【向き不向き】ヨガとピラティスどっちが痩せる?きつい?効果的でおすすめは?

エクササイズ用の姿で笑顔の女性3人ヨガ

「ヨガとピラティスの向き不向きや、どっちが自分に合っているの?」
「身体にいい、痩せるのはどちら?」

と疑問の方も多いと思います。

 

・ヨガとピラティスの違い
・どちらが痩せるか(どちらがダイエット向きか)
・どちらが初心者向けでおすすめか
・どちらが安いか
・ヨガとピラティスの向き不向き

 

をヨガインストラクター資格を持ちつつピラティスに通っている筆者が解説します。

 

また、ヨガとピラティスの通い放題のおすすめスタジオもいくつか紹介しますので参考にしてください。

 

ヨガとピラティスの効果やポーズの違い

ヨガとピラティスは起源や目的、重視しているところが違います。

ヨガピラティス
起源・発祥インド・紀元前2500年ドイツ・1920年
目的(重視点)リラックスリハビリ、体力づくり
運動量(きつさ)流派によるが、多くない多い
呼吸法腹式呼吸胸式呼吸
レッスン内容道具は使わずポーズで静止機械を使って常に動く
ポーズ(動き)ゆっくりした動き
流派によって様々
背骨や体幹を意識したエクササイズ

 

ダイエット効果があるのはどっち?

ジムで笑顔でトレーニングをする女性2人

ヨガとピラティスでは、ヨガの流派やレッスン内容、ピラティスで行うエクササイズの内容によって運動量が変わるため、どちらがダイエットに効果的かは一概には言えません。

 

アシュタンガヨガやパワーヨガなど運動量の多いヨガは、消費カロリーも高く汗もかきます。

一方でピラティスも、筋力も必要であり、特にインナーマッスルやコアの筋肉を鍛える運動が多いです。

 

ヨガは精神的にもリラックスして、リフレッシュすることができるため、適度な運動として長く続け、結果的に痩せている、ダイエットに成功した方が多くいます。

 

一方でピラティスも骨盤調整や部分的な筋力トレーニングなどによる身体の使い方の変化により、姿勢改善効果も高く、基礎代謝アップや運動効果のアップにも繋がります。

 

どちらも身体を動かすという点では、長く続けることでスタイルアップやダイエットに繋がるでしょう。

ダイエット目的にヨガかピラティスを行うなら、まずは色々な強度のレッスンや流派のレッスンを受けてみて、続けられるものを選ぶことをおすすめします。

 

初心者に向いているのはどっち?向き不向きはある?

ヨガマットの上でエクササイズをする女性2人

ヨガもピラティスも、どちらも初心者でも安心して行うことができます。

 

ヨガは精神面も重視した、ゆっくりした動きです。

ピラティスも、もとは医療としてリハビリの一つで開発されたものです。

 

ただ、ピラティスは、きつい運動も少し入ってくるので、全くこれまで運動をしたことがない方は、ヨガの方が安心して始められるでしょう。

 

安いのはどっち?

下半身をトレーニングする女性

ヨガもピラティスも、定額の月謝を払えば通い放題のスタジオがあります。

 

おすすめは以下の2店舗です。
体験も安くできるので一度試してみるといいでしょう。

 

スタジオ名体験料金リンク
ヨガホットヨガLAVA1000円
ピラティス
zen place pilates by basi pilates
1000円

 

ピラティスは、通い放題のスタジオが少ないですが、ヨガ通い放題のスタジオで、ピラティスのレッスンも行っている教室や、会員制のジムでも、ピラティスのレッスンを行うジムもあります。

 

どちらも、通い放題のスタジオがあれば、同じように安く通うことができます。

 

ヨガはどんな人に向いている?

・ゆったりした動きでリラックスしたい方(リラックス系初心者向けクラスの場合)

パワフルな運動もしたい方(アシュタンガヨガやパワーヨガなどの場合)

柔軟性を高めたい方

・ヨガの哲学やアーユルヴェーダなど哲学などにも興味がある方

瞑想や呼吸法も試してみたい方

ダイエットや身体を動かしたい方

逆転ポーズなど、難しいポーズに挑戦してみたい方

 

ヨガは、運動はもちろん、精神的なリラックスや哲学的な部分も多くあります。
スピリチュアルな要素にも興味があり、心身ともに健康を目指したい方に向いているといえます。

 

ピラティスはどんな方に向いている?

解剖学的に身体の部位をトレーニングしたい方

・背骨の動きや体幹の働きを特に強化させたい方

・効率的なエクササイズで身体をメンテナンスしたい方

・姿勢改善やダンスなどスポーツパフォーマンスを上げたい方

・ケガの回復直後やリハビリ中の方

 

ピラティスはリハビリ目的に作られたメソッドであるため、効率的に鍛えたい部分をアプローチできます
ヨガよりも、トレーニングや筋トレの要素が強いといえます。

そのため、身体の不具合を改善したい、リハビリ中などの方にもおすすめです。

 

ヨガとピラティス両方受けられるおすすめスタジオ・教室

戦士のポーズ3
都内には、ヨガとピラティスが両方受けられるスタジオもあります。

 

両方受けてみて、もしピラティスの方が向いているのであれば、ピラティスを重点的に受けて、たまにヨガ。

ヨガが向いているのであれば、その逆の通い方ができるので、おすすめです。

 

一度両方体験を受けてみて、体力などの向き不向きをチェックしてみましょう。

1位 zen place pilates & zen place yoga

ゼンプレイスピラティスby Basi
株式会社ぜんが運営するヨガとピラティスのグループは、会員のランクによって、ヨガもピラティスも両方受けることが可能です。

グループ会社運営の「zen place pilates」のマットピラティスレッスン、「zen place」の常温ヨガやホットヨガ、「zen place hot yoga」のビクラムヨガのスタジオも利用可能で、全国各所105店舗で多くのレッスンが楽しめます。

pilatesbybasiリフォーマー専門の料金

マシンピラティスの「リフォーマー専門」のスタジオは、現状では下北沢と自由が丘のみです。

(リフォーマー専門はグレード1であり、グレード1~3の全スタジオレッスン受講可能)▼

ゼンプレイスグループ料金表

系列スタジオの数もたくさんあるため、ヨガ・ピラティス・そしてマシンを使ったマシンピラティスから、その日の気分や場所によって、レッスンを自由に選べるのも嬉しいですね。

全スタジオ男性も利用可能です。

 

ヨガの体験は↓

 

ピラティスの体験は↓

 

 

 

2位 ヨガ&ピラティス 板橋スタジオふたば

ヨガとピラティスが同じくらいたくさん受けられます。
体験も行っているようですので、一度初心者の方も行ってみるといいでしょう。

ウェブサイト→ http://s-futaba.biz/02_schedule.html

 

3位 スタジオヨギー

ヨガのワークショップなども多い、人気スタジオです。
ヨガとピラティスが両方受講できる多様なプログラムが嬉しいですね。

 

ウェブサイト→ https://www.studio-yoggy.com/

 

ダイエット効果や、向き不向きは試してみるのがおすすめ

ヨガとピラティス、どちらも特徴があり、ヨガが向いている人と、ピラティスが向いている人がいます。

 

一番大事なのは、続けること。

ムリなく続けられる方を選びましょう。

 

ピラティスとヨガについての基礎がわかるおすすめの本はこちらです。

 

 

一度体験レッスンなどに両方行ってみることや、ピラティスもヨガも両方のレッスンを受けられるスタジオに行くのもおすすめです。

 

ヨガで、ホットヨガと常温ヨガのどちらがいいかお悩みの方はこちらも参考にしてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました