トラベルヨガマットが軽量でおすすめ!洗い方や定番ブランドの口コミを紹介!

トラベルヨガマットのおすすめとお手入れ方法ヨガウェア・ファッション

自分専用の気に入りのマットを、外ヨガやスタジオにも持っていきたいという方は多いのではないでしょうか?

「トラベルヨガマット」は折りたたみができるほど薄く軽量なため、持ち運びが可能です。

水洗いもできるため、衛生的にも人気が高まっています。

インストラクター経験のある筆者が、薄く折りたたんで持ち運びがしやすい「トラベルヨガマット」の口コミ洗い方おすすめブランドを紹介します!

 

トラベルヨガマットとは?

トラベルヨガマットとは、通常のマットよりも軽量で薄く、持ち運びがしやすいマットです。

通常、ヨガマットは3mm〜6mmが多く使われます。

これよりも薄く1㎜~2.5㎜程度のヨガマットが、トラベルヨガマットと呼ばれ、折りたたんでカバンに収納することができます。

トラベルヨガマットと通常のマットの違い

トラベルヨガマットと通常のマットの比較

トラベルマット通常のマット
厚さ1㎜~2.5㎜程度3mm〜6mm
重さ・軽い
(約1kg前後)
・重ため
(ブランドにより差があるが、1kg〜2kg前後)
収納方法・折りたたみ可能
・丸められる
折りたたみ不可

トラベルヨガマットは、折りたたんでスーツケースに入るため、海外にヨガリトリートに行く方はもちろん、野外のイベント(外ヨガ・パークヨガ)などでも活躍します。

さらにヨガスタジオに通われていて、レンタルマットが嫌だという方は、マイマットを持参する際にも便利でおすすめです。

 

メリットとデメリット

トラベルヨガマットは、軽くて持ち歩けますが、その分クッション性が弱く痛いというデメリットもあります。

メリットデメリット
通常のヨガマット・丈夫
・5mm,6mmなど厚手のマットがある
・初心者におすすめ
・重たい
・持ち運びが大変
・料金が高い
トラベルヨガマット・軽い
・折りたたみ可能
・持ち運び可能
・水洗い可能
・デザイン豊富
・薄いため床に体が当たると痛い

トラベルヨガマットは、薄いため、長時間上でポーズをとると、骨が当たって痛く感じる方もいます。

通常のヨガマットの上に敷くために買う場合は、薄さによるデメリットは解消されるでしょう。
 

トラベルヨガマットの使い方

イージーヨガのトラベルマット

トラベルヨガマットは、折りたたんで持ち歩き、パークヨガやビーチのシート代わり、ヨガマットに重ねてクッション性アップなど、様々な使い方があります。

1.5mmや2.5mm程度の暑さがほとんどで、折りたたんでもかさばらないため、スーツケースに入れて旅行にも持っていくことが可能です。

海外の旅行先などでもヨガを練習したい方は、ぜひおすすめです。

また、ヨガスタジオのレンタルマットを使うのが衛生上で気になるという場合も、レンタルマットの上に持参したトラベルマットを敷くことで、マイマットになります。

グリップ性が上がり、慣れた自分のマットを使うことで、よりポーズも上達するでしょう。

洗い方

シャワーヘッド
トラベルヨガマットは、拭き掃除でのお手入れ方法が基本ですが、シャワーなどで水洗いが可能な商品がほとんどです。

汗をかいたあとで、シャワーでさっと洗って干しておくと、次に使うときも気持ちよく使えます。

通常の厚手のマットも、水でさっと洗うことは可能ですが、重たいため、なかなか洗う機会はありません。

アルコールスプレーなどで拭くだけでなく、水で洗えるのはとても便利です。

干すときは、日光に当たると色褪せなどの原因になり得るため、必ず陰干しをしましょう。

部屋干しのヨガマット

お風呂場に干してもいいですし、私は写真のような部屋干し用の洗濯ラックを使っています。

水洗い可能か、洗剤の使用が可能かどうかは、商品によって変わります。
必ず表示を見て確認をしましょう。

洗濯機でしっかり洗いたい場合は、「ヨガタオル」がおすすめです。

参考記事
洗濯できる!ヨガタオルが清潔!滑り止め機能も嬉しいヨガタオルとは?

 

おすすめのトラベルヨガマット

トラベルヨガマットは、ヨガ専門の人気ブランドから様々販売されています。

素材や重さ、値段は様々ですので複数のサイトをチェックしてみましょう。

MANDUKA(マンドゥカ)

Mandukaのトラベルヨガマット

ヨガマットといえばManduka(マンドゥカ)です。

ロゴのカエルのマークのように、まさに吸い付くように滑らないマットです。

Manduka(MANDUKA(マンドゥカ)にはトラベルマットの種類もたくさんあります。

エコスーパーライト」は、1.5㎜でとても薄く、重さはなんと900グラムの軽量。

A4サイズに折りたたむことができます。

また、2.5㎜、3㎜のものもあります。

ヨガスタジオのレンタルヨガマットの上に重ねて使うなら、1.5㎜でも問題ないでしょう。

外などに持っていく用のものであれば2㎜以上が、脚などに負担を減らすため機能的におすすめです。

Manduka(MANDUKA(マンドゥカ)のマットは安くはありませんが、トラベルマットは7000円~10,000円で購入が可能です。



 

easyoga(イージーヨガ)

イージーヨガのトラベルヨガマット

大人かわいいウェアで人気の「イージーヨガ」も折りたたみ可能なトラベルヨガマットがあります。

しかも収納用のバッグ付きなのでお得です。

派手すぎない色合いやメッシュの柄がおしゃれです。

天然ゴム素材ならではの、伸びのあるグリップ感が、しっかりと手にフィットします。

また、表面加工をしてあるので、爪などでひっかき傷等もできにくいのもポイントです。

 

リアルストーン

リアルストーンの折りたたみヨガマット

リアルストーンのトラベルヨガマットは折りたたみ形式です。

トートバッグなどに入れてオフィスなどに置いておくのもおすすめです。

厚さが他のトラベルマットと比べて厚く4㎜としっかりしています。

そのため、膝に不安のある方や、薄手のマットは体の骨が床に当たって痛いという方におすすめです。

しかし、厚さがある分、重さも出てしまうため、重視したいポイントを一度確認しましょう。

重さがあり折り目がついているため、気になる方は、もっと薄いマットをおすすめします。

 

JADE(ジェイド)

JADEボイジャー

JADE(ジェイド)のヨガマットは、「Voyager(ボイジャー)」というシリーズで、天然ゴム100%のトラベルヨガマットです。

厚さ1.5㎜で重さは700gです。

小さくするとヨガブロックくらいまでコンパクトになり、通勤にも便利です。

 

SUKALA(LAVAブランド)

SUKALAトラベルヨガマット

SUKALAは、ホットヨガのLAVAの運営するヨガグッズブランドです。

ホットヨガのラバでレンタルできるヨガマットのサイズにジャストフィットする、少し小さめサイズ(145×61mm)です。

1.5mmの厚さで1kgです。

デザインもネイチャー柄やハワイアンらしいオーシャン柄などがあり、おしゃれなマットでヨガがもっと楽しくなりそうです。

 

関連記事
柄がおしゃれなプリントヨガマットはこちら

 

まとめ

リュックに入れたトラベルヨガマット

軽くて持ち運びができるトラベルヨガマットは、外のヨガや、ヨガスタジオのレンタルマットの上に敷くなど、とても便利に使えます。

商品によっては水洗いが可能なため、衛生的にも安心です。

お気に入りのマットでいつでも快適にヨガができるアイテムとして、ぜひチェックしてみましょう。

今回紹介したおすすめのトラベルマットのブランドは以下です。

Manduka(マンドゥカ)
eKO スーパーライト トラベルマット
easyoga(イージーヨガ)
イージーヨガのトラベルヨガマット
リアルストーン
リアルストーントラベルヨガマット
JADE
JADEトラベルヨガマット
SUKALA
SUKALAトラベルヨガマット
厚さ1.5mm2.0mm4.0mm1.5mm1.5mm
重さ900g1,000g1,100g700g1,000g
値段7,000円13,750円2,475円8,705円8,050円
特徴・土に還る天然ゴム素材
・グリップ力が良い
・色や柄豊富
収納袋つき折りたたみの線つき非常に軽い通常ヨガマットよりサイズが小さい
サイト

 



 

よくある質問

トラベルマットとは何ですか?
A.トラベルヨガマットとは、通常のマットよりも軽量で、1㎜~2.5㎜程度の薄さの、持ち運びがしやすいマットです。

 

通常のヨガマットとの違いは何ですか?
A.通常のマットは3mm〜6mmで重さが1〜2kgありますが、トラベルマットは厚さが1㎜~2.5㎜程度で1kg程度の軽量です。
トラベルマットは、折りたたんで収納が可能です。

 

洗い方はどのようなものですか?
A.基本は柔らかい布で水拭き後、乾かしますが、商品や原料によっては水洗いが可能なものがあります。
製品の表示を確認しましょう。

 

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました