【ドライココナッツ】栄養やダイエット効果で人気!食べ方とおすすめの焼きチャンク・ダイスとは?

山積みのココナッツ食事と健康

おすすめのドライココナッツの食べ方や商品を紹介しています。

ココナッツは、ココナッツウィーターやミルクなど、たくさんの食べ方がありますが、おすすめは、乾燥させたココナッツの実をそのまま食べるドライココナッツ(ココナッツダイス)です。

ココヤシの実のココナッツは、自然の油分が多く、オイルは保湿効果に優れているため美容や健康のためにも注目されています。

栄養成分が豊富で繊維もたくさん含まれており、自然な甘みがあるため、ダイエット中にもおすすめです。

ドライタイプのココナッツチャンク・ダイスの

  • 栄養価
  • ダイエット効果効能
  • カロリーや糖質
  • 食べ方とレシピ
  • おすすめの商品と買い方

を紹介します。

ココナッツとは

ココナッツの原産国は、タイなどの東南アジアやインドなどの南国です。

ココナッツヤシの木は20M以上も大きくなる、乾燥にも強い木で、食用にされる実は20㎝~30㎝以上にもなり、硬い皮でおおわれています。

皮をむくと中には白い実と、液体が入っています。

実の部分はスプーンですくってそのまま食べたり、ペーストにしてカレーにしたり、ドライに乾燥させて食べたりします。

最近はタピオカを入れたココナッツジュースなど、日本のどこでもココナッツを使った料理やデザートを見かけるようになりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pearl Lyonsさん(@pearllyons)がシェアした投稿

中身をちゃんと見ることは少ないかもしれません。

デザートとして食べられるナタデココは、ココナッツの乳液(中の液体)を凝固させたものです。

ココナッツはナッツ?

ココナッツは、大きさは違えど、木の実の一種です。

アーモンドやピーナッツなどのナッツ同様の「ナッツ」という分類になります。

そのため、ナッツにアレルギーのある方は控えた方がいいと言われています。

心配な方はお医者さんに相談してみてください。

ココナッツウォーターとミルク・オイル・パウダー(ファイン)の違い

ココナッツは、食べる部分や食べ方によって、たくさんの種類の呼び方やレシピがあります。

ココナッツウォーター

未成熟のココナッツの種子の内部の液状胚乳。

胚乳部に溜まっている水分です。

ナタデココの原料にもなります。
カロリーが低く、栄養価が高いため、スポーツドリンクとしても人気です。

ココナッツミルク

ココナッツが成熟すると胚乳は固化します。

これを削いで煮て裏ごし、絞り出して液状にしたものがココナッツミルクです。

使い方は、デザートにしたり、トマトやスパイスと混ぜてカレーなどの料理に使われることが多いです。

この時に出たココナッツファイバーと呼ばれる搾りカスは、食物繊維を非常に多く含むため、便秘解消薬などの天然成分としても人気です。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、ココナッツの種子内部の胚乳から抽出される油脂です。

ヤシ油とも呼ばれます。

気温20℃で固形になり、25℃以上で透明の液状油に変化します。

コーヒーフレッシュや食器用洗剤などに利用されるほか、蒸留させて美容用のオイルやシャンプーなどにも使われます。

一時期コーヒーに入れてダイエット効果を促す食べ方が話題となりました。

ココナッツペースト・実

ココナッツペーストは、白い実の部分です。

すりつぶしてペーストとして料理に使ったり、ドライに乾燥させてドライフルーツとして、グラノーラに入れたりして食べることもあります。

薄く切ってココナッツチップスにする場合と、太目に切ってココナッツチャンク(ココナッツダイス)として食べる食べ方があります。

ココナッツパウダー(フレーク)

ココナッツパウダー(フレーク)とは、実の部分(胚乳)を乾燥させ、粉にしたものです。

粉にする際の粒の大きさの違いで、3つの呼び方があります。

粉状のものがココナッツパウダー。

クッキーに混ぜて焼くなど、お菓子のレシピとして使われることが多いです。

粗挽きがココナッツファイン。

グラノーラに入れたり、アイスクリームの上にトッピングをして食べる食べ方が人気です。

サクサクとした食感を楽しめます。

「ココナッツシュレッド」という名前で、カルディなどにも販売されています。

1~2cmの紐状に切ったものがココナッツロングと呼ばれます。

そのままおやつとしても食べられます。

この三種類のパウダー(ココナッツパウダー、ファイン、シュレッド)が、クッキーやケーキなどのお菓子作りなどに利用されています。

どのサイズに変更してもおいしくできますので試してみるといいでしょう。

ココナッツクッキーのレシピ例
材料

・ロングココナッツ(ココナッツ粉末、ココナッツファイン可:90グラム
・小麦粉(薄力粉):30g〜40g
・砂糖(上白糖):50g
・バター:30g
・卵:1つ

作り方レシピ
①卵とバターをボールで混ぜる
②溶かしバターを加える
③ふるいにかけた薄力粉とココナッツを加えてよく混ぜる
④160℃のオーブンで15分程焼く

ココナッツの栄養成分や効能は?

まだ成熟していないココナッツの果実の種子の中液状胚乳であるココナッツウォーターは、低カロリーで脂質もほとんど含まず、ミネラル豊富です。

成熟した実からとれ、固形胚乳を原料として作られるココナッツオイルやココナッツミルクの栄養成分は、主に「中鎖脂肪酸」「ケトン体」です。

・中鎖脂肪酸

体内での燃焼効果が高く、脂肪として蓄積されにくい脂肪です。
このため、肥満予防や体脂肪の減少につながる効果が期待できるとされて、ダイエットや美容に注目されています。

・ケトン体

中鎖脂肪酸を摂取する際に生成される成分です。

老化の原因とされる活性酸素を除去する作用があるため、アンチエイジングや認知症予防に効果ができると言われています。

おすすめの食べ方!ドライのココナッツチャンク(ダイス)

テーブルの上の乾燥ココナッツダイス

良質な油が取れ、ダイエットや美容に効果的なココナッツのおすすめの食べ方は、加工せずにそのまま実を乾燥させたドライココナッツです。

日本では、オイルやココナッツパウダーなど、加工されたものが多く売られています。

自然のものをそのままドライに乾燥させた、アマゾンなどのネットの通販でなら手に入る「ココナッツチャンク」(ココナッツダイス)がおすすめです。

 

チップスのように薄くするのではなく、実を厚く切って乾燥させたものです。

歯ごたえもよく、チップスのように油で揚げていないため、カロリーも脂肪も比較的低くておすすめです。

たまに、ドライココナッツは、黒い点がついていることがあります。

これはローストの工程でココナッツから出たオイルが焦げたものです。

食べても問題ありません。

ココナッツダイスやチャンクは、「焼きココナッツ」などという名前で売られていることも多いです。

ドライココナッツチャンク(ダイス)のカロリーや糖質は?

ドライココナッツのカロリーは、100グラムで約660カロリー程度です。

炊いたごはん100グラムのカロリーは168カロリーのため、カロリーだけ注目すると、高カロリーでダイエット効果があるのか不安になると思います。

しかし、ドライココナッツは、炭水化物の成分が多く含まれ、そのほとんどが食物繊維です。

糖質=炭水化物-食物繊維

として表せられるため、糖質制限をしている方や、ダイエット中だけれど少し甘いものを食べたいという方に人気なのです。

しかし、注意しなければならないのは、無糖のココナッツダイスかどうかを購入する際にチェックすることです。
糖分がたくさん含まれて甘く加工されているものもあります。

多少の糖分(特にココナッツシュガー)ならおいしく、私は好きです。



どこで買える?

ドライココナッツチャンク(ココナッツダイス)が買える場所は、現状ではアマゾンなどのオンライン通販がメインです。

【TOMIZ(富澤商店)】なら販売されていましたが、成城石井やKALDI(カルディ)などにはココナッツチップスやココナッツロングしか売られていませんでした。

アマゾンでいくつか試してみましたが、一番のおすすめはこちら。

ココナッツの実をローストした焼きココナッツです。

実は乾燥してザクザクした食感で、とてもおいしいです。

アマゾンで購入すると、すぐに届き、パッケージの見た目もとてもかわいくおすすめです。

ココナッツダイスの入った袋

お礼のお手紙と一緒に届きました。

心がこもっていてとても嬉しいです。

次におすすめは、ノンオイルのドライココナッツです。

自然に近いままで売られています。

ちょっとしたおやつやおつまみに最適のココナッツチャンク(ダイス)。

乾燥させたもののため、栄養価も高く、女性やこどもにおすすめです。

お菓子のトッピングやヨーグルト、グラノーラに混ぜても匂いがよく、おいしいです。

ぜひ一度購入してみてくださいね!

※お子様と召し上がる際はアレルギーに注意しましょう。

 

 


コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました