戦士のポーズの意味と由来とは?神話から見るヨガポーズのやり方のコツ

戦士のポーズの意味と由来とは?神話から見るヨガポーズのやり方のコツ

ヨガの戦士のポーズ(英雄のポーズ)の由来を紹介しています。

ヨガのポーズはとても多くありますが、神話に基づく名前の由来や、歴史を知ることで、ヨガの哲学などについても学ぶことができます。

ポーズの形が動物に似ているため名付けられることも多いヨガのポーズ名ですが、代表的なポーズである「戦士のポーズ/英雄のポーズ」は、神話に由来するポーズです。

戦士のポーズ(ウォーリアポーズ/ヴィラバドラーサナ)とは

 

ヨガの戦士のポーズは、英語でWarrior Pose(ウォーリアポーズ)、サンスクリット語でヴィラヴァドラーサナと呼ばれます。

英雄のポーズと呼ばれることもあり、勇敢でたくましいダイナミックなポーズです。

 

どの呼び方も非常に有名で一般的になるほど、ヨガの基本のポーズです。
初心者でも練習しやすく、1~3までのバリエーションがあります。

 

戦士のポーズ名前の由来

 

戦士のポーズは、ポーズの形からではなく、神話に基づいてつけられた名前です。

戦士のポーズはなんと、シヴァの髪の毛から作った戦士に由来しています。

 

由来となった神話のストーリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sυииy💞(@the.curious.monk)がシェアした投稿

※サティとシヴァ↑

ヨガの祖とされるシヴァ神は、彼の最初の妻「サティ」に出会います。
二人は恋に落ちましたが、サティの父親(ダクシャ仙)は二人の結婚に反対します。

 

そしてサティが別の男性を見つけられるように、たくさんの男性を招いてパーティーを開催します。

このパーティーにシヴァは招待されませんでした。

それに怒ったサティは、怒りのあまり炎となり、燃えてしまいます。

 

悲しんだシヴァは、愛するサティへの悲しみと、彼女を死に追いやったサティの父への怒りで、髪の毛で兵士を作り、サティの父に敵を討ちます。

 

この髪の毛の兵士が、戦士のポーズ1~3です。
愛する妻のために戦う戦士のような雄大なポーズなのです。

 

その後のストーリー

このシヴァの化身である戦士によって、サティの父親は死んでしまいます。
しかし、その後になんと、サティは生き返ってしまいます。

生き返ってから自分の父親が死んだことに悲しみます。

その悲しむ姿を見たシヴァは、サティの父親を生き返らせますが、頭が見つからずに山羊の頭を代わりにつけたと言われています。

神話ですので、なかなか理解できない部分も多いですが、、、ポーズの由来となったストーリーです。

戦士のポーズ1(ウォーリアポーズ/ヴィラヴァドラーサナ1)

戦士のポーズ1

戦士のポーズ1の効果

戦士のポーズ1は、下半身の強化やふくらはぎのストレッチ効果が期待できます。

やり方の動画

戦士のポーズ1は、ハイランジのポーズとも似ています。
しかし、ハイランジのポーズは後ろの脚は踵を上げて、腿裏でもしっかりと体重をささえます。
後ろ足のつま先の向きは正面です。

一方、戦士のポーズ1は、後ろ足の踵はできるだけマットにつけて、つま先の向きは30度程外側に向けます。

できない場合のポイント

写真のように背中は剃りすぎなくても構いません。

骨盤の向きは左右を正面に向けて、後ろ足の踵は浮いて構いません。

左右の足の幅を横に広く広げると、ポーズが取りやすくなります。

 

戦士のポーズ2(ウォーリアポーズ/ヴィラヴァドラーサナ2)

ヨガの戦士のポーズ2

戦士のポーズ2効果

下半身の強化や、骨盤の歪みを改善し、体幹を鍛えることができると言われています。

やり方の動画

骨盤の向きは、マットの長い方に向けます。

後ろに引いている脚の方の骨盤が、前を向きやすいので注意です。

できない場合のコツ

脚の幅を大きく開くと、踏み込みやすくなります。

腰が剃らないように、尾骨を床に見せるように、お尻の下に直しこみましょう。
両腕を上げたときに肩に力が入りすぎないように、肩甲骨はお尻の方に滑り下ろします。

戦士のポーズ3(ウォーリアポーズ/ヴィラヴァドラーサナ3)

戦士のポーズ3

戦士のポーズ3の効果

戦士のポーズ3は、片足で立ってバランスを取るため、全身のバランス感覚、体幹強化などの効果があります。

さらに脚を後ろに挙げてマットと並行に保つために、身体の背面の強さも備わります。

 

やり方の動画

できない場合のコツ

片足でバランスが取りにくい場合は、軸足の膝は少し曲げても構いません。

手は前に伸ばしても体側でもどちらでもよいです。

後ろに伸ばしているつま先の向きは床にして、左右の骨盤の向きが床に並行になるように気を付けます。

バランスがどうしても取れない場合は、手は地面や壁を軽く触っていても構いません。

 

名前の由来を知ると、よりポーズの理解が深まる

 

それぞれのヨガのポーズには、由来があります

形が動物に似ていることが理由のものも多いですが、ヨガの神話に基づくものは、歴史背景を知ることで、ポーズの構え方や考え方が少し変わってくるでしょう。

 

たとえば、今回紹介した戦士のポーズは、怒りと悲しみに満ちたシヴァから生まれた戦士です

仇を打つために勇敢な姿であるはずです。

両足は大きく開き、堂々としたポーズで構えてみましょう。

 

ヨガはポーズのやり方だけ練習するのではなく、哲学や歴史を学ぶことで、ポーズも深まります。

ぜひヨガをより深く学んでみたいと思ったら、ポーズの由来も調べてみてくださいね!

 

ヨガ哲学におすすめの本↓