【ヨガで肌荒れ】ヨガの後でニキビや吹き出物ができる理由と対処方法

【ヨガで肌荒れ】ヨガの後でニキビや吹き出物ができる理由と対処方法

ヨガを始めた後に、肌荒れ(ニキビや吹き出物)が増えたという悩みを聞くことがあります。

 

ヨガは本来、ダイエットはもちろん、美容やアンチエイジングにいいと人気のはずです。

それではなぜ、吹き出物やニキビができてしまうことがあるのでしょうか。

 

考えられるその原因と対処方法について、現役インストラクターが紹介します。

 

ヨガの後に肌荒れする原因はなぜ?

肌荒れの原因① 汗

ヨガの後の肌荒れで、最も考えられる原因は、汗です。

 

ホットヨガはスタジオにシャワーがついているためすぐに汗を流すことができますが、常温ヨガのスタジオはたいていシャワーがありません。

そのためヨガをして汗をかいた後、そのまま一日を過ごすことがあるためです。

 

アセモの原因となったり、汗腺の詰まりにもつながってきます。

 

お肌は常に清潔に、常温ヨガのスタジオでは汗拭きシートなどを持参するとよいでしょう。

 

肌荒れの原因② 好転反応、デトックス

次に考えられる肌荒れの原因の一つは、デトックスです。

 

汗をたくさんかいて、徐々にヨガによって新陳代謝がよくなると、これまで体内にたまっていた老廃物がデトックスとして外に出て来ようとします。

 

そのため、吹き出物やニキビが一時的に増えるのです。

好転反応ということができ、これは数週間で徐々に治るでしょう。

 

 

肌荒れの原因③ ホットヨガによる乾燥

ホットヨガのスタジオの種類にはたくさんあります。

 

例えばヒーターで室温を上げているホットヨガスタジオでは、ヒーターによってスタジオは乾燥しています。

スチームを使用しているヨガスタジオや、溶岩を地面に使って身体を赤外線で温めるホットヨガなどは、乾燥を最低限にすることができます。

 

お肌は乾燥に弱く、乾燥してしまうと保湿をしようとして油分が増え、肌荒れに繋がります。

 

また、乾燥によって小じわの原因にもなり得ます。

 

ホットヨガに行かれている方は特に、一度通われているヨガスタジオの空調の設備をチェックしてみましょう。

 

肌荒れの原因④ 女性ホルモンのバランスの乱れと調整

ヨガのポーズには、自律神経を整えたり、女性ホルモンのバランスを整えるポーズもたくさんあります。

 

普段女性ホルモンのバランスが乱れがちで生理不順の方などは、ヨガを行うことで、ホルモンのバランスが正常に戻ろうとして、バランスが変化することがあります。

 

それによって、肌荒れが一時的に生じる場合もあります。

 

肌荒れの原因⑤ 過度なヨガの練習による疲労

ヨガスタジオに入会すると、入会したばかりの頃は特に、根を詰めてヨガに義務的にできる限り通いがちです。

これまで運動をしていなかった方や、運動に慣れていない方には、身体に大きな負担が急にかかってしまいます。

 

疲労を感じたら身体をいたわりながらお休みすることも大切です。

 

疲労によるお肌や体調の乱れが生じてしまえば本末転倒です。

ご自身の身体と相談しながら、マイペースでヨガを楽しむようにしましょう。

 

ヨガの後の肌荒れを直す方法、対処方法

汗が原因で背中のニキビや顔の吹き出物が増える可能性があります。

運動後はしっかりと汗を拭きとるなどの工夫をしましょう。

 

また、デトックスによる肌荒れや女性ホルモンのバランスの調整による肌荒れは好転反応であり、しばらくすると体調とともに肌荒れも治ることが多くあります。

 

 

ヨガを力みすぎることなく、常に心をリラックスさせてストレスを解き放つように意識しましょう。