストレス解消を目的に、そしてインストラクターの技術向上をもって設立されたものです。

 

 

NPO法人 日本YOGA連盟

2001 年 9 月に内閣府から認証された全国組織の団体です。

国民の健康や福祉の増進に役立てる活動を目的として、ヨガの健全な普及と発展を目指した団体です。

 

 

ヨガインストラクターにはどの資格がおすすめ?

私が最もおすすめするヨガインストラクターの資格は、RYT200です。

 

全米ヨガアライアンス」というアメリカの非営利団体が発行している世界的なヨガ資格ですので、世界どこにいっても通用します。

 

現在ヨガインストラクターとして働いている講師の多くが、最初は他の資格を持っていても、RYT200を取り直す人が多いほど、認知度も人気も高い資格です。

 

およその数字ですが、都内のヨガスタジオで教えているインストラクターの役70%程度が、このRYTを取得しています。

 

まとめ

ヨガインストラクターの資格には、種類がたくさんあります。

インストラクターとして仕事をしたいのであれば、どれか一つは持っておくことをおすすめします。

スタジオに就職する際に、履歴書に資格をかけなければ、書類審査を通過する可能性が低いからです。

 

最もおすすめな資格はRYT200です。

世界的にも有名で、多くの知識を身に着けられます。

 

しかし、RYT200を取得するための費用は非常に高いですし、時間もかかります

私は、RYT200を取得するなら、海外(得にインド)の短期ヨガ留学をおすすめしています。

安く本場で学べるからです。

 

ぜひ興味があれば、こちらも参考にしてください。

 

 

【参考記事】

【インドヨガ留学ブログ】どれくらい身体が柔軟でヨガ経験があれば留学できる?

【インドでヨガ留学】インストラクター養成講座~授業内容と練習、食事や生活の安全面について~

【インドヨガ留学ブログ】短期で資格取得できるアシュラム生活のルール

【インドヨガ留学】南インド・ケララ州で無料のヨガ体験ができる場所

【代行不要】インドのオンラインビザ取得の申請~期間や費用、写真~

【ヨガ留学・旅行】インドビザのオンライン申請方法と注意点