RYT500は必要?資格取得のメリットとデメリットとは

RYT500は必要?資格取得のメリットとデメリットとは

ヨガインストラクターの上級資格RYT500は、今後独立や教育者になりたい方には取得がおすすめです。

費用や期間がかかるため、メリットとデメリットがあります。

しかし、簡単に取得ができるようになったRYT200保持者が非常に増えている中で、シニアヨガやマタニティヨガの知識も学べるRYT500は今後のキャリアに非常に有利です。

また、実際にヨガアライアンスの新規定により、よりRYT500 の必要性は高まっています

 

RYT500の資格は必要?

ヨガマットの上で瞑想をしている男女2人

ヨガインストラクターになるために、まず全米ヨガアライアンスのRYT200の資格取得を目指す方が多いでしょう。

しかし、RYT200の保持者は世界でも増えています。
また、比較的短期間で、簡単に取れるようになりました。

他のRYT200保持者と差をつけ、知識を深めるためには、RYT500の資格はとても有効です。

特にインストラクターとして将来独立したい方などは、RYT500の取得はおすすめです。

 

RYT500とはどんな資格?

アメリカに本部を置くヨガの国際団体である「全米ヨガアライアンス」が主催するヨガ資格の一つです。

ヨガインストラクターの資格はたくさんありますが、RYT200が現在世界で広く知られ、多くのインストラクターが取得を目指しています。

このRYT200のステップアップした上級資格が「RYT500」といえます。

RYT200を取得した後に、プラス300時間(合計で500時間)のコースを修了しなければなりません。

 

 

 

RYT200だけでは不十分?

ヨガをする女性

RYT200は最近とても簡単に取得ができるようになりました

短期集中コースで数週間で詰込み型の資格取得コースが増えています。

これらのコースはもちろん、全米ヨガアライアンスが定めている「学ばなければならない最低限度」は満たしています。
しかし、知識や経験が浅いまま、資格を取得しているインストラクターが増えてしまっている現状があります。

 

そのため、インストラクターの質を保つことを目的に、全米ヨガアライアンスは、「資格取得できる基準や、スクールの規制を厳しくする新基準」を2019年6月に発表しました。

 

 

RYT500資格保持者は今後優遇されます

ヨガインストラクターの女性3人

全米ヨガアライアンスが公表した新しい基準で、最も注目したいポイントが、

「今後RYT200を発行するヨガインストラクター養成スクールには、必ずRYT500の資格を持ったインストラクターが、メイン講師とならなくてはならない」

ということです。

 

これまでRYT200の資格を発行するスクールは、RYT200の資格を持ったベテラン講師(ERYT200)であればよかったのですが、その基準が厳しくなりました。

 

つまり、より上級資格を持ったインストラクターのいる学校しか、RYT200の資格を発行できなくなるのです。

 

大手のヨガスクールはRYT500保持者が既にインストラクターとして在籍しているケースも多く問題ないでしょう。
しかし、中小規模のインストラクター養成スクールで、RYT500の資格を持っているトレーナーがいない場合が多いのが現状です。
そのため、それらのスクールは、RYT500保持者を新たに雇うか、新たにRYT500のコースを取得しなければいけません。
そうでなければ、資格発行をし続けることができないのです。(2022年以降予定)

 

現在RYT200保持者は多く日本にもいますが、RYT500の保持者はなんと日本に200名程しか存在しません。
つまり、今RYT500を取得しておけば、「インストラクター養成スクールが、ぜひ雇いたい人材」となることができます。

 

RYT500のメリットとデメリットは?

 

メリット

・ヨガの知識を深めることができる
・シニアやキッズヨガ、マタニティヨガの知識も学ぶことができる(コースによる)
・RYT200の上級資格として、多くのインストラクターに差をつけることができる
・インストラクター養成スクールに就職しやすい(必要な人材となることができる)

 

RYT500は、RYT200の上級資格として、より幅広くそして深くヨガを学ぶことができます。
RYT500を取得するまでのコースには、スクールによっては同時に「マタニティヨガ」「シニアヨガ」などの資格も同時に取得できるところも多く、よりインストラクターとしてステップアップが可能です。

 

そして今後の大きなメリットとしては、全米ヨガアライアンスの新しい資格発行基準により、「ヨガインストラクター養成スクールが、RYT500資格所持者を雇わなければならない」状況になるため、需要が急激に高まる可能性が高いです。

 

 

デメリット

・RYT500取得の費用がかかる
・取得までの期間がかかる

RYT500を取得するためには、RYT500の取得コースを受講するか、RYT200 取得後に、さらに追加で300時間のコースを受講することが必要です。

RYT200 の取得コースは開催回数も多く、費用も比較的安く取得できるスクールもあります。

しかしRYT500コースや300時間コースを開催しているスクールがそもそも少なく、さらに費用は60万円~80万円程が相場です。

RYT500保持者の需要は高まっており、資格取得のためにかけた自己投資の金額は回収できる可能性が高くはありますが、初期投資としては大きな金額です。

 

 

 

独立やインストラクター育成を希望するなら取得がおすすめ

ヨガのポーズで呼吸を練習する女性

RYT200の資格取得は、インストラクターに必ずしも必要ではありませんが、非常に多くの方が登竜門として取得をしています。

とても多くの方がRYT200資格を取得している中、もしあなたが今後ヨガインストラクターとして独立しないなら、上級資格であるRYT500 の取得はおすすめです。

多くの知識を深めることができ、その証明の資格を取得することで他のインストラクターに差をつけることも可能でしょう。

また、将来的にインストラクター育成の側に教育者として活躍したい場合は、よりRYT500 の資格保持はおすすめです。

今後RYT500 を保持しているインストラクターが、主力でRYT200 の発行を行うことになるためです。

しかし、RYT500 資格取得には費用と時間もかかります。

早めにRYT500 が取得できるコースの開催スケジュールなどをチェックして、検討することをおすすめします。