【南インド】発祥の地、本場のアーユルヴェーダはどんなマッサージか体験しました!

美肌の女性インドでヨガ

 

インドでヨガ留学をする人が増えてきました。
せっかくヨガのインストラクター資格(RYT200)を取得するなら、ヨガの聖地インドに行く人が増えてきているのです。

ヨガの聖地と言えば、北インドの「リシケシ」ですが、アーユルヴェーダ発祥の地、南インドも非常に人気です。

 

https://behonest-bekind.com/the-reasons-i-recomend-keraka-for-yoga/
アーユルヴェーダの発祥の地、本場南インドのアーユルヴェーダと、日本のアーユルヴェーダの違いは何でしょうか。

 

値段マッサージの違いについて、体験をもとにまとめてみました。

 

 

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダとは、約5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学で、世界3大医学の一つとされています。
インドの伝統的医学で、6派哲学にも大いに影響を与えています。

 

 

サンスクリット語で「アーユス」は寿命、生気、生命を意味し、「ヴェーダ」は知恵、科学を意味します。

 

アーユルヴェーダでは、私たちの身体は「ドーシャ」と呼ばれる3つの要素(エネルギー)から成っていると考えられています。
このドーシャと呼ばれる3つの要素(エネルギー)のバランスが崩れることが病気や不調の原因であるとされ、このエネルギーのバランスをよく保つために働きかけるのが伝統医学アーユルヴェーダの考え方です。

 

 

自分のドーシャを知って、よりバランスの取れた健康な生活に達することを目的とし、予防医学として位置付けられています。
人は皆生まれた時から、それぞれいずれかのドーシャの要素が強く、さらに季節による体調の変化や、心身の状態、やライフスタイルによってドーシャは変化します。
自身のドーシャを理解して、アーユルヴェーダの考え方を生活に取り入れることで、心身ともにバランスの取れた健康的な生活を送れることを目的としています。

 

 

西洋医学との違いは、自分の体質を理解して、自分自身に合った食事などを行うことで、病気を予防する「予防医学」であることです。

 

※無料のオンラインアーユルヴェーダ診断を試すのは以下のサイトがおすすめです。https://www.ayurvedalife.jp/constitution_diagnosis_of_ayurveda.aspx

 

日本のアーユルヴェーダ

日本のアーユルヴェーダは、現在「マッサージ」としての認識が強い状態です。
グーグルで検索をしてみても、「オイルを使ったマッサージ店」が結果に出てくるでしょう。

 

南インドのアーユルヴェーダ

一方、南インドのアーユルヴェーダは、「マッサージ」というよりは「医療」という考え方が強いことが特徴です。世界各国から、南インドに「治療」を受けにアーユルヴェーダをしに来ている人がたくさんいます。

 

「食事による体質改善」などが主な治療方法で、マッサージは、アーユルヴェーダの治療方法の一部です。

 

 

南インドのアーユルヴェーダマッサージとは

それでは、本場のアーユルヴェーダ発祥の地、南インドで受けられるアーユルヴェーダマッサージとはどのようなものでしょうか。

 

アーユルヴェーダのマッサージにも、種類が大きく分けて次の3種類(3部位)あります。

 

シロダーラ
シローヴィヤンガ
アヴィヤンガ

 

シロダーラ(シローダラ)とは?

インドではシロダーラ又はシローダラと言われます。

シロダーラは、額に約4リットルもの温かい天然植物100%使用のハーブオイルを上から垂らして浸透させていきます。
頭皮へのトリートメント効果若白髪や脱け毛を防ぎ、毛髪へのメリットはもちろん、脳のマッサージとも言われ、リラックス効果が高く、休みなく騒がしく働いていた脳を休ませる効果があります。

 

 

額のチャクラ(第三の目・アジュニャチャクラ)にゆっくり浸透圧をかけることで中枢神経をリラックスさせ、一種の瞑想状態をもたらします。

 

シローヴィヤンガとは?

シローヴィヤンガとは、頭皮を天然植物100%のハーブオイルでマッサージするトリートメントです。
アーユルヴェーダでは、頭(脳)は大切な臓器と考えます。

頭部には、たくさんのツボが存在するため、オイルでマッサージすることにより、身体の各部位への刺激を促し、老廃物の排出などに効果があると言われています。

 

通常、日本では、このシローヴィヤンガと、シローダラの二つは別に考えられていますが、インドでは、シローダラで頭に垂らしたオイルを使ってそのまま頭をマッサージする(シローヴィヤンガ)ため、2つは一緒に行われることが多いです。

 

アヴィヤンガとは?

アヴィヤンガとは、「オイルを塗布する処置」、つまり全身のオイルトリートメントです。

 

これも天然植物100%のハーブオイルを使って全身をマッサージします。
身体と心に溜まって不調の原因となっている毒素をこの全身マッサージによって取り除くことを目的としています。

 

マッサージをしてくれる人によりますが、あなたの身体の疲れているところ、マッサージが必要な場所を重点的にマッサージしてくれるでしょう。
一番、通常の他のマッサージに近いイメージです。

 

南インドのアーユルヴェーダはどんな内容が体験ができるか?

私は南インドに滞在した際、せっかくですのでアーユルヴェーダのおすすめの施設を知り合いに聞いて行ってみました。

 

・金額:$30/60分

・内容:全身マッサージとシローダラ

 

金額は、観光客に提供しているマッサージにしてはとても安めだと思います。

①着替え

予約をしていた施設に行くと、個室に通され、担当のマッサージ師が説明をしてくれます。
ロッカーのようなところに荷物と服を入れて、渡された紙のふんどし(VIO脱毛するときの紙のようなふんどし)をつけて別途に横になれば準備は完了です。
上半身は隠しません。

②全身マッサージ
天然100%のオイルを使って全身をマッサージされます。

③その後、シローダラ

④シローダラの垂れてくるオイルがなくなったら、頭をそのままマッサージされます。

⑤同室にあるシャワーでオイルを落とす。

⑥着替え、修了

 

アーユルヴェーダの注意点~敏感肌でも大丈夫?~

アーユルヴェーダのマッサージには、オイルを大量に使います。
マッサージの後にシャワーで洗い流しても、完全に落ちるわけではないため、数日はテカテカです。

 

オイルが合わない方は、顔に吹き出物が出たりすることが多々あります。
これは老廃物がマッサージにより出てきているためなのか、お肌に合わないのかは不明ですが、これが気になる方はオイルマッサージはされないことをおすすめします。

 

ご自身がオイルに対して肌が反応するか否かを試すために、一度少量の精油(アロマエッセンシャルオイル)を購入して、テストとして肌に少しつけてみるとよいかもしれません。

 

アマゾンなどで少量で安く売られているので、とてもよいと思います。
もし身体に合わなくても、この少量であれば、アロマとして使用することが可能です。

 

 

 

 

もちろん、このオイルをそのままマッサージに使っているわけではないのですが、ちょっとしたパッチテストのように、試してみることができます。
※もちろんこの少量では反応がなくても、マッサージの後に炎症を起こす人もいます。

 

南インドのおすすめのアーユルヴェーダのマッサージの見つけ方

南インドには、アーユルヴェーダの発祥の地ですので、本当に多くのアーユルヴェーダの施設があります。
時間や値段はその施設によってまちまちです。

 

ぜひ南インドに行く機会があれば、一度試されてみてください。
施設の見つけ方でおすすめなのは、以下のサイトです。

Ayurvedic resorts, spas, hospitals, centers, schools retreats in South India
Find Your Ayurveda Treatment in South India. Browse the World's Largest Directory for Ayurveda in India. Read Real Reviews, Comments and Contact the Organiz...

あなたがいる場所や、指定した場所の周辺でおすすめのアーユルヴェーダ施設を紹介してくれます。

 

まとめ

アーユルヴェーダの発祥の地、南インドでは、アーユルヴェーダは医療の一つとして扱われています。
西洋の医学との違いは、アーユルヴェーダは「予防医学」であるという点です。

 

日本とは違い、南インドのアーユルヴェーダの施設では医療的な感覚で自身の身体をよりよくメンテナンスする治療やマッサージが行われます。

 

ぜひ一度、ヨガとアーユルヴェーダの産地南インドで本場のアーユルヴェーダを体験しに、訪れてみてはどうでしょうか。

 

 

 

コメント

\ 自宅でできる!オンラインフィットネス体験記事/
タイトルとURLをコピーしました