【アメリカ生活、子供の習い事】現地の日本語学校や塾よりアメリカらしい習い事を

【アメリカ生活、子供の習い事】現地の日本語学校や塾よりアメリカらしい習い事を

海外転職や駐在員として海外転勤、または留学をする際、
家族がいればまた手続きや悩みも多いことだろう。

その中でも最大の懸念は子供の教育だと、
よくアメリカでお会いするお父さまやお母さまから聞いた。

確かに、アメリカと日本の教育制度や内容、スピードは違うため、
家族そろっての移住の際は子供にとってのベストな方法を取ってあげたい。

アメリカの現地校に通いつつ、日本帰国時に日本の教育にも対応できるよう、
日本語学校や日本語補習校にも通わせるべきか、
またはせっかくアメリカに来ているのだから、
日本ではなかなか挑戦できないような習い事を視野に入れるか、
検討をしてみるのもよいだろう。




アメリカの日本語学校、日本語補習校

通常平日の学校は現地アメリカの学校へ通い、
授業が終わった後や土日に、別途日本語の学校に行くことになる。

駐在員の方は2~5年程度で日本に帰国される方も多いため、
日本帰国時に日本の学校教育についていけるよう、
「日本語」及び「その他の日本のカリキュラムに沿った科目」を学習している。

日本人や日系の方が多い西海岸カリフォルニアや、
ニューヨークなどは、日本語学校の数も多い。

授業数やクラス人数、月謝など様々なため、
各地のローカル日本人サイト「びびなび
などで調べて比較するとよい。

通常の学校に加え、さらに学ぶことや宿題も増え、
放課後や土日がつぶれるため、
個人的には子供には負担が大きすぎるように見えた。

しかし、日本に帰国した際に、
自分で「おちこぼれ」だというレッテルを張らないように、
知識を日本と同等にしておくことは将来帰国時の子供の
勉強意欲に多いに役立つだろう。

アメリカ永住者でも、
ご家族の意向で日本語を学ぶために通っている子供は多い。
彼らは日本の親戚と日本語で話すこともできるうえ、
第2言語として日本語を習得できる。

友人に、日系アメリカ人の大学生で
日本食レストランでアルバイトをしている子がいる。
アメリカで生まれ育ったため、母国語は英語だが、
アルバイトを日本語でできるくらい、
日本語はペラペラである。

彼は、日本語学校に通っていたころは
友人と遊ぶ時間も少なく、両親を恨んでいたが、
今では家族の母国の言葉が喋れ、
また、大学で他の言語の授業を習得すれば
2か国語以上を話すことができるため
両親にとても感謝をしていると言っていた。

 

アメリカの英会話教室

もちろん、これまで日本語で育ってきた子供が
現地校に通うとなると、英語の習得も欠かせない。

現地の学校で授業についていくことはもちろん、
友人を作って楽しい学校生活が送れるようサポートすることも
非常に大切である。

アメリカには世界中から様々な国の言語の方が
住んでいるため、英語を学ぶ英会話教室は
非常にたくさんある。

中でも子供の文法などの理解をより確実とするため
日本人による、日本人むけ英会話教室を探すとよいだろう。
ビジネスマンクラス、ママクラス、そして子供クラスや
夏休みなどの短期集中クラスなどもあるため
情報収集するとよい。

その他アメリカでの習い事

日本で大好きだったピアノを続けたい、
ダンスを続けたい。

そんなお子さんも多いはず。
日本人人口の多いエリアでは、
必ずこのようなクラスがたくさんある。

ぜひ子供の趣味や芸術性を伸ばしてあげるためにも
現地の習い事、日本語のできる先生によるスタジオなどを探してみよう。

 

 

家庭教師やナニー、ベビーシッター

日本語学校や日本語補習校に放課後や土日に行かせるのは
負担が大きいと思われる方にお勧めなのが、

日本人の家庭教師やナニーを雇うこと。

週に2回程度でも、自宅で楽しく会話をしながら
日本語を習得できるだろう。

学校のように厳しいプログラムに沿った宿題やスケジュールがないため、
「日本語を忘れないようにしてほしい」
「日本の親戚とコミュニケーションが取れるレベルであってほしい」
というような、アメリカ永住の家族には
よい選択肢であると思う。

一般的にこのような家庭教師やナニーをされている方は
広告やウェブサイトを持っていないため
完全な口コミが多い。

アメリカ歴が長い方などに聞いてみると
何か情報を持っているかもしれない。




 

アメリカらしい?21世紀の新しい習い事

せっかくアメリカにいるのだ。
日本ではなかなかできない珍しい習い事に挑戦するのもよいだろう。

ボーイスカウトやガールスカウトは代表的だが
クルーズや乗馬、ミュージカルなどもよいかもしれない。
もちろん日本でも習い事として可能だが、
その月謝などに違いがあるため、
検討にいれてみるとよい経験になるだろう。

個人的にお勧めしたいのが
コーディング、プログラミングである。

今や小学生の授業にタブレットが配られるような時代。
自分でウェブサイトやアプリケーションを作れるように
なっておけば将来非常に役に立つだろう。

子供向けではないが、
既にコーディングキャンプ、プログラミングキャンプは
アメリカでも人気があり、
1か月から3か月でプログラミング言語を習得するコースというものが
多々ある。

エンジニアの給料があがり、
仕事が増えているから無理もないだろう。
高い金額を払ってこれに参加する人は少なくない。

キャンプに参加するまでコミットせずとも、
プログラミングという、
また別の言語に拒否感がない程度に子供の時に触れておくだけで、
将来に大きな差が出る事は目に見えている。

日本帰国予定があるなら
日本語の習得や他の科目で遅れをとらないようにしておくことは
とても重要だ。

しかし、帰国予定があるからこそ、
アメリカでできる、アメリカらしい習い事を
挑戦してみるのもよいと思う。

是非視野を広く、
子供の未来のために
様々な経験をさせてあげてほしい。