立位の前屈のポーズの効果とコツ!腿ウラが硬くてもできる練習方法を紹介

立位の前屈の効果と練習のコツ 立位

立位の前屈のポーズは、サンスクリット語で「Uttanasana(ウッタナーサナ)」、英語で「Standing-Forward Bend(スタンディングフォアワードベンド)」と呼ばれます。

サンスクリットの「Uttana(ウッターナ)」には、「十分に伸びる」という意味があります。

太陽礼拝にも出てくるヨガの基本のポーズです。

立位の前屈のポーズの、効果練習のやり方とコツをまとめました。

立位の前屈の効果

立位の前屈のポーズで効果が期待できる部位

    • 腿裏、ヒザ裏、ふくらはぎを伸ばす
    • 腰を伸ばす
    • リラックス効果効果

ヨガでは、頭を下にする前屈のポーズは全て、深いリラックス効果があると言われています。

立位の前屈のやり方

立位の前屈の詳しいやり方と呼吸のタイミングを写真で解説します。

立位の前屈
  • STEP1
    直立(山のポーズ)
    マットの上で真っ直ぐに立ちます。
    両足は閉じて、内腿は締めます。
    深い前屈のやり方①マットの前方で直立
  • STEP2(吸)
    両腕を上にあげる
    吸う息で両腕を頭上に上げます。肩は楽にしましょう。
    前屈のポーズのやり方②両腕をあげる
  • STEP3(吐)
    股関節から前屈
    息を吐きながら、股関節を引き込むようにして前屈します。
    前屈のポーズのやり方③股関節から前屈
    両手が床につかない場合は、ヒザを曲げます。
    胸を腿に近づけていきましょう。
肩と首は力を抜いて、頭頂を床に向けます。

 

練習のコツとポイント

立位の前屈のポーズのコツとポイント

尾骨は天井に向けます。

・お腹を引き込んで、骨盤を倒し股関節を引き込むようにして前屈します。

・腿裏とヒザ裏が硬い場合は、ヒザを曲げて、両手を床につけ、腰の伸びを感じます。

・肩と首はリラックスしてできるだけ腿とお腹・胸を近づけます。

身体が硬いと、苦手と感じるかもしれません。
焦らずに続けることが柔軟性アップのポイントです。
反動は使わないようにしましょう。

よくある質問

立位の前屈のポーズとは?
A. 立位の前屈のポーズは、サンスクリット語で「Uttanasana(ウッタナーサナ)」と呼ばれ、腰や背中、足を伸ばすポーズです。

 

立位の前屈のポーズの効果は何ですか?
A.腿裏、ヒザ裏、ふくらはぎを伸ばす・腰を伸ばす・リラックス効果が期待できます。

 

立位の前屈の練習のコツは?
A.尾骨は天井に向けます。
・お腹を引き込んで、骨盤を倒し、股関節を引き込むようにして前屈します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました