【飲んではいけない?】バタフライピーの注意点(副作用)や効果と味、ラテの作り方を紹介!

青いバタフライピーのお茶が入ったカップ食事と健康

バタフライピーとは、タイやベトナムの東南アジアを原産としたマメ科の植物です。

青い色のお茶は、レモンを入れると紫やピンクに色が変わるため、インスタ映えすると人気です。

また、ダイエット美容にも効果があるとして話題です。

しかし、生理中の女性は「飲んではいけない」とも言われており、飲み方に注意が必要とされています。

青いハーブティー「バタフライピー」の

などを紹介します。

バタフライピーとはどんなお茶?

バタフライピーの青いお茶と花が入ったカップ

バタフライピーとは、タイやベトナム等の東南アジアを原産としたマメ科の植物です。

真っ青に美しい花の形が蝶々に似ていることが由来で、「バタフライピー」と呼ばれています。

お茶なので「バタフライティー」と言ってしまいそうですが、正しくは「バタフライピー」です。

本場のタイでは「アンチャン(anchan)」、
日本語では「蝶豆(チョウ豆)」「ブルーマーロウ」と呼ばれています。

この青い花の天然色素によって、お茶が青い色をしています。

お菓子の着色や、カクテルなどにも使われ、そのレシピと写真はインスタで人気です。

 

Blue Whale Cafe 🐳 #タイ#バンコク#🇹🇭#bluewhalecafe#butterflypea

ずんぽこさん(@nonji.720)がシェアした投稿 –

 

キャラ弁のレシピのアイデアにも使われています。

 

同じように青い色が出るお茶として他に知られているのが「ブルーマーロウ(ブルーマロウ)」。

別名「ウスベニアオイ」とも呼ばれ、粘液性があるため、ヨーロッパなどでは特に、のどにいいとして風邪を引いたときなどによく飲まれるそうです。

色がバタフライピーよりも出にくく、青い色にしようと思うとお花の部分をたくさん必要とします。

最近よく見る青いラテやお菓子に使われているのはバタフライピーの色が多いです。

 

効果効能

美肌の女性が植物の中で寝ている

バタフライピーには、抗酸化物質ポリフェノールの一種、「アントシアニン」が非常に多く含まれます。

バタフライピーに含まれるアントシアニンは、ブルーベリーの約4倍とも言われているのです。

そのため、目の疲労回復視力回復に非常に高い効果があります。

そのほかにも、高い抗酸化作用による

  • 脂肪燃焼、ダイエット効果
  • アンチエイジング効果
  • 美肌効果
  • 生活習慣病の改善
  • 血液サラサラ効果
  • 薄毛、白髪予防(育毛促進)

などの効果があると言われています。

薄毛、白髪予防(育毛促進)の効果は特に広く知られており、男性用の育毛クリーム「ブラックポムトン」にも使われています。

タイのバンコクでは、バタフライピーの配合されたシャンプーなども販売されています。

女性には、アンチエイジングとして、バタフライピーを化粧水と混ぜて使われたりもします。
 

注意!生理中に飲んではいけない副作用とは?

座っている女性の腰

バタフライピーは、血液をサラサラにする効果があります。

そのため、生理中は、サラサラになりすぎるのを防ぐために、飲んではいけないといわれています。

その他の副作用は特にありません。

少量であったり、特に変化を感じない方は、それほど気にしなくても飲んでもいいでしょう

授乳中に飲まない方がいいという説もありますが、科学的に禁止されているわけではないため、気になる方はかかりつけの産婦人科の先生などに相談してみるとよいでしょう。

味はおいしいのか?

バタフライピーの味は、ほとんどありません

ハーブティーですが、癖がまったくありません。

ハーブティーといえば、カモミールやルイボスティーなど、独特の香りがありますが、バタフライピーは味がむしろ薄いほどで、しっかり色がついていても、拍子抜けするほど味はせず、飲みやすいです。

人によっては「味がなくてまずい」という方もいるかもしれません。

台湾などでは、このバタフライピーにはちみつとレモンを入れて味付けをして飲むそうです。

 

バタフライピーの飲み方

ポットと2つのカップ

バタフライピーは、他のハーブティーと同様に、茶葉から抽出して飲みます。

沸騰した暑いお湯に茶葉をつけて数分煮だした後に、色が十分に出たら飲みごろです。

この時、注ぐお湯を低温にして抽出した方が、鮮やかなブルーの色が長持ちします。

はちみつやレモンを入れてもいいですし、カクテルのようにソーダで割って、フルーツを飾ってもとてもおしゃれです。

東京の高級レストランやバーでも、この幻想的な色を楽しんでもらうために、青いお茶として提供しているところがたくさんあります。

横浜の中華街などでも販売していることもあるようです。

タイのバンコクにはカフェでバタフライピーのラテを販売しているお店もあります。

青いラテはとても不思議でインスタ映えするため口コミでも人気です。

 

 

View this post on Instagram

 

EatsNstyleさん(@eatsnstyle)がシェアした投稿

そのほかには、ゼリーやケーキなどお菓子の色付けとして使われたり、飲む以外にもオーガニックの着色料としてなど、色々な場所で使われています。

パウンドケーキやパンなどのマーブル模様にアレンジも可能です。

珍しい色とおしゃれな見栄えから、ギフトやプレゼント手土産にも最適です。

 

View this post on Instagram

 

Chiew Seeさん(@autumn.kitchen)がシェアした投稿

バタフライピーラテ(青いラテ)の作り方とレシピ

お茶を入れる道具と茶葉

タイバンコクで人気のバタフライピーラテ(青いラテ)はとても簡単に作れます。

<材料>
・牛乳
・バタフライピー(アンチャン)
※乾燥茶葉や粉末でもOK
・シロップ(はちみつやガムシロップ)

<作り方レシピ>
1,バタフライピーに水か温かいお茶を入れて色をだします。
2,乾燥の場合は、色が出たらバタフライピーを取り出します。
3、コップに、まず最初に牛乳を注ぎ(ホットの場合は温かいミルク)ます。
4、シロップをお好みで入れて味をつけましょう。
5、牛乳の上に2の青くなった水をゆっくり注ぎます。

ラテアートのように、ゆっくりと注ぐことでミルクと、抽出された青いお湯が分離して二層になり、きれいな色合いになります。

 

髪への使い方

濡れたコシのある髪

バタフライピーは、白髪、薄毛対策、髪にハリとコシを出す効果もあると言われています。

薄毛や白髪対策、ハリとコシを出すには、直接髪につけましょう。

シャンプーの後に少量地肌につけるように流すとよいでしょう。

そののち、きちんとシャンプーとシャワーで洗い流しましょう。

青色を抽出したお湯をそのまま風呂に入れて入浴するという方もいますが、お肌の調子などを見ながら、身体に合う方は試してみてもいいでしょう。

 
 

買える場所とおすすめ商品

最もおすすめなのがオーガニック食品の通販をしている「オーガライフ」です。

オーガライフのバタフライピーは、完全無農薬なので安心です。

売り切れになっていることもあるので、チェックしてみてください。

他にも、色々なスーパーフードやオーガニック食品を取り扱っているので、私は愛用しています。

 

他にも、バタフライピーは、海外輸入商品を扱うKALDI(カルディ)成城石井でも最近見かけるようになりました。

また、ハーブティー専門店、エンハーブや、輸入商品などの取り扱いを多くする販売店【TOMIZ(富澤商店)】などでも売られています。

 

少量だけ試しに買ってみるのも安くておすすめです。

その場合はアマゾンや楽天の通販がおすすめです。

また、お茶以外にもアマゾンではバタフライピーのゼリーなどのデザートなども販売されていますので、試してみるとよいでしょう。

パーティーやお土産にもピッタリです。

お菓子作りの着色料としても使いやすい粉末・パウダータイプのバタフライピーも便利で人気です。

パウダーになっているため、お湯を沸かして色を抽出する必要がなく、そのままミルクティーとしてミルクに溶かしたり、パンケーキなどに混ぜて焼いて楽しむことができます。

バタフライピーは、ハーブティーやヨガなどの美容に興味のある友人、同僚へのちょっとしたプレゼントにも最適です。

参考記事
健康志向、ヨガ好きの人へのプレゼントにおすすめの商品
 

まとめ

色が変わるバタフライピーは、見るだけでも美しく、インスタ映えもするため、たくさんのレストランやカフェでも販売され始めています。

青いお茶が紫やピンクに変化するため、コナンのトリックティーとして商品化までされています。

ホームパーティーなどで試すと盛り上がるかもしれませんね。

ノンカフェインですので子供も安心です。

KarelCapek(カレルチャペック)
¥594(2020/07/05 15:04:11時点 Amazon調べ-詳細)

そしてその成分は視力も回復させ、美容やダイエット効果もある万能茶です。

是非一度、試してみてください。



 

関連記事↓
ターメリック・ゴールデンラテとは?味や作り方のレシピ、嬉しい効果効能!

 

コメント

  1. ブルーマロウはウスベニアオイのことで、同じように青い色が楽しめるハーブティーとして人気ですが、バタフライピーとは全く別種の植物ですよ。
    効能や、青い色を楽しむ際の扱い方もバタフライピーとは異なります(ブルーマロウはバタフライピーよりも発色させる温度が難しい)。
    バタフライピーの別名はアンチャンやチョウマメで、バタフライピーにブルーマロウという別名は存在しません。
    混同されて間違った知識を広めてらっしゃるようですので、ご注意ください。

    • 通りすがり様
      大変失礼いたしました。
      コメントとご教示誠にありがとうございます。

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました