【向き不向き】ヨガとピラティスの違いとは?どっちが痩せる・きついのか特徴を徹底解説!

エクササイズ用の姿で笑顔の女性3人 ピラティス

「ヨガとピラティスの向き不向きや、どっちが自分に合っているの?」

「痩せる、きつい、初心者でもできるのはどっち?」

と疑問の方も多いと思います。

そこで、元ヨガインストラクター現役ピラティススタジオ会員の筆者が

を紹介します。

ヨガとピラティスを両方体験できる!オンラインサービス↓

ヨガとピラティスの違いとは

ヨガとピラティスは、起源や発祥の目的、重視しているところに違いがあります。

ヨガ ピラティス
起源・発祥 インド・紀元前2500年 ドイツ・1920年
目的(重視点) リラックス リハビリ、体力づくり
運動量(きつさ) 流派によるが、多くない 多い
呼吸法 腹式呼吸 胸式呼吸
レッスン内容 道具は使わずポーズで静止 機械を使って常に動く
ポーズ(動き) ゆっくりした動き
流派によって様々
背骨や体幹を意識したエクササイズ

ヨガの歴史と特徴

ヨガのポーズで呼吸を練習する女性
ヨガとは、約4500年前の紀元前に、古代インドで発祥した、修行法の一つです。

瞑想をすることが最終目標とされ、リラックスして座って瞑想をするために、ヨガのポーズなどの練習をすると考えられています。

ヨガには様々な流派があり、瞑想を目的とした伝統的なヨガスタイルから、ダイエットや美容を目的にした現代のホットヨガなどが生まれて全国に広がっています。

ヨガの流派についてはこちらもチェック↓

ヨガの種類の一覧

ピラティスの歴史と特徴

ピラティスのリフォーマー
ピラティスとは、ドイツ人のジョセフ・ピラティス氏によって開発されたメソッドです。

第一次世界大戦中にピラティス氏は、負傷した仲間の兵士の回復のために自分のメソッドをリハビリ目的に取り入れ、「ピラティス」の原型が確立され、1926年にアメリカでダンサーにも取り入れられ世界に広まったと言われています。

そのため、ピラティスは身体のある局所に効果的に働きかけ、ケガをしている方やシニアの方でも取り組めるポーズが多いのが特徴です。

体幹、インナーマッスルの強化や姿勢改善、腰痛や肩こりの改善などの効果が高く、アスリートやモデルのダイエットに関するインスタなどで注目も集めています。

 

初心者におすすめなのはどっち?

家でヨガの合掌ポーズ

ヨガもピラティスも、どっちも初心者でも取り組みやすいと言えます。

しかし、ヨガは流派によって、きつさに違いがあります。

アシュタンガヨガなど、運動量が多いものよりは、初心者は陰ヨガなどリラックス系のクラスがおすすめです。

ピラティスは、マシンを使ったクラスやマットを使うクラスがあります。

マシンは左右の筋バランスの違いなどもチェックしやすく、身体のバランスを整えたい方や初心者にとてもおすすめです。

ポーズや動きによって、ヨガもピラティスもきつさが変わってくるため、まずは初心者でも受けやすいレベルのクラスから初めてみましょう。

ダイエット効果があるのはどっち?

ジムで笑顔でトレーニングをする女性2人

ヨガとピラティスの効果の一つに、筋力アップによる代謝の向上デトックス効果などが期待できるため、どちらもダイエット効果も期待できます。

しかし、ポーズのきつさなどで運動量が変わるため、どちらがダイエットに効果的かは一概には言えません。

痩せることを目的にヨガかピラティスを迷っている場合は、ヨガはリラックス系のクラスも多いため、運動量の多いクラスを選びましょう。

ピラティスは体幹をしっかりと使えるクラスを受けることをおすすめします。

ヨガとピラティスの向き不向き

ピラティスとヨガの両方の特徴から、向いている人をそれぞれ紹介しますので参考にしてください。

ヨガに向いている人

自宅でヨガをする人

  • リラックスしたい方
  • 柔軟性をアップさせたい方
  • ストレッチが好きな方
  • 瞑想や哲学に興味がある方
  • ホットの環境でホットヨガをして汗をかきたい方
  • 女性専用のスタジオで運動したい方

ヨガは、ゆっくりと体を動かし、一つのポーズでのホールド時間が長いという特徴があります。

そのため、ストレッチ効果が高く、柔軟性をアップさせたい方やリラックス効果を得たい方に向いていると言えます。

また、特にホットヨガは女性専用のスタジオが多いため、女性専用のスタジオで運動したいという方はヨガがおすすめです。

ピラティスが向いている人

ピラティス

  • 筋トレ、エクササイズを重視したい方
  • リハビリに取り入れたい方
  • 解剖学的に身体機能を学びたい方
  • 体幹を鍛えたい方
  • リフレッシュ効果を得たい方

ピラティスは、リハビリを発祥としたエクササイズのため、解剖学に沿った筋トレ要素が強いと言えます。

体の機能を理解しつつ、トレーニングをしたい方や、怪我や痛みをすでに抱えている方は、安全に行いやすいと言えます。

体幹(コア)を意識したポーズが多いため、お腹痩せやインナーマッスルを鍛えたい方、十分な運動によってリフレッシュ効果を得たい方に向いています。
 

両方体験するのがおすすめ

筋トレをする女性

「ヨガとピラティスのどっちが向いているのか迷う」という場合は、両方を一度体験してみましょう。

ヨガとピラティスの両方のレッスンを提供しているオンラインサービスや、実際のスタジオも多いため、続けていく中で、あなたにあった方を選ぶことができます。

それぞれ安く体験ができておすすめのサービスとスタジオを紹介します。

 

両方体験できるオンラインサービス2選

オンラインの動画サービスは、自宅からレッスンを受けることができ、料金も安く抑えられます。

オンラインのSOELU(ソエル)

SOELU(ソエル)は、「ライブレッスン」を画面越しにリアルタイムでレッスンを受けることができるサービスです。

オンラインヨガのソエル(SOELU)
動画をただ見るのではなく、実際にテレビ電話と同様の機能を使ってインストラクターに直接指導をマンツーマンで受けることができます。

ヨガスタジオには通えないけれど、動画視聴だけでは継続できそうにないという方にとてもおすすめです。

ヨガだけでなく、ピラティスのクラスもあり、特にヨガは種類が豊富です。

初心者向けクラスや、マタニティもあるため、レベルに合わせて運動ができます。
 

体験は2回分のレッスンを無料で受けることができます。

口コミと評判

料金・退会について
料金 4チケット 5,000円
6チケット 7,500円
受け放題 12,000円(1日2回まで)※30分ライブレッスンは1チケット、
60分ライブレッスンは2チケット
※レッスン動画は見放題
退会 数ヶ月プラン申し込みの場合は、契約期間終了後の退会
解約金はなし

 

 

【口コミ・評判】オンラインヨガSOELU(ソエル)の料金やログイン方法、お得な招待コードとは?
自宅でヨガができる人気のオンラインヨガのSOELU(ソエル)の体験レッスンを受けた口コミと評判です。良い口コミと悪い口コミも紹介していますので参考にしてください。料金やログインの方法、キャンペーンコードについてやクラス内容の難しさ、赤ちゃんがいても可能か、キャンセルポリシーや退会の方法までを詳しく紹介します!

 

オンラインのLEAN BODY(リーンボディ)

LEAN BODY(リーンボディ)」は、ダイエット系のフィットネス動画も多く、有名・人気インストラクターも多く所属するヨガ・ピラティスの動画サービスです。

ヨガ動画LEANBODY

通常ヨガやピラティスのレッスンはもちろん、美尻やコアトレーニングなどのフィットネス動画が豊富です。

リーンボディのインストラクター

さらに、以前ダイエットやワークアウトで流行したBilly’s Bootcamp (ビリーズブートキャンプ)」令和版も見ることができます。

ビリーズブートキャンプ令和版

ヨガやピラティス、ダンスなどを男女で、そして子供と一緒にエクササイズできるフィットネス動画です。

時間も、5分〜40分のものがあり、忙しさの中でも隙間時間を見つけてエクササイズが可能です。

口コミと評判

料金・退会について
料金(月) 1,980円
※12ヵ月契約の場合は980円/月
退会 縛りなくいつでも解約可能

 

 

【評判・口コミ】LEAN BODY(リーンボディ)は痩せる?料金や退会、クーポンについても徹底解説!
フィットネス動画を見放題の「LEAN BODY」の体験を実際に1ヶ月した口コミです。リーンボディは、自宅でヨガやピラティス、ダンスや筋トレなど痩せたい方や、自宅で運動をしたい方におすすめです。ビリーズブートキャンプなどテレビでも話題の動画をオンラインで自宅でも見放題なため、安くダイエット効果が期待できます。退会や入会方法もとても簡単で、無料の体験のキャンペーンもありますのでぜひ体験してみましょう!

 

両方体験できるリアル店舗スタジオ2選

実際にスタジオに行って両方のレッスンを受けられる教室を紹介しています。

インストラクターに直接指導してもらえるため、初心者におすすめです。

zen place pilates & zen place yoga

株式会社ぜんが運営するヨガとピラティスのグループは、会員のランクによって、ヨガもピラティスも両方受けることが可能です。

ゼンプレイスピラティスby Basi

グループ会社運営の「zen place pilates」のマットピラティスレッスン、「zen place」の常温ヨガやホットヨガ、「zen place hot yoga」のビクラムヨガのスタジオも利用可能で、全国各所105店舗で多くのレッスンが楽しめます。

pilatesbybasiリフォーマー専門の料金

マシンピラティスの「リフォーマー専門」のスタジオは、現状では下北沢と自由が丘のみです。

(リフォーマー専門はグレード1であり、グレード1~3の全スタジオレッスン受講可能)▼

ゼンプレイスグループ料金表

系列スタジオの数もたくさんあるため、ヨガ・ピラティス・そしてマシンを使ったマシンピラティスから、その日の気分や場所によって、レッスンを自由に選べるのも嬉しいですね。

全スタジオ男性も利用可能です。

 
zen place(ヨガ)zen place pilates by basi pilates(ピラティス)と体験は1回ずつ受けられるため、ぜひ試してみてください。

 

 

スタジオ・ヨギー

スタジオヨギーは、ヨガインストラクター養成講座やワークショップも多く開催し、質の高いクラスを提供すると評判のヨガスタジオです。

スタジオヨギー 新宿

私自身も実際にワークショップなどにも行ったことがありますが、知識や経験がある講師ばかりです。

ヨガとピラティス両方のレッスンがバランスよくあります。

 

料金/月 月4回  8,000円
通い放題 13,000円
毎回 3000円
体験料金 3回チケット 4500円
キャンペーン中は1,000円
ポイント 男性講師が多くいる
・質がよく、男性会員割合も高い
ウェブサイト
(体験予約)
https://www.studio-yoggy.com/

 
<首都圏店舗>

※全国に店舗あり

 

まずは体験してみるのがおすすめ

ヨガ ピラティス
起源・発祥 インド・紀元前2500年 ドイツ・1920年
目的(重視点) リラックス リハビリ、体力づくり
運動量(きつさ) 流派によるが、多くない 多い
呼吸法 腹式呼吸 胸式呼吸
レッスン内容 道具は使わずポーズで静止 機械を使って常に動く
ポーズ(動き) ゆっくりした動き
流派によって様々
背骨や体幹を意識したエクササイズ

ヨガとピラティスは、どちらも効果や特徴があります。

目的や体力などによって、ヨガが向いている人と、ピラティスが向いている人がいます。

特に運動初心者は、まずは両方を体験してみて、どちらに向いているか、続けられそうかを感じてみましょう。

ヨガで、ホットヨガと常温ヨガのどちらがいいかお悩みの方はこちらも参考にしてください。

 

ホットと常温ヨガの違いは?効果や特徴の違いによる初心者におすすめの選び方を紹介!
常温ヨガとホットヨガの違いと比較を一覧にしました。ホットヨガは、汗をたくさんかきながら運動したい方に向いており、常温ヨガは瞑想なども重視したい場合におすすめです。どちらも柔軟性アップやリフレッシュ効果などが期待できます。どのタイプのヨガが自分に合っているのか、体験に行ってみるのが選び方のポイントです。

 

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました