冷え防止・滑り止め効果も!おしゃれコーデもできるヨガソックスの選び方とおすすめブランド

ヨガソックスの選び方とおすすめ ヨガウェア・ファッション

冷え性の方は特に、「ヨガをしても冬は寒く、夏も冷房で足先が冷える」という方も多いのではないでしょうか。

せっかくヨガで代謝を良くしたくても、逆に冷えてしまったり、シャバーサナでもリラックスできなくては本末転倒です。

そこで、冷え性で年中悩む筆者が、おすすめの、ヨガソックスレッグウォーマーの選び方やおすすめを紹介します!

ヨガソックスとは

ヨガソックスとは、通常の靴下と違って、ヨガマットの上でも滑らないように足指が出ていたり滑り止めがついているなど、ヨガやピラティスをしやすいようなデザインの靴下です。

足首を温めることで保温効果も期待でき、さらに気軽にレッスン中も着脱しやすいため、体温調節も可能です。

ヨガソックスの選び方

ヨガソックスは、長さや色なども様々あり、ヨガウェアと合わせておしゃれなコーディネートも可能です。

また、滑り止めや寒さ対策のためには、「足指のタイプ」、「滑り止めの有無」、「長さ」の3点をが選び方のポイントです。

足指

まず足指のタイプの違いです。

5本指ソックスで指先が出せるタイプは、足指でしっかりとマットを踏みしめることができ、滑りにくいのと、指を開きやすいのが特徴です。

5本指ソックスでも、足指を出さないタイプもあります。

その場合は、指部分に滑り止め加工がされているものを選びましょう。

指を一本一本出すのが違和感があるという場合は、トレンカタイプで踵と足先だけが出せる靴下がおすすめです。

ANDARのヨガソックス

安くて最近注目されているヨガウェアブランドANDARは、ヨガパンツとソックスの組み合わせを選べるお得なセット売りなども、シーズンによって実施しています。

滑り止め

運動量の多いタイプのヨガやピラティスでは、ポーズの安定や怪我防止のために、靴下をはく場合は、滑り止め加工のあるものを選びましょう。

大抵のヨガソックスには、シリコン素材などのつぶつぶとした滑り止めが靴下についています。

しかし、商品によっては、数回でツブツブが取れてしまったり、糸や埃がついて滑り止め効果がすぐになくなる商品もあります。

足指が出ていないものを購入する際は、滑り止めの部分もしっかりチェックしましょう。

長さ

長さは、足首を隠さないくるぶしソックスタイプ、足首まで隠すタイプ、ふくらはぎまで隠すレッグウォーマータイプがあります。

足首を隠すと締め付け感が気になるという方は、くるぶしタイプがおすすめです。

冷え性対策や、ゆったり系のヨガでとにかく温めたいという場合は、レッグウォーマータイプもおすすめです。

ふくらはぎまで隠せるタイプは、毛糸で作られたものも多く、その場合は滑り止め加工がついていないものもありますので、用途に応じて選びましょう。

おすすめヨガソックス3選

年中冷え性で長くヨガやピラティスを続ける筆者がおすすめしたい、ヨガソックスを紹介します。

ToeSox

ToeSoxは、アメリカ発の5本指のグリップソックスです。

オーガニックコットンを使用した最高品質で、足裏にはしっかりとグリップが施されています。

世界42か国のヨガ・ピラティス・バレエ・ダンスのクラスなどにも取り入れられる、ヨガソックスの老舗的な存在です。

実際に私も使っていますが、グリップ力が強く、足にフィットするため履いていて違和感はありません。

値段が少し高いのですが、洗濯しても長持ちするのでコスパは良いと思います。

トゥーソックス(ToeSox)
¥1,925 (2020/11/28 14:03:57時点 Amazon調べ-詳細)

Andar

【ANDAR】は韓国で人気のヨガウェアブランドです。

Andarのヨガソックス

20種類ほどの色のバリエーションがあり、パステルカラーなども豊富でとってもおしゃれです。

値段がとても安く、1足1,000円程度のものや、レギンスと合わせて購入できるお得な割引もあるため、初心者の方でも気軽にソックスを試すことができます。

Andarのヨガソックス3

かかとの部分は高くデザインされているため、そのまま靴を履いても靴擦れなどの心配もありません。



関連記事
Andarのウェアを実際に買ってみました!

 

シャンティ

日本製の下着ブランドであるシャンティでもソックスを販売しています。

shantiのヨガソックス

扁平足や外反母趾に考慮したテーピングのような作りになっています。

shantiのソックスの構造

ルームウェアや下着のブランドのため、履きごごちも追求された商品です。

デザインだけでなく、リラックス性などの機能性を重視したい方におすすめです。

関連記事
ヨガウェアシャンティを実際に来てみました!感想を紹介!
 

まとめ

長袖のウェアでポーズをする女性

ヨガソックスは、常温ヨガや外でのヨガをされる方には、冷え対策としてぜひ一枚持っておいて欲しいアイテムです。

足の裏はしっかりマットにつけておきたいという方も、レッグウォーマーなどで防寒ができると、陰ヨガなどのリラックス系のヨガや、瞑想のクラスに参加する際も安心です。

レッスン中は必要なくても、シャバーサナ(最後のリラックス時間)だけ使いたいという方も多いでしょう。

ヨガソックスは、ヨガウェアブランドからはもちろん、Tabio(タビオ)や靴下屋などの靴下専門店からも売られています。

長さや指のタイプ、滑り止めなどの選び方のポイントを参考にぜひ一度試してくださいね。

関連記事
長袖のヨガウェアで防寒!おすすめブランド一覧

寒さ対策に必須!長袖のヨガウェアで冷え防止!おすすめのブランドと選び方を紹介!
長袖のヨガウェアで、安くておしゃれなおすすめブランドと、選び方のポイントを紹介しています。常温やパークヨガでは、寒いと感じることがあるかもしれません。羽織のカーディガンやボレロ、またはよく動くレッスンの場合はストレッチ性があってフィットする長袖ウェアがめくれずにおすすめです。

 

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました