【滑らない】ヨガラグの使い方~洗濯・軽量・人気の激安おすすめ商品も~

【滑らない】ヨガラグの使い方~洗濯・軽量・人気の激安おすすめ商品も~

ヨガラグ(ヨガタオル)とは?

YOUHOME ヨガラグ 超極細繊維ヨガタオル 滑り止め 持ち運び便利トラベルマット、フィットネス、砂浜、シャワー、水泳、アウトドアスポーツ、汗吸収、キャンプ (ブルー)

ヨガラグ(ヨガタオル)とは何か、ご存知ですか?

ヨガラグ(ヨガタオル)とは、ヨガマットとは違い、ヨガマットの上に敷く、薄いタオルのようなものです。

 

ホットヨガをされている方は特に、ヨガラグ(ヨガタオル)を使うと滑り止めになります。

また、ヨガスタジオでヨガマットをレンタルしている方は、マットの上に敷くことで、衛生的にも安心です。

 

 

おしゃれで機能性もいいヨガラグ(ヨガタオル)の、使い方、洗濯の頻度、激安で人気のおすすめ商品などを紹介します。

 

 

ヨガラグとヨガマットの違い

ヨガラグとヨガマットは、素材や使い方、お手入れのし方や目的が違います。

ヨガラグ(ヨガタオル) ヨガマット
素材 コットン・ポリエステル 天然ゴム・ビニール・麻
洗濯 可能 不可能
重さ 平均200g程度 平均的に3mmで1kg
目的 滑り止め・持ち運び用・外用 スタジオ内用
使い方 ヨガマットの上に敷く、野外で 単体で使う

 

ヨガラグは、野外や持ち運び用として、又はヨガマットの上に敷いて滑り止めとしても使うものです。
また、洗濯もできるので共有のレンタルマットの上に敷く衛生用としても人気です。

 

 

マイクロファイバーの素材のものや、ワッフル素材のものは特に水分の吸収率がよいため、ホットヨガで汗をかいてもすぐに吸収されて滑りにくいのも特徴です。

 

 

 

 

ヨガラグ(ヨガタオル)は必要か?

ヨガラグは、絶対に必要なものではありません。

 

滑り止めや衛生面、持ち運びなどを考慮して、「あると便利」なものです。

ヨガマットとヨガラグの用途を理解し、両方使い分けることができると、ヨガライフがもっと楽しくなるでしょう。

 

ヨガラグは、汗の吸収率がよいため、ホットヨガで、ヨガマットの上にしくと、滑り止めになります。

さらに、マットを貸し出ししてくれるヨガスタジオでは、みんなでマットを共有するため、衛生的に拭き掃除をしていても不安があります。

 

そこで、洗濯もできる自分専用のヨガラグを、レンタルのマットの上に敷くと、風邪などがはやる時期も衛生的に安心です。

 

 

 

 

ラバ(Lava)などの大手のホットヨガスタジオでも、貸出用のヨガマットと別に、ヨガラグを販売しているのは、滑り止めや衛生面のためでしょう。

 

ヨガラグ(ヨガタオル)が人気の理由

 

View this post on Instagram

 

Topia Design | Yoga Towels |さん(@topiayogatowels)がシェアした投稿

 

人気の理由1★滑らない

ホットヨガをされる方には特におすすめです。

湿気や汗で通常のマットでは滑ってしまいますが、ヨガラグ(ヨガタオル)をマットの上に敷いていれば、滑り止めになります。

 

人気の理由2★レンタルマットも衛生的

ヨガスタジオに通われている方は、ヨガマットを貸し出ししてくれるスタジオに行かれている方が多いのではないでしょうか。

 

レンタルヨガマットは、ヨガマットを持ち歩く必要がなく、とても便利です。

しかし、他の人とマットを共有するのはあまりきれいではありません。

 

毎回拭き掃除をしますが、汗はたくさんかきます。

しかし、このヨガラグ(ヨガタオル)を持参して敷けば、毎回洗うこともできますから清潔です。

 

 

 

 

 

おすすめのヨガラグ(ヨガタオル)ブランド3選~柄がおしゃれで安い~

 

 

View this post on Instagram

 

yoga generation | ヨガジェネレーションさん(@yoga.generation)がシェアした投稿

ヨガラグ(ヨガタオル)は、有名な人気のヨガブランドのイージーヨガや、マンドゥカスーリアなどからも販売されています。

毎回洗うもので消耗品ですから、安くて機能性のよいものをおすすめします。

 

ホットヨガLava(ラバ)では、ヨガマットの長さが145㎝×61㎝です。

その他のスタジオもたいてい145㎝程度のヨガラグであれば、問題なくどのスタジオのマットの上でも使えます。

 

 

おすすめNo.1★ eka Los Angels (エーカロサンゼルス)

オリジナルのカラフルな柄がとってもかわいい【eka Los Angels】
のヨガマットで人気のブランドです。

 

アメリカのLA発祥で、他ブランドにはないソフトな風合いのマットやヨガグッズが、海外セレブ、ヨギーに支持され、LAやNY、ハワイのヨガスタジオ、セレクトショップで多数取扱いされています。

 

日本でもやっとオンラインで取り扱いが始まったばかりですので、ぜひウェブサイトをチェックしてみてください。

 

 

公式ウェブサイト↓

 【eka Los Angels】

 

【eka Los Angels】の、さらりとした肌触りのヨガタオルは、吸水性と速乾性に優れたマイクロファイバー素材を使用しています。

さらに、裏面はグリップに優れたシリコン加工です。

ヨガマットの上に敷いてもずれにくくなっています。

値段も格安で、3500円。

 

ウェアや、折りたたみ可能な薄いトラベル用のヨガマットなども人気のため、ぜひ公式サイトをチェックしてみましょう。

 

 

公式サイト↓



 

おすすめNo.2★ イージーヨガ

大手有名ヨガブランドのイージーヨガ

しかし他のブランドよりも安いため、タオルだけでなく、マットやウェアもおすすめです。

 

イージーヨガの ヨガタオルは、色が爽やかで、洗濯の劣化なども気にならないのでヨガによく行く方やインストラクターにも愛用者が多いです。

裏面には滑り止めがついているため、通常のマットの上に重ねても滑りません。

サイズは2種類あり、気になる顔の部分だけの小さいサイズと、全身用(通常マットサイズ)があるため、まずは安く小さいものから試してみるのもおすすめです。

 

公式サイトはこちら↓

 

 

 

おすすめNo.3★ Yoga designe Labo(ヨガデザインラボ)

次におすすめは「ヨガデザインラボ」のヨガラグ(ヨガタオル)。

カナダ人のデザイナーがバリ島でデザインをしています。

 

 

 

カラフルな色使いは、非常におしゃれで、世界でも注目されています。

素材もリサイクルペットボトルを使ったものなど、エコなブランドです。

 

 

 

 

おすすめNo.4★ マンドゥカ(Manduka)

ヨガウェアやヨガマットの定番の人気ブランドです。

その性能は非常によく、どのマットやタオルも滑りにくくておすすめです。

 

値段:5000円
 

手触りが良く、丈夫で吸収性&速乾性に優れています。

マンドゥカからは、ヨガラグの老舗であるヨギトース(yogitoes)の商品も売られています。

ヨギトースのヨガラグは、ヨガラグは天然シリコン製の小さな粒がタオル面に埋め込まれてマットに敷いた時の滑りを防止してくれます。

 

値段は7500円。

マンドゥカブランドはやはり値段が安くありませんが、柄のバリエーションも多く、楽しめるのはポイントです。

 

 

 

 

おすすめNo.5★ とにかく安くアマゾンで購入

 

安さで選ぶなら、イージーヨガマンドゥカやスーリアなどの有名なヨガブランド以外にも、通販でおしゃれで激安価格のヨガラグが購入できます。

 

値段はなんと1580円と激安です。

 

 

すこしユニークな柄で、ヨガラグも柄でおしゃれに楽しみたい方は、人とは被らないのでこちらもおすすめです。

 

 

 

 

ワッフル素材のタイプは、さらに汗の吸収が優れています。

ヨガワークスからもワッフルタイプが販売されています。

 

 

ヨガラグ(ヨガタオル)は、たいていコットンマイクロファイバーでできているので、素材は同じです。
メーカーによって滑りにくさなどはブランドによってほとんど変わりません。

 

そのため、自身の気に入った柄やデザインなどで選ぶとヨガがもっとたのしくなるでしょう。

 

ヨガラグ(ヨガタオル)は、軽くて折りたたんでどこにでも持ち歩けるため、旅行にも最適です。

ジムの汗拭き用・シャワー後のタオルとしても、メディテーション時のショール代わりとしても使えます。

自分の気に入ったデザインのものを選んで、ヨガの練習のモチベーションを上げましょう。

 


 

ヨガラグ(ヨガタオル)の使い方とお手入れのし方

 

 

View this post on Instagram

 

ヨガデザインラボ Yoga Design Labさん(@yogadesignlabjapan)がシェアした投稿

 

 

 洗濯はしていいの?

ヨガラグ(ヨガタオル)は、洗濯が可能です。

 

ただ、色落ちや色移りの恐れがありますので、単独で洗濯してください。
また、柔軟剤は使用できません

 

洗濯の頻度は、人それぞれです。

ホットヨガに通われていて、汗をたくさんかいた後などは、洗濯した方がいいでしょう。

しかし常温ヨガで使われている方は、それほど何度も毎回洗わなくてもいいでしょう。

 

 

乾燥機は使っていいの?

ヨガラグ(ヨガタオル)は、洗ったら、乾燥機に入れずに風通しの良い場所で陰干ししてください。
蛍光灯や直射日光下で長時間放置すると、色あせの原因になるので気をつけましょう。

 

 

お気に入りのヨガラグ(ヨガタオル)でヨガを楽しみましょう

ヨガマットやヨガラグ(ヨガタオル)を、お気に入りのおしゃれなものにすると、それだけで気分が上がって、ヨガの練習が楽しくなります。

 

 

もちろんヨガラグ(ヨガタオル)を使うと衛生的で滑らないという利点もありますが、モチベーションをアップさせるヨガのアイテムも、とっても大事です。

 

 

 

 

柄入りのヨガマットなど、気分が明るくなるようなヨガマットの紹介もしていますので、ぜひ参考にしてくださいね。