男性も可能!ヨガインストラクター資格を取るならどこがおすすめ?

男性も可能!ヨガインストラクター資格を取るならどこがおすすめ?

ヨガの人気は今や女性だけでなく、男性にも広まっています。

男性可能のスタジオも増え、男性のインストラクター需要も増えています。

ヨガインストラクターは女性だけの仕事ではなく、男性も多くの方が資格スクールに通い、資格を取得しています

 

男性におすすめのヨガインストラクター養成コースをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

男性でもヨガインストラクターになれるの?

男性もヨガインストラクターになることが可能です。

ヨガは女性のイメージが強くついてしまいましたが、インドではもともと男性の先生がほとんどです。

フィットネス大国アメリカでも男性ヨギーは非常に多く、男女共にヨガを楽しんでいます。

日本でも、スポーツ選手やビジネスマンがヨガや瞑想を取り入れていることが話題になり、スポーツパフォーマンスや仕事の効率アップを目的としてヨガを始める男性が増えています。

 

男性可能なヨガスタジオや、企業の一つのアクティビティとして行う「企業ヨガ」なども増え、一般の男性にもヨガが広まってきているのです。

有名なヨガインストラクターには男性も数多くいます。

 

ヨガの種類にはたくさんの流派やスタイルがあり、女性に人気のリラックス系のものから、アシュタンガヨガなどのパワフルに動くタイプのヨガは男性にもおすすめです。

 

 

 

男性インストラクターは求人がある?仕事はあるの?

資格を取得しても、男性のインストラクターの需要はあるのでしょうか?

求人募集などを確認すると、ヨガのスタジオで女性限定スタジオ以外であれば、男性も応募が可能です。

もちろん、女性のインストラクター募集求人の方が未だ数は多い状態です。

しかし、男性インストラクターが少ない分、男性生徒も通うことができるスタジオでは、男性インストラクターが重宝されます

 

メンズヨガなどの男性限定クラスを開催するヨガスタジオもあるため、ぜひ一度様々なスタジオを見てみるといいでしょう。

 

 

男性ヨガインストラクターにおすすめのヨガ資格とは?

ヨガの資格の種類は、海外や日本にもたくさんあります。

その中でも最もおすすめの資格の種類は、「RYT200」です。

RYT200は、全米ヨガアライアンスというアメリカに本部を置くヨガの団体が発行する資格です。

ヨガインストラクターの質の基準を世界で一定に保つために、インストラクターの学ぶべきことなどの基本指針を定めています。

世界のどこに行っても通用する資格であり、現在世界70か国以上で使われる資格です。

 

男性におすすめのインストラクター養成スクール3選

ヨガインストラクターの資格「RYT200」が取得できるインストラクター養成スクールは多くあります。

料金はもちろん、どんな内容を学べるのか、他のスクールとの違いや特徴は様々です。

そこで、実際にヨガインストラクター資格保持者の筆者が、東京都内のおすすめのヨガインストラクター養成講座を

 

✔ 費用の安さ
✔ カリキュラム内容(学ぶ内容)
✔ 取得にかかる期間
✔ 就職サポート

などで比較しました。

値段だけでなく、あなたにとって一番通いやすい、そして通いたいと思うスクールを探しましょう。

 

 

おすすめNo.1★ LiLA YOGA Institute(リラヨガインスティチュート)

費用 448,000円
期間 約10ヶ月間
求人フォロー ・卒業後のコミュニティや割引が豊富
メリット
有名講師による授業
理学療法士の監修の解剖学
・食事方やアーユルヴェーダも学べる
・卒業後のサポートが豊富
・定員16名の少人数制
ウェブサイト リラヨガインスティチュート

 

ヨガのポーズはもちろん、哲学と解剖学も深く学びたい方に最もおすすめしたい本格的なスクールです。

 

ヨガの雑誌「ヨガジャーナル」でも有名な、日本を代表するヨガマスターの一人である乳井真介さんから直接指導を受けることができます。

講師が男性のため、男性受講者も気兼ねなく参加できます。

 

ヨガのポーズは70種類以上指導できるようにしっかりと知識を身に着けることができます。

さらに、ポーズだけでなく、アーユルヴェーダや食事法、呼吸法、ヨガ哲学をしっかりと教えてもらえることで、口コミで評判です。

 

さらに解剖学は、理学療法士が監修、様々なヨガの種類と流派を経験した乳井さんオリジナルの内容です。

臨床現場で使われている最新の知識を学ぶことが出来ます。

 

身体の動きに対して、どの骨や筋肉が使われているのかといった解剖学の知識は、ヨガインストラクターに重要です。

ヨガの動きの理解につながり、より的確で正しい指導ができる、質の高いインストラクターを目指すことができます。

 

 

資格取得をして卒業後も、独立講座や、本場のインドへのツアー、高齢者や障碍者へのヨガ指導の行い方を学べるサポートなども充実しており、スキルアップをずっとできるサポートがあります。

 

 

通常レッスンのスタジオもあるため、体験レッスン(1回2000円)を受けに行くのもおすすめです。

インストラクター講座は、随時説明会を行っています。
どんな雰囲気で学ぶことができるのか体感しに、ぜひ一度行ってみましょう。

 

 

 

ティーチャートレーニングコース体験会に行ってきました!

 

 

説明会情報とホームページ↓

 

 

 

yoga works(ヨガワークス)

費用  497,000円
期間 最短20日間(平日集中)
土日・平日夜集中
求人フォロー ・ヨガとピラティスのスタジオ100店舗展開あり、
採用に積極的
メリット  

アシュタンガ、アイアンガーなどを元にした伝統的なヨガ
・最先端の解剖学

・短期集中や週末コースなど通い方豊富
・全世界に通用する国際団体

住所 東京:銀座・五反田・三軒茶屋など各地
ウェブサイト 公式ホームページ

ヨガワークスは、1987 年にアメリカ・カリフォルニア州で生まれ、アメリカ最大級のヨガ団体です。

 

このスタジオが生み出したヨガの指導者を育成するための養成コースが、全米ヨガアライアンス認定「ヨガワークスティーチャートレーニング200 時間・500 時間」です。

現在は20カ国、50都市以上で開催される国際的なトレーニングプログラムです。

 

 

ヨガの雑誌「ヨガジャーナル」誌の表紙を飾るヨガの講師の30%は、ヨガワークス出身というほど、多くの世界的に有名なインストラクターが卒業しています。

現在全米で最も人気のインストラクター養成コースと言えます。

 

 

トレーニングの内容は、アシュタンガヨガと、解剖学に基づいたスタイルのアイアンガーヨガ哲学やアーユルヴェーダなどに基づいた伝統と最先端の両方を組み合わせたものです。

そのため、アシュタンガハタヨガはもちろん、伝統的なヨガの考え方や身体の使い方をしっかりと学べるコース内容です。

 

費用は、海外講師を招いての国際基準のレッスンなども受けられるにも関わらず、比較的格安です。(2か月以上前の申し込みで早割の割引なども受けられます)

 

通い方もスケジュールが多く、平日短期コースなら20日、忙しい方には週1回6か月通うコース、週末だけ2か月程度通うコースなど、仕事をしながら資格を取得できます。

 

 

また、インストラクター養成コースを行っているヨガワークスと連携した日本の企業は、東京都内にそれぞれたくさんの店舗を持つ、

ヨガプラス

ビクラムヨガ

ピラティススタイル

basiピラティス

など合計100店舗、訪問看護ステーション・リハビリデイサービスを20店舗展開しています。

 

コースを卒業したインストラクターの採用も積極的に行っているため、資格取得後も現場で学び続けながら、成長することができます。

割合は女性が多いですが、男性の方も参加をしています。

メイン講師に男性もおり、性別にかかわらないインストラクションを学べます。

 

都内では無料の体験会や説明会を多く開催しています。

ぜひ一度体験をしてみて、学校の雰囲気や講師の方を見に行ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

無料体験・説明会予約は公式HP↓

 

 

Under The Light(アンダーザライト)

 

費用  639,000円
期間 単位制のため人による
求人フォロー ・同スクール指導者への道もサポート
メリット  

・哲学、解剖学も重視
・質の高い講師陣
・単位取得期限なし

 

住所 東京都渋谷区代々木 1-53-4 奨学会館別館4階
ウェブサイト http://www.underthelight.jp/

 

年間1,200名以上の方にアンダーザライトのヨガインストラクター養成コースを受講しています。
RYT200保持者の3人に1人が当校の卒業生という程、多くの認定者を輩出。

 

単位の取得期限がないため、働きながら週末だけ通うなどのスタイルでムリなく資格取得が可能です。

ポーズだけでなく、解剖学にも重点をおいています。

ヨガインストラクターとしての基本知識を十分に学ぶことができると口コミでも評判です。

 

費用は、上記の基本料金に加えて課題図書の購入に2万円弱が必要です。

卒業生にはモデルや芸能人も多いことでも知られ、ヨガ雑誌などでも活躍している方を多く輩出しています。

 

 

RYT養成コースのメイン講師であるクランティ先生は、日本だけでなく各国でのインストラクター経験があり、著書も多い、経験豊富なインストラクターです。

 

<著書・DVD>

 

 

 

 

インターナショナルヨガセンター(IYC)

費用 399,600円
期間 週末コース 3か月
求人フォロー
メリット ・ケンハラクマ氏による講座
・少人数制(16名まで)
・費用が安い
ウェブサイト http://www.iyc.jp/news/event/ttc/p37979

 

アシュタンガヨガの創始者 シュリ・K・パタビジョイス氏より、日本人初のアシュタンガヨガ正式指導資格者として直接認定を受けたケン・ハラクマ 氏がメイン講師のRYT200インストラクター 養成講座。

 

講座の内容はアシュタンガヨガではなく、ハタヨガベースのため、運動量が多いのではないかという心配はありません。

ワークショップも随時開催しており、私自身参加したことがありますが、3割程度は常に男性もいます。

女性ばかりの中よりは、男性も数人いた方がいいという方にもおすすめです。

 

<ケンハラクマ氏の著書>

 

 

 

 

 

ヨギーインスティチュート(スタジオ・ヨギー)

費用 430,500円
※別途必須のワークショップあり
期間 3か月又は1年間
求人フォロー デビューサポート制度あり
・紹介制度あり
メリット
・全国のスタジオレンタルあり
・通常スタジオレッスンチケット割引
・スタジオや講座数が多い
「トライアルクラス」で実戦経験を積める
・ワークショップの数も多い
ウェブサイト スタジオヨギー

東京都内で人気のヨガスタジオ「スタジオ・ヨギー」の運営するヨガインストラクター養成スクール。

スタジオヨギーのインストラクターになるだけでも非常に倍率が高いと評判ですが、その中でも経験の豊富な一流インストラクターの講師の講座を受けることが可能です。

 

RYT200取得コース(430,500円)と、ヨギーインスティチュートが運営するヨギー・インスティテュート認定コース(455,556円)とがあり、ヨギー・インスティテュート認定コースを受けると、RYT200も同時に取得できます。

 

 

男性もスクールで資格を取得し、プロを目指そう!

 

他にも、各地に男性も受講が可能なヨガインストラクター養成コースは随時開かれています。

 

男性のインストラクターは現在、女性に比べて割合が少ないです。

そのためその分、男性可能なヨガスタジオでは男性のインストラクターが重宝もされます。

 

女性限定スタジオで開催しているるティーチャートレーニングコースもありますが、多くのスクールは男性も参加が可能です。

ぜひ一度、費用や雰囲気などをチェックしてみてください。