睡眠前におすすめ!ジャスミンのアロマの効果効能と使い方を紹介!

ジャスミンの花 フローラル系

ジャスミンのアロマオイル(精油)は、香水にも多く使用される、濃厚な甘さが特徴のフローラルな香りです。

安眠やホルモンバランスを整えるなどの効果が期待でき、様々なオイルとのブレンドも楽しめます。

ジャスミンのアロマの効果・効能、おすすめの使い方やブレンドを紹介します。

ジャスミンとは

ジャスミンの白い花

項目 特徴
名前 ジャスミン、スペインジャスミン、Jasmine、Jasminum officinalis/Jasminum grandiflorum(学名)
科名・属名 モクセイ科
抽出部位
抽出方法 有機溶剤法、冷浸法
香りの特徴 甘く濃厚でエキゾチックなフローラルな香り
香りの持続性・揮発速度 ミドルノート(4時間程度)
効果 リラックス・鎮静・精神の高揚、ホルモンバランスを整えるなど
禁忌 肌への直接の使用など
相性の良いブレンド ローズと合わせて究極のフローラルな香りや、柑橘樹脂系と合わせてさっぱりした香りに甘い深みと広がりを持たせることができる。
主な芳香成分 エステル類(酢酸ベンジル15〜30%、安息香酸ベンジル15〜30%)
ジテルペンアルコール類(フィトール15〜30%)
モノテルペンアルコール類(リナロール2〜10%)
その他(ジャスミンラクトン、インドール、オイゲノール、ネロリドールなど)

ジャスミンはインド原産の低木で、花は日没から開花します。

時間によって香りが変わると言われ、フランスでは早朝に、エジプトやモロッコでは夜に摘むことが多いようです。

700〜1,000kg花から1Lのオイルしか取れない採油率が非常に低い貴重な精油のため、値段は他のオイルと比べて高くなります。

香りの持続・揮発速度「ノート」とは、アロマの香りの揮発速度を表すものです。
・揮発速度が早く、最初の印象となる「トップノート」
・中間の速度で香り、ブレンドした時の中心の香り「ミドルノート」
・揮発速度が遅く、余韻のある香りとなる「ベースノート」
の3つに分けられます。

香りの特徴

ジャスミンの花

ジャスミンの香りは、濃厚な甘さのフローラルでエキゾチックな香りです。

少量でも強く香り、「香りの王様」とも呼ばれます。

ジャスミンの甘い香りは、古代エジプト王国の女王、世界3大美女で有名なクレオパトラが愛したとも言われ、女性に人気です。

香水やコスメなどにも多く使われる、ゴージャスで甘美な香りです。

ジャスミンの効果・効能

ジャスミンには、様々な効果が期待できますので紹介します。

身体への効果

  • 鎮静効果
  • 鎮痛効果
  • 婦人科系のトラブルの緩和
  • ホルモンバランスを整える

参考:アロマテラピーの教科書

精神的な効果

  • 抗うつ作用
  • 安眠効果
  • 精神高揚
  • ストレス緩和

ジャスミンは、使用量によって鎮静と高揚の両方の効果が期待できます。

少量で鎮静、多量で精神を活性化すると言われています。

参考:アロマテラピーの教科書

ジャスミンに禁忌はある?

一般的に精油は刺激が強いため、肌への直接の使用や、妊娠中は避けましょう。

特にジャスミンは香りが強いため、急にたくさんの量を使わずに、少しずつ利用してみましょう。

アロマバスなどに利用する場合は、希釈度を守り、必ずバスソルトやバスオイルと混ぜて使いましょう。

おすすめのブレンド

アロマの入った瓶

フローラル系柑橘系との相性がよくおすすめです。

特にローズとの組み合わせは、更にに濃密なゴージャスな香りになり、女性にも人気です。

ローズとジャスミンをブレンドした香水なども有名です。

柑橘系とブレンドすることで、甘さが抑えられてさっぱりとした印象を与えられます。

おすすめの使い方

アロマ
ジャスミンは、様々な効果が期待されるオイルですが、特にリラックスや安眠効果も高いため、寝る前に部屋で芳香浴がおすすめです。

寝室にデフューザーで使うと、リラックスしてゴージャスな満足感に満ち溢れるでしょう。

他に、入浴の際に、浴室の隅に数的垂らすと心身ともにリラックスできます。

ジャスミンは希少なオイルのため、数滴で長く香りを楽しめる、石鹸やキャンドル、手作りコスメなどもおすすめです。

アロマバスに使いたい場合は、直接湯船に入れると肌への刺激が強く感じる方も多いため、芳香浴がおすすめです。お風呂場の四隅に数的アロマを垂らして香りを楽しみながら入浴しましょう。

スキンケアのためにお風呂に入れたい場合は、必ずバスソルトやバスオイルと混ぜて使いましょう。

おすすめ精油

アロマオイルを取り扱うブランドは多くあります。

ジャスミンのエッセンシャルオイルは、たくさんの花から少量しか取れず、他のオイルと比べて値段が高いため、まずは少量から試してみるのがおすすめです。

生活の木

生活の木は、1mlの少量から購入が可能です。

さらに、ジャスミンだけの精油では値段が高くなるため、他の相性の良い香りとブレンドされたアロマも人気です。

レモンとバニラとジャスミンがちょうど良いバランスで香るアロマなどもあります。

NEAL’S YARD REMEDIES

NEAL’S YARD REMEDIES(ニールズヤードレメディーズ)は、コスメも豊富にあるため、まずはスキンケアコスメで香りや効果を試してみたいという方にもおすすめです。

純粋なジャスミンの精油は2.5mlから売られています。

他に、グレープフルーツやブラックペッパーとブレンドしたオイルは、華やかなジャスミンの香りと、爽やかなシトラスの香りでリフレッシュできると人気の商品です。

その他にもたくさんのアロマやコスメが揃っているため、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

 

ジャスミンのアロマオイルのまとめ

本の上のジャスミンの花

項目 特徴
名前 ジャスミン、スペインジャスミン、Jasmine、Jasminum officinalis/Jasminum grandiflorum(学名)
科名・属名 モクセイ科
抽出部位
抽出方法 有機溶剤法、冷浸法
香りの特徴 甘く濃厚でエキゾチックなフローラルな香り
香りの持続性・揮発速度 ミドルノート(4時間程度)
効果 リラックス・鎮静・精神の高揚、ホルモンバランスを整えるなど
禁忌 肌への直接の使用など
相性の良いブレンド ローズと合わせて究極のフローラルな香りや、柑橘樹脂系と合わせてさっぱりした香りに甘い深みと広がりを持たせることができる。
主な芳香成分 エステル類(酢酸ベンジル15〜30%、安息香酸ベンジル15〜30%)
ジテルペンアルコール類(フィトール15〜30%)
モノテルペンアルコール類(リナロール2〜10%)
その他(ジャスミンラクトン、インドール、オイゲノール、ネロリドールなど)

ジャスミンのアロマオイルは、甘く濃厚なフローラルな香りです。

少量で気持ちを安心させ、安眠効果が期待できるため、寝る前に寝室などで利用するのもおすすめです。

おすすめのブレンドは、フローラル系のローズと合わせてゴージャスさを楽しんだり、柑橘系と合わせてすっきりとまとめるのが相性が良いでしょう。

ジャスミンの精油は、希少で値段も高く、香り自体が強いため、少量を購入して少しずつ使うのがおすすめです。

 

よくある質問

ジャスミンのアロマ(エッセンシャルオイル)はどんな香りですか?
A. ジャスミンの香りは、濃厚な甘さのフローラルでエキゾチックな香りです。

 

ジャスミンの効果効能は何ですか?
A. リラックス・鎮静・精神の高揚、ホルモンバランスを整えるなどの効果が期待できます。

 

ブレンドに相性のいいアロマはありますか?
A. フローラル系のローズや、さっぱりとした柑橘系とのブレンドがおすすめです。

 

おすすめの使い方はありますか?
A. リラックス効果が高いため、寝る前に寝室でディフューザーを使ったり、アロマバスとして芳香浴がおすすめです。ジャスミンは希少なオイルのため、香りを長く感じるためにキャンドルや石鹸にするのも良いでしょう。

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました