【デーツ】食べ方アレンジレシピ~ロースイーツ・ローフード、料理やスムージーにも~

【デーツ】食べ方アレンジレシピ~ロースイーツ・ローフード、料理やスムージーにも~

 

ダイエットや美容に非常に効果が高いと言われる「デーツ」

 

ドライフルーツとしてはもちろん、砂糖の代用として、お菓子作りや料理にも使われます。

 

そのまま食べるのは苦手という方には、ローフードやロースイーツとして、お菓子や料理に使うのがおすすめです。

 

栄養価の高いデーツの食べ方のアレンジを、スイーツや料理のおすすめレシピで紹介します。

 

デーツとは?

 

デーツとは、栄養価が高く美容や健康、そしてダイエットサポートにもなるため「スーパーフード」としても知られています。

 

 

中東やアフリカでは日常食として取り入れられている果物で、ドバイ旅行のお土産としても人気です。

食物繊維や鉄分が非常に多く含まれ、女性の健康と美容、ダイエットに人気です。

 

見た目が茶色で甘味が強いため、そのままでは食べにくいという方もいると思います。

砂糖の代わりとして、ぜひ栄養価の高いデーツを、日々の料理やお菓子に使ってみましょう。

 

 

 

簡単★スムージーに入れて甘みをプラス

 

ホウレンソウやニンジンなどの野菜を入れた際のスムージーに、苦みを消すために、はちみつなどを入れる方は、

その代用としてデーツがおすすめです。

 

自然な甘みがプラスされ、さらに砂糖よりもミネラルやビタミン、鉄分などの多くの栄養価を取ることができます。

 

 

ロースイーツに★デーツの砂糖不使用あんこ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ayaさん(@a_y_a_42)がシェアした投稿


あんこを炊く際に、砂糖の代わりに、デーツを入れて一緒に炊くと、「デーツあんこ」ができます。

 

もともと「デーツ」は、ねっとりとした羊羹のような甘さがあるため、和菓子にはピッタリな味です。

 

砂糖はできるだけ健康のために減らしたいという方にはおすすめです。

 

デーツあんこのレシピ

<材料>

・小豆:1カップ
・デーツ:1カップ
・水:4カップ

 

<作り方>

1.よく洗った小豆とたっぷりの水(分量外)を鍋に入れ、中火にかける。
沸騰したらそのまま5分程煮て、ザルにあげる。

2.鍋に小豆と新しい水3カップを入れて火にかける。
沸騰したら弱火にして、小豆が柔らかくなるまで40〜60分ほど煮る。

3.冷たい水1カップを足し、さらに煮る。
小豆が柔らかくなったら、刻んだデーツを加える。

4.小豆をヘラでつぶしながら水分を飛ばす。

お好みの固さになったら火を止めて冷ましてできあがり。

 

大福やぜんざいはもちろん、そのままで食べてもおいしいです。

砂糖不使用のロースイーツ、ダイエット中におすすめです。

 

 

ダイエットスイーツに★ デーツのチョコトリュフ

 

バレンタインなどの定番、トリュフチョコレートも、なんとデーツで砂糖不使用で作れちゃいます。

プレゼントにも、自分のご褒美にも最適です。

 

デーツチョコトリュフのレシピ

<材料>

デーツ:10個
ローストアーモンド:10個
ココアパウダー:適量

 

<作り方>

1.デーツを水に30分以上つけて柔らかくします。

2.アーモンドを包丁で細かく刻み、フードプロセッサーでペースト状になるまで拡販します。

3.柔らかくなったデーツを、包丁でみじん切りにしてから、さらにフードプロセッサーでペースト状にします。

4.ペースト状になったデーツとアーモンドを混ぜ、直径1.5cmくらいに丸める。

5.ココアパウダーをまぶして出来上がり!

 

ダイエット中にどうしてもチョコレートが食べたくなったら簡単にできるこのトリュフがおすすめです。

 

 

砂糖不使用デーツブラウニーのレシピ

 

<材料>

デーツ: 7粒
くるみ: 1/2カップ
ココア:1/4カップ
塩:ひとつまみ

 

<作り方>

1.くるみを一晩水につけておく

2.デーツは細かく刻み、くるみの水気をしっかり切って全ての材料をフードプロセッサーに入れます。

3.拡販して細かくなったら、四角い形のタッパーやバットに入れて、冷蔵庫で冷やす

4.固まったら細かく切って、お好みで飾りにココアをさらにふりかけて出来上がり!

 

焼かずにできる簡単ブラウニー。

ロースイーツでブラウニーまでできちゃうんですからおすすめです★

 

 

お菓子作りには、デーツの種類の中でも、果肉が厚く、甘味が強い「マジョール」種がおすすめです。

 

 

 

日本食の料理にも砂糖代わりとして

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

TABICONさん(@seislios_aqui)がシェアした投稿

肉じゃがや、すき焼き、カボチャの煮物など、甘味を使う日本食の煮物にはデーツが非常によく合います。

分量としては、

 

おおさじ1の砂糖=マジョール種のデーツ1粒

 

と考えて、刻んで入れて一緒に炊くといいです。

 

ダイエット中や糖分を控えたい方への食事におすすめの健康レシピです。

 

毎回デーツを刻むのが面倒という方には、シロップになったものも売られています。

 

既にシロップになっているので、はちみつ感覚で、料理はもちろん、飲み物のコーヒーや紅茶、パンケーキにかけたり、使いかたが広がります。

 

 

 

アレンジ豊富のデーツをぜひ料理やスイーツレシピに使いましょう

 

砂糖の代用として使えるデーツは、アレンジや、代用の方法が豊富です。

 

ぜひローフード、ロースイーツを始めるきっかけに、美容や健康、ダイエットのために、食生活に取り入れてみてください。

 

デーツは、カルディや成城石井でも売られていますが、アマゾンなどの通販で買った方が安いです。

おすすめの品種やお店、安い買いかたをまとめていますので参考にしてください。

 

【デーツの種類】おすすめ品種一覧と買い方~美容と健康のなつめやしの栄養素や味、アレンジのし方~