【簡単】デーツのアレンジレシピ!シロップやおつまみがダイエット・糖質制限中におすすめ

デーツを使ったアレンジレシピ食事と健康

ダイエットや美容に効果が高いと言われる「デーツ」のアレンジレシピを紹介しています。

デーツは、ドライフルーツとしてはもちろん、シロップにして砂糖の代用として、お菓子作りや料理にも使われます。

低カロリーですが甘さが強いため、チョコレートバーや、あんこと煮る他に、チーズやナッツと合わせておつまみにも最適です。

栄養価の高いデーツの食べ方のおすすめレシピを紹介します。
 

デーツとは?

デーツとは、中東を原産国とするクレオパトラも愛したと言われるドライフルーツです。

日本では「ナツメヤシ」と呼ばれることもあります。

中東やアフリカでは日常食として取り入れられている果物で、ドバイ旅行のお土産としても人気です。

食物繊維や鉄分が非常に多く含まれ、女性の健康と美容、ダイエットに人気です。

デーツについて詳しくはこちら↓

【徹底比較】デーツの種類一覧!味の違いと特徴をおすすすめ商品と共に紹介!
デーツ(ナツメヤシ)の種類一覧と、おすすめの品種を紹介。種類によって味の違いや特徴があります。デーツの食べ方やカロリー栄養価やダイエットにいいと言われる理由を紹介しています。マジョール種は大きく、ディグレットは甘すぎないため初めての方にも食べやすいです。おすすめの安く購入できるお店、通販の商品も紹介します。

デーツを使ったスイーツのおすすめレシピ

デーツは、見た目が茶色で甘味が強いため、そのままでは食べにくいという方もいると思います。

デーツはシロップや砂糖がわりにしてお菓子や料理にも使えます。

デーツシロップの作り方

必要なもの(ジャム瓶1つ分)
・ドライデーツ:5〜6粒程度
・水:浸かる程度
デーツシロップのレシピ
  • STEP1
    お湯を沸かす
    お湯を沸かします。
     
  • STEP2
    ドライデーツを浸す
    鍋にドライデーツを入れて、デーツが浸るくらいにお湯を入れます。
     
  • STEP3
    ミキサーにかける
    デーツが柔らかくなったら、フードプロセッサーまたはミキサーにかけてペースト状にし、冷めたら出来上がりです。
     
デーツのシロップは、ホットケーキにかけたり、アイスにかけるシロップとしてももちろん、ヨーグルトに入れても美味しく食べることができます。

また、砂糖がわりになるため、日本食の料理にも使えます。

すき焼きや、肉じゃがなどの煮物にもシロップは使えます。

デーツクラウン
¥980(2020/09/25 09:40:14時点 Amazon調べ-詳細)
 

デーツチョコレートの作り方

デーツを使ったチョコレート

必要なもの
・デーツ:10個
・ローストアーモンド:10個
・ココアパウダー:適量
デーツチョコレートのレシピ
  • STEP1
    デーツを柔らかくする
    デーツを水に30分以上つけて柔らかくします。
     
  • STEP2
    アーモンドを砕く
    アーモンドを包丁で細かく刻み、フードプロセッサーでペースト状になるまで拡販します。
     
  • STEP3
    デーツのペーストを作る
    柔らかくなったデーツを、包丁でみじん切りにしてから、さらにフードプロセッサーでペースト状にします。
     
  • STEP4
    デーツとアーモンドを丸める
    ペースト状になったデーツとアーモンドを混ぜ、直径1.5cmくらいに丸める。
     
  • STEP5
    ココアをまぶす
    ココアパウダーをまぶして出来上がり!
     
 

デーツブラウニーバーの作り方

チョコレートバー

必要なもの
・デーツ:7粒
・くるみ: 1/2カップ
・ココア:1/4カップ
・塩:ひとつまみ
デーツブラウニーバーのレシピ
  • STEP1
    下準備
    くるみを一晩水につけておく。
     
  • STEP2
    シロップを作る
    デーツは細かく刻み、くるみの水気をしっかり切って全ての材料をフードプロセッサーに入れます。
     
  • STEP3
    冷やす
    拡販して細かくなったら、四角い形のタッパーやバットに入れて、冷蔵庫で冷やす。
     
  • STEP4
    ココアをまぶす
    固まったら細かく切って、お好みで飾りにココアをさらにふりかけて出来上がり!
     

お菓子づくりには、マジョール種のデーツがおすすめです。

 

デーツあんこの作り方

必要なもの
・小豆:1カップ
・デーツ:1カップ
・水:4カップ
デーツあんこのレシピ
  • STEP1
    下準備
    よく洗った小豆とたっぷりの水(分量外)を鍋に入れ、中火にかける。
    沸騰したらそのまま5分程煮て、ザルにあげる。
     
  • STEP2
    小豆を煮る
    鍋に小豆と新しい水3カップを入れて火にかける。
    沸騰したら弱火にして、小豆が柔らかくなるまで40〜60分ほど煮る。
     
  • STEP3
    デーツを加えてさらに煮る
    冷たい水1カップを足し、さらに煮る。
    小豆が柔らかくなったら、刻んだデーツを加える。
     
  • STEP4
    硬さを調整する
    小豆をヘラでつぶしながら水分を飛ばす。お好みの固さになったら火を止めて冷ましてできあがり。
     
大福やぜんざいはもちろん、そのままで食べてもおいしいです。

砂糖不使用のロースイーツ、ダイエット中におすすめです。
 

デーツを使ったおつまみのおすすめレシピ

デーツとチーズのおつまみ

デーツはおつまみとしてもおすすめです。

デーツとチーズ&ナッツのおつまみ

必要なもの
・デーツ:適量
・チーズ:適量
・くるみ:適量
デーツのおつまみのレシピ
  • STEP1
    デーツを切る
    デーツを縦半分に切ります。タネがある場合は、タネを取り除きます。
     
  • STEP2
    チーズをのせる
    デーツの穴の空いた部分に、チーズをのせます。
    青カビチーズやクリームチーズがおすすめです。
     
  • STEP3
    くるみをのせる
    適度な大きさにしたくるみをデーツとチーズの上にのせて出来上がりです。
     
 

アレンジ豊富のデーツをぜひ料理やスイーツレシピに使いましょう

砂糖の代用として使えるデーツは、糖質制限中にもおすすめです。

ここで紹介した食べ方以外にも、スムージーに入れたりと、レシピのバリエーションは豊富です。

ぜひローフード、ロースイーツを始めるきっかけに、美容や健康、ダイエットに効果的なデーツを、食生活に取り入れてみてください。

 

デーツは、カルディや成城石井でも売られています。

アマゾンなどの通販でも安く購入できます。

おすすめの品種やお店、安い買いかたをまとめていますので参考にしてください。

【徹底比較】デーツの種類一覧!味の違いと特徴をおすすすめ商品と共に紹介!
デーツ(ナツメヤシ)の種類一覧と、おすすめの品種を紹介。種類によって味の違いや特徴があります。デーツの食べ方やカロリー栄養価やダイエットにいいと言われる理由を紹介しています。マジョール種は大きく、ディグレットは甘すぎないため初めての方にも食べやすいです。おすすめの安く購入できるお店、通販の商品も紹介します。

 

 

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました