RYT500とはどんな資格?費用・取得方法・期間とは

RYT500とはどんな資格?費用・取得方法・期間とは

RYT500とは、全米ヨガアライアンスが認定するRYT200の上級のインストラクター資格です。

取得の方法は資格スクールに通うなどして条件を満たす必要があり、経験も必要です。

 

・RYT500のヨガインストラクター資格を取得する費用
・取得にかかる期間
・資格の条件や学ぶ内容
・受ける場合に必要な経験と身体能力

などをまとめました。

RYT500とは?

エクササイズ用の姿で笑顔の女性3人

アメリカに本部を置くヨガの国際団体である「全米ヨガアライアンス」が主催するヨガ資格の一つです。

ヨガインストラクターの資格はたくさんありますが、RYT200が現在世界で広く知られ、多くのインストラクターが取得を目指しています。

このRYT200のステップアップした上級資格が「RYT500」といえます。

RYT200を取得した後に、プラス300時間(合計で500時間)のコースを修了しなければなりません。

 

300時間コースとの違いは何?

「300時間コース」というコースがヨガインストラクター養成スクールで行われていることがありますが、これはRYT200を修了した方向けに、追加で300時間を行ってRYT500の資格取得を目指したものです。

 

そのため、「RYT300」という資格は存在しません。

RYT200取得後に300時間のコースを取得することで、RYT500 の資格取得が可能となります。

RYT500資格の登録に必要な条件とは?

①RYT500の資格コースを修了する、又はRYT200修了後に+300時間のコースを修了する
※RYT200の資格コースと300時間のコースは別の学校でも構いません。

② RYS200 又は500認定校のコースを修了した後、最低100時間のティーチング経験(インストラクター経験)
※資格を登録時に経験が必要ですが、コースをスクールで受ける際は経験は必要ありません。

 

 

資格取得に必要な費用と期間は?

■費用の相場

RYT200の資格スクールは、短期や単位制のスクールもたいてい安くて30万円~50万円が相場です。

RYT500の資格スクールは、60万~90万円が相場です

■期間

RYT500を取得するには、300の資格コースを受ける必要があります。

必要な期間は通学で半年~1年程

300の資格コースは、開催しているスクールも限られており、短期集中コースを行っているところは少ないです。

より上級な資格として多くのことを学ぶため、じっくりと時間をかけて学ぶためです。
さらにRYT200 程多くの方が資格を取得しないため、申込状況によって開催日程を調整するスクールも多いようです。

RYT500資格コースの学習内容は?

ヨガのポーズで呼吸を練習する女性

RYT200のコースは基本ポーズのアジャストやヨガの呼吸法、哲学など基本知識が主になります。

プラスの300時間ではより深くヨガスートラを学んだり、アドバンスのポーズにもチャレンジしたりすることができます。

内容はスクールによって様々です。

300時間の間で、シニアヨガ・マタニティヨガ・キッズヨガなどのコースを単位としてカウントすることができるスクールも多く、RYT500の資格取得過程で、他の様々なヨガ資格も付随して取得できる場合があります。

 

RYT500に必要な経験と身体能力

コース修了と資格登録の違い

RYT500のコース又はRYT200+300時間のコースを修了すると、RYT500に登録コース修了として履歴書に記載ができます。

RYT500の資格に登録をする(全米ヨガアライアンス認定のRYT500講師になる)には、ヨガアライアンスのホームページから、登録の申請をしなければなりません。

登録するには条件があり、RYT500のコース又はRYT200+300時間のコースを修了後に「100時間」のインストラクター経験が必要です。

また、アライアンスに登録するには年会費($65)と登録料(初年のみ$50)が必要です。

 

その他の必要な経験や身体能力は特にありません。

RYT200同様、インストラクターとして安全に指導できる知識が非常に重要です。

 

どんな人がRYT500資格を持っているのか?

2019年現在、RYT200の登録(コース修了でなくアライアンスの会員)インストラクターは日本に約1,500人

RYT500の登録インストラクターは、198人です。

・パトリック Oancia さん(Yoga Jaya 代官山)
・サントーシマ かおりさん
・綿本彰さん(日本瞑想協会会長)
・Kranti さん(アンダーザライトヨガ講師)
・坂東イッキさん(ヴァイクンタヨガ創始者)
・パドミニさん(FLOW ARTS YOGA 主宰)
・マック久美子さん(ビーヨガジャパン設立者)

など、日本でもとても有名な先生たちが資格を取得されています。

 

 

インストラクターを極めたいならRYT500はおすすめ

ヨガのポーズをする男女2人

RYT500は、RYT200の上位資格として認知も高く、レベルアップしたいヨガインストラクターにおすすめです。

また、2019年6月に全米ヨガアライアンスは方針として、RYT200を発行できるスクール(RYS)には、必ずRYT500 の資格を持ったインストラクター(厳密にはさらに経験を積んだE-RYT500)の講師がスクールに所属していることを義務付けました。

今後、RYT500の資格は、もっと必要とされる上級資格と言えるでしょう。

「マタニティヨガ」「ベビーヨガ」「シニアヨガ」などの資格も付随として取得することもできるスクールもあります。

一度調べて、スクールを比較してみることをおすすめします。