【ゴールデンベリー/インカベリー】の効果効能とおすすめ商品を徹底解説!

ゴールデンベリー・インカベリーの効果効能と妊娠中の注意食事と健康

ゴールデンベリーとは、「食用ほうずき」「インカベリー」とも呼ばれ、栄養価が高く、アンチエイジングや美容に効果的だとして人気のスーパーフードです。

ゴールデンベリーの

・栄養価や効果効能

・味と食べ方(レシピ)

・副作用(妊娠中の注意点)

・一日の摂取量やカロリー

・通販で安く買えるおすすめ商品

を紹介します。

【早めに読みたい方はこちらからジャンプ】

ゴールデンベリーの栄養素から読む

効果効能から読む

おすすめの商品から読む

 

ゴールデンベリーとは?

ゴールデンベリー

ゴールデンベリーとは、ポリフェノールなどの栄養価が非常に高く、アンチエイジングなどの美容やダイエットに効果的な「スーパーフード」として人気が高まってきた、南米の食用ほおずきの仲間です。

日本では、特にお盆の時期に飾りとして使うほうずきですが、南米では食用として生産します。

インカベリーとの違い

ペルーの景色

ゴールデンベリーは、ペルーを中心とする南米が原産国です。

インカ帝国で知られるペルーの「インカ」を取って、別名で「インカベリー」とも呼ばれます。

そのため、「インカベリー」と「ゴールデンベリー」は同じもので、違いはありありません。

南米のペルーは、他にもスーパーフードとして先に有名になった「キヌア」も原産国であり、スーパーフード大国として注目されていますね。

ゴールデンベリー(インカベリー)の栄養素

果物

ゴールデンベリーは、女性のアンチエイジングや美容、ダイエットに効果効能が高いとして注目されています。

主な栄養成分
・ビタミンA

・ビタミンB

・ビタミンC

・ビタミンP

・鉄分

・必須アミノ酸

・インシトール

 

ゴールデンベリー(インカベリー)の効果

健康的な女性
ゴールデンベリーは、ビタミンや食物繊維が豊富なため、たくさんの嬉しい効果が期待できます。

美肌・アンチエイジング効果

豊富なビタミン類はお肌の老化を防ぎます。

また、ゴールデンベリーに含まれるインシトールは、保湿効果が高いため、みずみずしい肌へ導くといわれています。

 

ダイエット・便秘解消効果

ゴールデンベリーには食物繊維が豊富に含まれるため、少し食べるとおなかのもちがいいです。

便秘の解消も期待できます。

スムージーなどに入れて飲むと、ダイエットにも効果的です。

 

貧血予防

不足しがちな鉄分も豊富に含むため、貧血防止にも効果的です。

特にダイエット中の方は、食事制限などにより貧血になりがちです。

数粒このゴールデンベリー(インカベリー)を食べるだけで、一日に必要な鉄分が摂取できます。

 

血液サラサラ・動脈硬化の予防

豊富に含まれるビタミンEとインシトールは、血液をサラサラにする効果があると言われています。

そのため高血圧の方にも好まれるおやつです。
 

コレステロールの低下

ゴールデンベリーに含まれるインシトールは、コレステロールの低下にも効果があると言われ、油の取りすぎや食生活の乱れがちな方にはおすすめです。

このように、ゴールデンベリー(インカベリー)は、ダイエットや美容効果で女性にも人気ですが、コレステロールなどが気になる男性にもおすすめです。
 

ゴールデンベリーの味はおいしい?

ゴールデンベリーは、トマトよりもベリーに近いですが、酸味が強く甘酸っぱい味です。

食物繊維が豊富な分、歯ごたえもあります。

商品によって少しだけ苦みが残っているものもありますが、野菜やトマトの酸味が苦手でない方は、ドライフルーツのようなおやつ感覚で、おいしく食べられます。
 

ゴールデンベリー(インカベリー)の食べ方

ドライフルーツのように、乾燥されたものが一番一般的です。

おやつ感覚でおいしくつまむことができます。

また、この乾燥されたものを一度ふやかして、オートミールやシリアルに入れてもいいですし、サラダのトッピング、ジャムにしたり、スムージーに入れてもおいしく食べられます。
 

副作用はある?

妊娠中の女性

ゴールデンベリー(インカベリー)は、ビタミンAが豊富に含まれています。

一般的に妊娠中の方は、ビタミンAを取りすぎると、赤ちゃんに影響を及ぼすため、ビタミンAの摂取しすぎには気をつけたほうが良いと言われています。

ゴールデンベリー(インカベリー)び含まれるビタミンAは、植物由来のβ―カロティンであり、妊娠中に食べても問題ないといわれていますが、気になるかたは医師などに相談してみるといいでしょう。

 

カロリーと一日の摂取量

ゴールデンベリーのカロリーは、100gあたり360kcalです。

ミルクチョコレートのカロリーは100gあたり558kcal

リンゴは100g換算で54kcalのカロリーです。

これと比較すると、ゴールデンベリー(インカベリー)のカロリーは、低くはないのが分かります。

栄養素が多く、栄養価が高い、コレステロールの低下を助けるというメリットがありますが、ドライフルーツは乾燥されて食べやすいため、食べすぎは控えましょう。

一日の目安摂取量は、20~40粒と言われています。

ゴールデンベリー(インカベリー)が買えるのはどこ?



ゴールデンベリー(インカベリー)は、一般的なスーパーではあまり売っていません。

輸入商品をたくさん扱う

KALDI(カルディ)
明治屋
成城石井

【TOMIZ(富澤商店)】

オーガライフ

などでは購入できます。

他には、無印良品店で売られているゴールデンベリーは、少量ですが、その分安いため、試しにおすすめです。

また、東京都内に住んでいる方は、オーガニック商品を扱う表参道のクレヨンハウスでも購入できるでしょう。

Costco(コストコ)でも販売されていますが、こちらはパイナップルフレーバーがついたものです。

ゴールデンベリー(インカベリー)は、通販で購入されることをおすすめします。

上で紹介したKALDIや成城石井に置いていないこともありますし、値段が安いためです。
 

ゴールデンベリー(インカベリー)のおすすめ商品

ゴールデンベリーには種類も多くありますが、無添加・無農薬のものがおすすめです。

また、ドライフルーツ同様、砂糖が使用されているものは避けて、できるだけそのまま乾燥されたナチュラルな商品がおすすめです。

通販では、無添加やオーガニック、フェアトレードなど、絞り込んで良質な商品を見つけることができるので便利ですね。

GoldenBerry ゴールデンベリー 有機JAS オーガニック

有機JAS認証のオーガニックゴールデンベリーです。

無添加、無農薬、 Non-GMOで安心。

ペルー・アンデス山脈の原住民によって一つ一つ手摘みされた後、日本国内でパック詰めされた商品です。

パッケージもオシャレでかわいいので、カバンにいれておやつにちょうどいいです。

 

LOHAStyle (ロハスタイル) ゴールデンベリー

メリカ・欧州・カナダでオーガニック認証取得のゴールデンベリーを使用した商品です。

契約農家からとれたゴールデンベリーのみ使用しています。

こちらもインカ(ペルー)からの商品を再度、日本国内で再選別して出荷しているため、品質も非常によくて安心です。

 

テラフェルティル社 ゴールデンベリー

コストコで売られているゴールデンベリー(インカベリー)。

アマゾンでも売られていました。

567gも入っているので、一番安いです。

パイナップルのフレーバーがついているので、一度試してみて、おいしかったら別の、ゴールデンベリー(インカベリー)だけの味を買ってみてもいいかもしれません。

 

サンフードのゴールデンベリー

アメリカのオーガニック栄養食品のブランド会社であるSunfood(サンフード)社の商品です。

日本でもコスメキッチンなどのオーガニックコスメを扱うお店では、サンフード社のスムージーなどが売られれています。

一度アメリカから日本に輸入する経路となるため、少しだけ値段が他と比べると安くはありません。

粒は大きくて味もいいゴールデンベリーです。

 

こちらのサイトでも、オーガニックでとてもおすすめなのですが、売り切れで待ちのこともあります。



 

ゴールデンベリーチョコレートやアーモンドミックスもおすすめ

ゴールデンベリーの少し酸味のある酸っぱい味が苦手だという方のために、チョコレートもおすすめです。

オレンジピールのチョコレートのようなさっぱりした味になり、大人の男性へのプレゼントなどにも喜ばれます。
 

まとめ




「ゴールデンベリー(インカベリー)」は、ダイエットや美容、コレストロール低下など、女性だけでなく男性にも嬉しい効果効能の多いスーパーフードです。

味もさっぱりとして甘すぎないため、食べやすく、おやつ感覚でもおすすめです。

ドライフルーツはカロリーが低くはないため、食べすぎには気をつけながら、健康と美容のために適量を食べましょう。

アマゾンやオーガニック食材のオンラインマーケットでは、やすく購入も可能です。



よくある質問

ゴールデンベリーとはどんな食べ物ですか?
A. ゴールデンベリーとは、ポリフェノールなどの栄養価が非常に高く、アンチエイジングなどの美容やダイエットに効果的な「スーパーフード」として人気が高まってきた、南米の食用ほおずきの仲間です。

 

ゴールデンベリーの栄養素は何ですか?
A. 主にビタミンが豊富です。ビタミンABCDP、鉄分、インシトールなどの栄養素を含んでいます。

 

ゴールデンベリー(インカベリー)の効果効能は何ですか?
A.アンチエイジング、便秘解消、貧血予防、コレステロールの低下などの効果が期待できます。

 

ゴールデンベリーはどんな味ですか?
A.トマトよりもベリーに近いですが、酸味が強く甘酸っぱい味です。

 

ゴールデンベリーのカロリーと一日の最適摂取量はどれくらいですか?
A.カロリーは、100gあたり360kcalです。一日の目安摂取量は、20~40粒です。

 

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました