【ヨガと食事】運動の前後の食べる時間とタイミングは?ダイエットにおすすめのメニューとレシピ

【ヨガと食事】運動の前後の食べる時間とタイミングは?ダイエットにおすすめのメニューとレシピ

ダイエットや健康維持、ストレス解消や美容のためにヨガを行う人が増えてきました。

 

仕事の後にレッスンに行かれる方などは特に、ヨガのレッスン直前や直後に何を食べるか、迷うのではないでしょうか。

ヨガの前後の食事のタイミングやメニューは、どんなものがダイエットに効果的なのでしょうか?

 

・ヨガ前後の食事のタイミング

・食事の回数

・直前におすすめのおやつ

・ヨガ的メニュー

 

など、ヨガとダイエットにおすすめの食事法を紹介します。

 

ヨガの前後に食事をしてもいい?

一般的には、ヨガで身体を動かす運動の直前は空腹状態がよいとされています。

ヨガは逆転のポーズや、胴体をねじってお腹がよじれるようなポーズもあるからです。

 

また、ヨガを行った直後~2時間は、栄養の吸収率がよくなっていると言われます。

そのため、この2時間は「ゴールデンタイム」として、目的に合わせた食事法がおすすめです。

ダイエットをしたいのであれば、吸収率が高まっている2時間は食事を避けましょう。

たんぱく質を取ってしっかりと筋肉に変えて行きたいのであれば、ヨガの後の2時間に良質なたんぱく質の多いメニューを取りましょう。

 

 

効果的な食事の回数やタイミングは?


古代のヨガを行っていたグルジ(ヨガの創始者や著名な講師)は、食事の回数を減らし、最小限の栄養でヨガ的な生活を送っていました。

胃や消化器系に負担がかかる食事を避けて、瞑想に集中するためです。

 

しかし、現在のヨガスクールや講師などは、1日に3回、規則正しく必要な栄養素をバランスよく食べることを推奨しています。

アーユルヴェーダの知識も取り入れながら、できるだけ新鮮で季節の旬のものを、回数は1日3回摂取するのがよいとされています。

 

食事のタイミングは、ヨガを本格的に練習する方は、ヨガの練習と食事の間隔を意識しましょう。

早朝に日の出とともにヨガを行い、その後に朝食を取り

昼食前にまたヨガで身体を動かし、昼食

夕方に昼食が消化されたころにまたヨガを行い、夕食を取るサイクルが、多くのヨガスクールで実践されています。

 

消化しきれていない状態でヨガを行うことがないように、ヨガの練習の2~3時間前に食事を済ませるようにするのが、ベストなタイミングです。

 

ヨガ直前に間食するなら何がおすすめ?

しかし、どうしてもお腹が空いてしまってヨガに集中できそうにない時は、少しでも間食をした方が健康にもよいでしょう。
その場合は、消化しやすくエネルギーになりやすいものを選びましょう。

ヨガの直前にどうしても空腹で何かを食べたいときのおすすめのおやつ(間食してもよいもの)をいくつか紹介します。

デーツ

ドライフルーツ デーツ 無添加 砂糖不使用 1袋 1kg 種無し ナツメヤシ お徳用

ダイエット中の方の一番の味方ともいえるデーツ

インドのヨガの先生もおすすめしていたナチュラルなおやつです。

 

クレオパトラのおやつ、また聖母マリアが妊娠中にも食べていたとして有名です。

栄養価が非常に高く、中東、アラブ諸国ではメジャーな栄養源として大昔から食べられています。

 

甘くてエネルギー豊富なデーツは、小さくてもカロリーを短時間で摂取できるため、ヨガの前に数粒口に含むだけで元気になります。

 

日本では、オーガニック食品や自然食のお店で高く売られていたイメージがありましたが、近年は認知も広まったため、Amazonなどでも安くネット通販で売られています。

 

私はいつもアマゾンで業務用1kgを常備して買っています。

おすすめは4th Avenue さんのデーツ
とても粒が大きく、品質と味がいいです。

 

 

ダイエット中でも、甘いものをどうしても食べたいという方におすすめのおやつです。

 

デーツについてはこちらもチェック

 

 

ナッツ

お腹のもちと満足感があるのはナッツです。

ヨガでたくさん運動をした帰りや、仕事帰りのヨガの直前に、お腹が空いて揚げ物やスイーツを間食してしまっては、せっかくの運動も水の泡です。

家まで我慢するために、数粒口に入れるだけで空腹感はおさまります。

 

ローストされたり塩味や砂糖がついたものではなく、生のナッツをおすすめします。

栄養価、特にビタミンが豊富で味もローストされたものより濃厚です。

生に慣れてしまうと、加工されたナッツには戻れなくなります。

 

ヘーゼルナッツやカシューナッツは油分が多いため、一番のおすすめは手軽に手に入るアーモンドクルミです。

 

ナッツも、通常スーパーのおつまみコーナーや成城石井やKALDIなどのお店で買うととても高いです。

また、生はなかなか売っていないため、オンラインでの購入がおすすめです。

 

 

私は常にデーツとナッツをカバンの中に忍ばせています。

 

バナナ

ヨガの前にすぐにでも満腹感がほしいときはバナナがおすすめです。

エネルギーとしての速攻性もあり、消化によく胃に負担もかからないため、どうしてもヨガ前にお腹が空いて動けないという時にもよいおやつです。

 

海外では一本20円程度でどこにでも売っていますし、モデルさんのようなオシャレな方も、駅や路上でバナナをむしゃむしゃと食べているのを目にします。

しかし、日本でバナナをカバンから無造作に出してむしゃむしゃ食べるのは少し恥ずかしいですよね。。。。
でもヨガをする前の待合室やその帰りなど、勇気を出せば慣れてしまうものです。

その恥ずかしさが故にバナナよりも帰宅時にマクドナルドに寄るよりは心にも身体にもよいのです。

 

その他果物全般

果物は当分も含みますがそれはナチュラルなものですので、私はとっても重宝しています。
なかなか果物をカバンに忍ばせておいてレッスン前に食べるというのはバナナ以外は難しいかもしれません。

ご自宅で間食したい時などは、果物をおすすめします。

 

 

ダイエット中に控えるべきおやつ

コンビニに行けば、カロリーバーや、ダイエット非常食としてのナッツバーなどを手軽に購入することができます。

しかし個人的に、はこのような健康食品として作られたバーやクラッカーはおすすめしません。

 

手軽にカロリー補給ができますが、これらには砂糖や食品添加物などのナチュラルではないものが多く含まれているからです。

ヨガをする前にこのような食品を食べてしまうと、化学製品の分解にエネルギーをたくさん使ってしまいます。

ヨガでは、消化にエネルギーを使いすぎないように肉を控えるほど、身体と消化の関係性を重要視しています。

ヨガ直前に添加物などの消化分解にエネルギーを使わないように、できるだけナチュラルなものを選びましょう。

 

また、ドライフルーツも、砂糖がたくさんまぶされているもの、砂糖漬けにされたものは控えるようにしましょう。

果物は既に多くの糖分を含んでいます。

せっかくダイエットのためにヨガを始めても、その前後で糖分を取りすぎると、効果が減ってしまうでしょう。

ドライフルーツを購入する際は、砂糖不使用であるかどうかを確認するようにしましょう。

 

 

 

ヨガ後のおすすめメニューのレシピ

ヨガで運動をした後の食卓、せっかくの運動をより効果的にするような、インストラクターも実践しているおすすめレシピを紹介します。

 

たんぱく質豊富!フムス

地中海料理の一つであるフムスは、ひよこ豆をペースト状にした食べ物です。

豆のたんぱく質や食物繊維を豊富に含み、消化にもよくアレンジも豊富なため、世界で人気が高まっています。

日本ではまだあまり広まっていないフムスの作り方は非常に簡単です。

 

材料(3,4人前)

ひよこ豆水煮……250g

市販の練りごま(タヒニペースト)※なくてもOK ……大さじ2

オリーブオイル……大さじ3

にんにく……半かけ又はチューブ

レモン……半個

塩……小さじ1

煮汁or水……30cc

オリーブオイル……適量

クミン・パウダーやパプリカ、パセリなど飾り用でお好みに

 

 

作り方

全ての材料をフードプロセッサーかブレンダーに入れて、滑らかになるまで拡販する。

出来上がったら飾りを載せて、出来上がり!

 

 

消化と腹持ち抜群!アボカドスープ

良質な油分を適度に含み、腹持ちもいいアボカドも食卓に加えることで、満腹感が増えて食事量のコントロールやおやつを減らせる効果も期待できます。

フードプロセッサーやミキサーがあればこちらも簡単です。

 

材料(二人分)

アボカド1個
オリーブオイル少々
水200~300ml
塩小さじ1/4
豆乳(調整)200ml
塩コショウ少々

お好みで顆粒スープの素orコンソメ少々

 

作り方レシピ

①熟したアボカドと水、豆乳をフードプロセッサーやミキサーにいれ、液状にする。

②鍋に移して加熱。

③塩コショウや、必要であればお好みでコンソメなどで味付けをする。

④最後にオリーブオイルを少し廻しかけてできあがり。

 

 

これらの、簡単だけど栄養素も多く、たんぱく質豊富なレシピを食卓に1品取り入れてみるといいでしょう。

せっかく運動の前後の大事な食事。

しかしストイックになりすぎず、ダイエットやヨガを長期で続けられるように、食事も楽しみながら、しっかりと食べることをおすすめします。

 

 

ヨガ前後の食事の時間やメニューも気配りを

ヨガの前後の食事やタイミング、回数やレシピについて紹介しました。

運動の直前や直後の食事なできるだけ避け、2,3時間の間隔をとりましょう。

ヨガはできるだけ消化にエネルギーを使いすぎないように、そして動きやすいように、空腹な状態、空っぽな胃で行うようにしましょう。

食事の回数は、バランスよく3回がよいでしょう。

 

ヨガの前後にどうしてもお腹が空いて何か食べたいとき、間食にはデーツやナッツ、バナナがおすすめです。

せっかくヨガをするのであれば、内面からもきれいになりたいですよね。 一度デトックスと思い、口にするものをできるだけナチュラルなもの、化学製品を含まないものを選んでみるとよいでしょう。

 

ダイエット中なら、食卓には腹持ちするスープやたんぱく質が多いレシピを少し取り入れてみましょう。

ただ、それにあまりにストイックになってしまうのも危険信号です。

こころと身体に無理がないように、ストレスを感じすぎない程度に、ゆっくりと食生活を変えていってみるとよいかもしれません。