RYT500とは?資格の費用・期間・取得方法とおすすめのスクールを紹介!

ヨガマットの上で瞑想をしている男女2人ヨガインストラクター資格

RYT500とは、全米ヨガアライアンスが認定するRYT200の上級のインストラクター資格です。

取得の方法は資格スクールに通うなどして条件を満たす必要があり、経験も必要です。

・RYT500のヨガインストラクター資格を取得する費用
・取得にかかる期間
・資格の条件や学ぶ内容
・受ける場合に必要な経験と身体能力

などをまとめました。

RYT500とは?

エクササイズ用の姿で笑顔の女性3人

アメリカに本部を置くヨガの国際団体である「全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)」が主催するヨガ資格の一つです。

ヨガインストラクターの資格はたくさんありますが、現在RYT200が現在世界で広く知られ、多くのインストラクターが取得を目指しています。

このRYT200のステップアップした上級資格が「RYT500」といえます。

RYT200を取得した後に、プラス300時間(合計で500時間)のコースを修了しなければなりません。

300時間コースとの違いは何?

「300時間コース」というコースが、ヨガインストラクター養成スクールで行われていることがあります。

これはRYT200を修了した方向けに、追加で300時間を行ってRYT500の資格取得を目指したものです。

そのため、「RYT300」という資格は存在しません。

RYT200取得後に300時間のコースを取得することで、RYT500 の資格取得が可能となります。

RYT500資格の登録に必要な条件とは?

①RYT500の資格コースを修了する、又はRYT200修了後に+300時間のコースを修了する
※RYT200の資格コースと300時間のコースは別の学校でも構いません。

② RYS200 又は500認定校のコースを修了した後、最低100時間のティーチング経験(インストラクター経験)
※資格を登録時に経験が必要ですが、コースをスクールで受ける際は経験は必要ありません。

なぜ今RYT500が必要なの?

ヨガ呼吸法の種類と名前
RYT200は最近とても簡単に取得ができるようになりました

短期集中コースで数週間で詰込み型の資格取得コースも増えています。

そのため、インストラクターの質を保つことを目的に、全米ヨガアライアンスは、「資格取得できる基準や、スクールの規制を厳しくする新基準」を2019年6月に発表しました。

変更の大きなポイントは、「今後RYT200を発行するヨガインストラクター養成スクールには、必ずRYT500の資格を持ったインストラクターが、メイン講師とならなくてはならない」

ということです。

これまでRYT200の資格を発行するスクールは、RYT200の資格を持ったベテラン講師(ERYT200)であればよかったのですが、その基準が厳しくなりました。

つまり、より上級資格を持ったインストラクターのいる学校しか、RYT200の資格を発行できなくなるのです。(2022年以降予定)

大手のヨガスクールはRYT500保持者が既にインストラクターとして在籍しているケースも多く問題ないでしょう。

しかし、中小規模のインストラクター養成スクールで、RYT500の資格を持っているトレーナーがいない場合が多いのが現状です。

そのため、それらのスクールは、RYT500保持者を新たに雇うか、新たにRYT500のコースを取得しなければいけません。
そうでなければ、資格発行をし続けることができないのです。

現在RYT200保持者は多く日本にもいますが、RYT500の保持者はなんと日本に200名程しか存在しません。

つまり、今RYT500を取得しておけば、「インストラクター養成スクールが、ぜひ雇いたい人材」となることができます。

RYT500のメリットとデメリット

メリットデメリット
・シニア、キッズヨガ、マタニティヨガの知識も学ぶことができる(コースによる)
・上級資格として、他のインストラクターに差をつけることができる
就職しやすい(必要な人材となることができる)
・ヨガの知識を深めることができる
・費用が安くない
・短期集中コースは少なく、取得までに時間がかかる

RYT200は、短期で取得可能なコースや海外でのコースも増えています。
しかし、RYT500(追加300時間のコース)は、短期のコースが少ないのが現状で、通学コースが多いのが現状です。

そのため時間はかかりますが、増えているインストラクターと差をつけることもできるため、とてもおすすめの資格です。

資格取得に必要な費用と期間は?

インストラクター養成の学校によって、費用やかかる期間は様々です。
平均的な値段と時間を紹介しています。

費用の相場

RYT200の資格スクールは、短期や単位制のスクールもたいてい安くて30万円~50万円が相場です。

一方、RYT500の資格スクールは、60万~90万円が相場です。

期間

RYT500を取得するには、300時間の資格コースを受ける必要があります。

必要な期間は、通学で半年~1年程

300時間の資格コースは、開催しているスクールも限られており、短期集中コースを行っているところは少ないです。

より上級な資格として多くのことを学ぶため、じっくりと時間をかけて学ぶためです。

さらにRYT200 程多くの方が資格を取得しないため、申込状況によって開催日程を調整するスクールも多いため、注意が必要です。

コースの学習内容は?

ツイストのヨガポーズをする人
RYT200のコースは、
・基本ポーズのアジャストのやり方
・ヨガの呼吸法のインストラクション
・クラス構成の仕方
・哲学

など基本知識が主な学ぶ内容になります。

プラスの300時間では、より深くヨガスートラを学んだり、アドバンスのポーズにもチャレンジしたりすることができます。

内容はスクールによって様々です。

300時間の間で、シニアヨガ・マタニティヨガ・キッズヨガなどのコースを単位としてカウントすることができるスクールも多く、RYT500の資格取得過程で、他の様々なヨガ資格も付随して取得できる場合があります。
 

RYT500資格コース(300時間コース)を開催しているおすすめヨガスクール一覧

RYT500の資格が取れるコースを開催している学校はRYT200ほど多くありません。
おすすめのスクールを紹介します。

FIRSTSHIP(ファーストシップ)

FIRSTSHIPは、多くの有名ヨガインストラクターを輩出している大手のヨガスクールです。

FIRSTSHIP(ファーストシップ)

料金600,000円~800,000円 + 32,408円(ブリッジプログラム)
期間単位制+ブリッジプログラム3ヶ月
ウェブサイトhttps://www.firstship.net/

スクールは、東京・横浜・埼玉・福岡にあります。
RYT500コースもあるかどうか、事前に問い合わせして見ることをおすすめします。
 

 

YogaWorks(ヨガワークス)

ヨガワークスは、1987 年にアメリカ・カリフォルニア州で生まれ、アメリカ最大級のヨガ団体です。

海外のたくさんのヨガインストラクターが笑顔で笑う写真

料金565,000円(RYT500)
※他の学校でRYT200を取得した場合は+75,000円(ブリッジプログラム)
期間約5か月
ウェブサイトhttps://www.yoga-works.jp/

RYT200は随時開催されていますが、300時間のコースは、開催の場所や期間が限られるため、チェックしてみましょう。
 

 

Under The Light(アンダーザライト)

RYT200保持者の3人に1人がアンダーザライトの卒業生というほど、多くの認定者を輩出するスクールです。

アンダーザライトヨガスクールの講師陣

料金806,000円~926,000円
別途副読本の購入あり。
期間単位制のため個人による
ウェブサイトhttps://underthelight.jp/

住所

住所東京都渋谷区代々木1-53-4 奨学会館別館4階

JR代々木駅から徒歩2分のところにある奨学会館別館4階に入っています。

 

 

 

YMC(メディカルトレーナーズスクール)

YMCメディカルトレーナーズスクールは、ヨガのインストラクター養成スクールとして、国内最大級の学校です。

多くの芸能人や有名講師が卒業しています。

YMCヨガインストラクター養成コース

料金90万円程度
期間必修の短期集中+単位制
ウェブサイトhttps://ymcschool.jp/

スクールは新宿校・横浜校・梅田校・名古屋校・仙台校の全国6箇所あります。
RYT500コースが開催されているか確認してみましょう。

 

FLOW ARTS Yoga(フローアーツヨガ)

FLOW ARTS YOGAは、東京の中目黒・代官山近くのヨガスタジオです。

インド人の講師による講座で、本格的にヨガを習得できます。

難易度の高いとされるポーズなども、チャレンジできる環境です。

料金680,000円
期間14日間(300時間コース)
ウェブサイトhttp://flowartsyoga.com/

住所

住所東京都目黒区中目黒1-3-5 目黒プリンスコーポ 203

中目黒駅から代官山方面へ徒歩5分程度です。

 

AYA BODY ARCHITECTURE

Aya Body Architectureは、月々分割払いで通学ができる養成スクールです。

ヨガポーズを練習する女性

料金600,000円
期間3ヶ月程度
ウェブサイトhttps://www.aya-bodyarchitecture.net/school/index3tokyo.php

 

OMYOGA(オムヨガ)

OM YOGA(オムヨガ)は、OMYOGA独自の理論で、よりポーズを理解しやすくしています。

OMYOGA(オムヨガ)
※画像引用:https://omyogagroup.com/

料金問い合わせ
期間約3年
ウェブサイトhttps://omyogagroup.com/ryt500

 

インストラクター資格スクールのよくある質問

RYT500と300の違いは?
A. RYT200を取得した方が、プラス300時間のコースを受けることで、RYT500の資格が取得可能になります。
「RYT300」という資格はありません。

 

ブリッジプログラムとは何?
A. RYT200と500を取得するスクールを別のスクールにする場合のプログラムです。
必ずRYT200を取得したスクールで、その後も勉強しなければならないという決まりはありません。

 

資格取得にかかる費用と期間は?
A. スクールによって費用と期間が変わります。
RYT500に短期コースは少なく、比較的半年程度時間がかかる学校が多いです。

 

 

インストラクターを極めたいならRYT500はおすすめ

ヨガのポーズをする男女2人

RYT500は、RYT200の上位資格として認知も高く、レベルアップしたいヨガインストラクターにおすすめです。

また、2019年6月に全米ヨガアライアンスは方針として、RYT200を発行できるスクール(RYS)には、必ずRYT500 の資格を持ったインストラクター(厳密にはさらに経験を積んだE-RYT500)の講師がスクールに所属していることを義務付けました。

今後、RYT500の資格は、もっと必要とされる上級資格と言えるでしょう。

「マタニティヨガ」「ベビーヨガ」「シニアヨガ」などの資格も付随として取得することもできるスクールもあります。

一度調べて、スクールを比較してみることをおすすめします。

2019年現在、RYT200の登録(コース修了でなくアライアンスの会員)インストラクターは日本に約1,500人

RYT500の登録インストラクターは、198人です。

・パトリック Oancia さん(Yoga Jaya 代官山)
・サントーシマ かおりさん
・綿本彰さん(日本瞑想協会会長)
・Kranti さん(アンダーザライトヨガ講師)
・坂東イッキさん(ヴァイクンタヨガ創始者)
・パドミニさん(FLOW ARTS YOGA 主宰)
・マック久美子さん(ビーヨガジャパン設立者)

など、日本でもとても有名な先生たちが資格を取得されています。

 

 

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました