【ハイドロフラスク】スポーツ人におすすめの水筒ボトル・タンブラー~おしゃれ・保温保冷効果~

【ハイドロフラスク】スポーツ人におすすめの水筒ボトル・タンブラー~おしゃれ・保温保冷効果~

ハイドロフラスク(Hydro Flask)という水筒ボトル・タンブラーをご存知でしょうか?

 

アメリカのオレゴン州発祥の水筒・ウォーターボトルです。

 

アメリカでは創業以来、その保温・保冷の機能性と、オシャレなデザインで、

大人気の商品です。

 

ヨガをする人、ハイキングやビーチのおともに、そしてキャンプやスポーツなどのアウトドア用に、おすすめのボトルです。

 

しかし日本ではまだ種類が少なく、色や形が選べないお店が多いです。

 

ハイドロフラスクの種類と、アマゾンで買えるお得なおすすめ商品を紹介しています。

 

 

ハイドロフラスク(Hydro Flask)とは?

 

ハイドロフラスクとは、アメリカのオレゴン州発祥の水筒・ウォーターボトル。

 

なんと「ビールを入れて外出しても、外出先で冷たいビールが飲める」ほど優れた保冷効果があります。

もちろん保温効果も抜群で、朝入れたコーヒーは、午後になっても熱いままです。

 

そのため、キャンプなどのアウトドアはもちろん、ヨガやジム、スポーツの様々な場面で使われています。

 

Hydro Flaskは2009年に設立され、2011年までに売上高は100万ドルを超えています。

 

ハイドロフラスクのタンブラー・ボトルがおすすめの理由

①保温・保湿性

コーヒーは朝入れても午後になっても温かいままです。

また、氷をいれれば一日中氷が残っているほどです。

 

②匂いが使いない

ビールやワインをいれても、においがつきません。
コーヒーを入れたボトルにビールを入れても、さわやかなおいしいビールが楽しめます。

 

③滑らないパウダー加工の手触りでおしゃれ

スポーツなど、アウトドア用に考えられた商品は、滑りにくく、パウダー加工がされています。

色も豊富で、デザイン性があり、好きなタイプと色、形を見つけることができるでしょう。

 

④軽量のボトル

通常、ハイドロフラスク程の保温・保冷効果があると、重さがとてもおもいタンブラーになります。

しかし、ハイドロフラスクは、重さもちょうどよく、ハイキングにも気軽にもっていけます。

 

 

ハイドロフラスク(Hydro Flask)が買える店は?

 

日本にもやっと上陸しました!
公式ホームページから、取り扱いの店舗を探すことができます。

 

しかし、日本ではまだ取り扱いの店舗が少ないです。

また、取り扱いのお店でも、売られている種類やカラーが少ないのが現状

 

 

色やボトルの口のタイプには色々な種類がありますので、ぜひアマゾンなどでチェックしてみましょう。

アマゾンの方が安くなっていることも多々あります。

 

 

ハイドロフラスク(Hydro Flask)のタンブラー、ボトルの種類

 

ハイドレーション(スタンダードタイプ)

 

Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_18oz 532ml 03パシフィック 5089013 03パシフィック

 

 

ビールタンブラー

 

Hydro Flask(ハイドロフラスク) ビア_トゥルーパイント_16oz 473ml 01ホワイト

 

 

冷たいビールをいつでも飲めるタンブラー。
においも移りにくいため、キャンプなどでもおいしいクラフトビールが飲めます。

 

 

フード(食べ物)タンブラー

 

Hydro Flask ハイドロフラスコ ランチジャー Food Flask [並行輸入品] (18 oz(532 ml), Kiwi)

 

保温に優れているため、スープなどを入れてもランチにピッタリです。

 

日本ではまだスタンダードタイプしか置いていないことが多いので、それ以外のタイプは通販がお得です。

 

おしゃれなボトルでスポーツやアウトドアを楽しみましょう!

2018年のベルサールガーデン渋谷で開催されたヨガイベントでも出店し、大人気だったハイドロフラスク。

今後もオシャレなボトルとして人気が高まることは間違いなしです。

 

また、ハイドロフラスクは、2年連続で、アメリカの経済紙 Inc 500の「急成長企業リスト」とOutside誌の「働きたい企業リスト」にランクインしています。

 

商品はもちろん、その目覚ましい成長を続ける企業としても注目されています。

 

ぜひその性能はもちろん、ファッション性もあるボトルで、楽しくスポーツを続けてくださいね。

公式ホームページはこちら:http://www.hydroflask.co.jp/ourstory.html