木のポーズ(ツリーポーズ)の効果とやり方!ふらつく方は足の位置がポイント

木のポーズ(ツリーポーズ)の効果とやり方 立位

木のポーズ(ツリーポーズ)は、サンスクリット語で「Vrksasana(ヴリクシャーサナ/ヴルクシャーサナ)」、英語で「Tree Pose(ツリーポーズ)」と呼ばれます。

サンスクリットの「Vrksa(ヴリクシャ)」には「木」という意味があることに由来しています。

バランスを取るために体幹や足の強さが必要な木のポーズの、効果練習のやり方とコツをまとめました。
 

【ツリーポーズ/木のポーズ】のやり方とポイント!体幹強化でバランスと集中力アップ!

木のポーズ(ツリーポーズ)の効果

木のポーズの効果が期待できる身体部位

  • 体幹の強化
  • 太ももの強化
  • バランス感覚のアップ
  • 集中力のアップ
  • 木のポーズ(ツリーポーズ)のやり方

    木のポーズ(ツリーポーズ)の詳しいやり方と呼吸のタイミングを写真で解説します。

    木のポーズ
    • STEP1
      山のポーズ
      マットの上にまっすぐに立ちます。
      マットの上で直立
       
    • STEP2
      左足裏を右内くるぶしに当てる
      右足に重心をかけて、左ヒザを曲げ、足裏を右内くるぶしに当てます。
      片膝を曲げて左足裏を右くるぶしに当てた状態
       
    • STEP3
      左足の位置を徐々に上げる
      バランスが取れるところを探しながら、左足裏を徐々に上に上げ、かかとが出来るだけ恥骨に近づくようにします。
      左足のかかとを恥骨に近づける
      左のつま先は床を向き、骨盤は安定させたまま、ヒザを外側に開きます。
       
    • STEP4
      両手を胸の前で合わせる
      両手を胸の前で合わせてバランスをとります。
      両手を胸の前で合わせたツリーポーズ
       
    • STEP5(吐)
      ポーズを深める
      余裕があれば息を吐きながら両手を頭上に上げます。目線は数メートル先の1点を見つめます。ふらつく場合は、STEP4に戻ります。
      両手を上に上げた木のポーズ
       

    左の足裏を右の足に当てる位置は、バランスの取れる場所にします。
    ヒザは避けて、内くるぶし・ふくらはぎ・内腿のどれかを選びます。

    バリエーション
    ①両手を胸の前で合わせたまま
    ②両手を上げてY字に開く
    ③両手を上げて手のひらを合わせる

     

    練習のコツとポイント

    木のポーズ(ツリーポーズ)のやり方のコツ

    ・骨盤を正面に向ける

    ・曲げたヒザは外側に開く

    ・曲げた足の位置は、くるぶし・ふくらはぎ・もものバランスの取れるところを選ぶ

    ・左足裏で右の足の内側を押さないように気をつける

    ・肩甲骨は下げて方はリラックス

    ・上と下から引っ張られているように背骨を長く伸ばす

    ふらつくため苦手という方は、体幹を使うためにコアの意識をし、自分の中心を探すようにして集中してみましょう。
    ・足裏を当てる部分は、ヒザを避けるようにしましょう。

    YouTubeはこちら↓

    【ツリーポーズ/木のポーズ】のやり方とポイント!体幹強化でバランスと集中力アップ!

     

     

    よくある質問

    木のポーズ(ツリーポーズ)とは?
    A. 木のポーズ(ツリーポーズ)は、サンスクリット語で「Vrksasana(ヴリクシャーサナ/ヴルクシャーサナ)」と呼ばれ、片足立ちでバランスをとるポーズです。

     

    木のポーズ(ツリーポーズ)の効果は何ですか?
    A. 体幹の強化・太ももの強化・バランス感覚のアップ・集中力のアップなどの効果が期待できます。

     

    木のポーズ(ツリーポーズ)の練習のコツは?
    A.骨盤を正面に向け、曲げたヒザは外側に開きます。

     

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました