RYT500が取得できるヨガインストラクター養成スクール

RYT500が取得できるヨガインストラクター養成スクール

東京でRYT500のヨガインストラクター資格を取得できるスクールをまとめました。

費用や資格取得にかかる期間、300時間コースの内容などもまとめました。

 

RYT200のステップアップとなるRYT500 の資格は、内容によっては付随する資格にもスクールによって違いがあります。

多くのスクールを比較してきめることをおすすめします。

 

RYT500 とは?

ヨガをする女性

RYT500は、アメリカに本部を置くヨガの国際団体である「全米ヨガアライアンス」が主催するヨガ資格の一つです。

ヨガインストラクターの資格はたくさんありますが、RYT200が現在世界で広く知られ、多くのインストラクターが取得を目指しています。

このRYT200のステップアップした上級資格が「RYT500」といえます。

RYT200を取得した後に、プラス300時間(合計で500時間)のコースを修了しなければなりません。

 

300時間コースとの違いは何?

「300時間コース」というコースがヨガインストラクター養成スクールで行われていることがありますが、これはRYT200を修了した方向けに、追加で300時間を行ってRYT500の資格取得を目指したものです。

 

そのため、「RYT300」という資格は存在しません。

RYT200取得後に300時間のコースを取得することで、RYT500 の資格取得が可能となります。

RYT200の資格を先に取得していた場合は、残りの300時間を他の学校で受けてRYT500を取得することも可能です
その場合は、「ブリッジプログラム」という名前で他の学校との授業内容の補填を行うこともあります。

 

全米ヨガアライアンスは2019年の6月に新しい基準を設けました。

RYT200の資格を持つインストラクターの質を保つために、資格発行ができるインストラクター育成のスクールには、必ずRYT500の資格を持った講師が必要との方針を出したのです。

今後、RYT500の需要はさらに高まります。

 

 

 

RYT500資格の登録に必要な条件とは?

エクササイズ用の姿で笑顔の女性3人

①RYT500の資格コースを修了する、又はRYT200修了後に+300時間のコースを修了する

※RYT200の資格コースと300時間のコースは別の学校でも構いません。

 

② RYS200 又は500認定校のコースを修了した後、最低100時間のティーチング経験(インストラクター経験)

※資格を登録時に経験が必要ですが、コースをスクールで受ける際は経験は必要ありません。

 

 

 

RYT500資格コース(300時間コース)を開催しているヨガスクール一覧

YogaWorks(ヨガワークス)

料金 565,000円(RYT500)
※他の学校でRYT200を取得した場合は+75,000円(ブリッジプログラム)
期間 約5か月
ウェブサイト ヨガワークス

 

 

Under The Light(アンダーザライト)

料金 806,000円~926,000円
別途副読本の購入あり。
期間 単位制のため個人による
ウェブサイト ヨガ資格取得ならアンダーザライト ヨガスクール(週末コース申込受付中)

 

 

FIRSTSHIP(ファーストシップ)

料金 600,000円~800,000円 + 32,408円(ブリッジプログラム)
期間 単位制+ブリッジプログラム3ヶ月
ウェブサイト https://www.firstship.net/academy/lic/ryt500

 

YMC(メディカルトレーナーズスクール)

料金 90万円程度
期間 必修の短期集中+単位制
ウェブサイト YMCメディカルトレーナーズスクール

 

FLOW ARTS Yoga(フローアーツヨガ)

料金 680,000円
期間 14日間(300時間コース)
ウェブサイト http://flowartsyoga.com/

 

AYA BODY ARCHITECTURE

料金 600,000円
期間 3ヶ月程度
ウェブサイト https://www.aya-bodyarchitecture.net/school/index3tokyo.php

 

OMYOGA(オムヨガ)

料金 問い合わせ
期間 約3年
ウェブサイト https://omyogagroup.com/ryt500

 

 

RYT500資格(300時間コース)は内容や費用を比較しましょう。

ヨガマットの上で瞑想をしている男女2人

ヨガのRYT500資格は、RYT200の上位資格です。

今後、他のインストラクターとの差をつけることもでき、さらにステップアップができる資格です。

しかし、費用やかかる期間、そして付随して取れる資格の種類は、スクールによって違います

 

ぜひ色々なスクールを比較して、安さだけでなく、学びたいことが学べ、ステップアップとなる養成スクールを選ぶことをおすすめします。