里親申請から引き取りまでの期間はどれくらい?保護犬の飼い主になるまでの流れ

里親申請から引き取りまでの期間はどれくらい?保護犬の飼い主になるまでの流れ

「保護犬の里親になりたいけれど、手続きは何をしたらいい?」

「引き取りたい犬が見つかったけれど、実際の引き取りまでの期間はどれくらい?」

 

など、里親になるための流れは、いざ踏み出さなければわからず、不安という方も多いのではないでしょうか。

実際に里親として保護犬を引き取っている筆者の実体験をもとに、流れと引き取りまでの期間を紹介します。

 

保護犬引き取りまでの大まかな流れ

① 里親登録またはワンちゃんを見にいく

② 運命のワンコに会えたら里親申請をする(書類)

③ 書類審査

④ 自宅チェック

⑤ ワンちゃんを引き取るための環境を整える(犬小屋など)

⑥ 再チェック又はトライアル

⑦ 引き取り

実際にかかる引き取りまでの期間

雑種の犬

里親申請をしてから、実際にワンちゃんを引き取るまでの期間は人それぞれです

 

③の書類審査の段階では、ほかに数名の里親希望の方がいる場合は、どちらの引き取り手の方がワンちゃんに最適化を団体さん側が、きちんと審査するでしょう。
そのため少し時間がかかる可能性があります。

 

また、⑤の環境を整える段階ではいつワンちゃんが家に来ても良い万全の状態にしてあげなければなりません

例えばケージを注文して届くまでに1週間かかる場合は、それを待ちます。

④ の自宅訪問をされた際に、施設や団体の方に改善点としてチェックされた項目があれば、それを改善し終えなければ、引き取りはできません。

 

⑥も、ご家庭によってそれぞれです。④の段階で再チェックが必要ない場合は、スムーズでしょう。
また、ワンちゃんによってはトライアルをする子としない子がいます。
例えばまだ人に慣れていない、デリケートなどのワンちゃんは、一度トライアルとして数日引き取りをしてみることをおすすめします。

 

筆者の場合の引き取りにかかった期間(参考)

私の場合の申請から引き取りにかかった期間を参考に紹介します。
私のケースは、申請する前からすでに里親になることを決めていたこともあり、とても早く引き取りに至りました。

① 里親登録またはワンちゃんを見にいく(2週間)

自宅から比較的行きやすい場所に保護犬施設があったため、実際に見に行ってから2週間ほど悩みました。

「私が本当に犬を育てていいのか?」
「一度傳経験をしたかもしれない保護犬を責任を持って育てられるか。心のケアまでしてあげられるか?」
「今の自宅環境はワンちゃんにとって最適か?」

など、モジモジ、、、、モヤモヤ、、、、考えながら、2週間の間に3回ほど施設を訪問して相談していました。

覚悟ができていないだけで引き取りたい気持ちは120%でした。

 

② & ③ 里親申請(書類)の結果まで(2日)

①の段階でモジモジ悩んではいましたが、

「気になっていたワンちゃんを今自分が引き取らなかったら後悔する!!!」

という気持ちから、申請をしました。

 

保護団体によって変わるかと思いますが、私の場合は規定の書類に自宅環境(間取りや家族構成、仕事で留守にする時間など)を記載して、提出しました。

この書類審査をとても早くしてくれました。
私の働き方が自宅から仕事のできる環境のため、引き取りは週末でなくてもよかったためです。

引き取ったワンちゃんはまだ一歳未満の仔犬であったため、できるだけ早く新しい環境に慣れさせてあげたいという団体の方の想いとご協力のおかげです。

 

④ 自宅チェック(4、5日中)

保護施設の方が、実際に自宅に訪問してくれ、犬がどのような環境で生活するのかをチェックされます。

・誤飲誤食するものがないか、
・必要な設備は揃っているか
・逃走経路がないか

危険チェックなどを徹底的にしてくれます。

 

これは自分でペットショップでワンちゃん買うと、初めてワンちゃんを飼う方は気づかない危険ポイントなども明確になるためありがたいシステムだと思います。

私の場合は、ケージをまだ注文中だったこと、噛んでいたずらしないようにコンセント周りの整頓などがチェックポイントでした。

自宅訪問する日は、休日でも平日でも調整してもらえます。

⑤ ワンちゃんを引き取るための環境を整える(2週間ほど)

こちらも人それぞれです。
例えば以前も犬を飼育していて、ケージやリードなど一式揃っている場合はすぐに態勢はできると思います。

私の場合は中型犬用の丈夫なケージを注文しており、それが到着するまでに2週間ほどはかかりました。
それ以外の備品(リードやお皿、おもちゃなど)はすぐに揃えることができました。

 

⑥ 再チェックとトライアル(2,3日程度)

④の自宅訪問時にチェックされた改善点を再度点検してもらえます。
実際に家に訪問される場合や、写真をとって送り、確認をしてもらう方法と2通りです。
私はケージの購入程度でしたので、ケージが届いてセットした写真の送信で問題ありませんでした。

トライアルとは、ワンちゃんが実際に家にきて快適に生活ができるか、慣れてくれそうか相性を試すという意味も含めて実際に数日間引き取ることです。

これを行うか否かは里親さんの希望や、ワンちゃんの状態によります。
一度トライアルをして見ないと不安という方は、試しに数日預かるといいでしょう。

しかしワンちゃんにとっては、いつも生活している寝床のある施設から一晩でも違う家にいくだけで、移動のストレスが大きくかかります。
そのため、トライアルをして問題なければ、そのまま引き取りとなる場合も多いです。

 

私の場合は、ワンちゃんが子犬でありフレンドリーであったこと、既に何度もワンちゃんのいる施設に通っていたことなども理由でトライアルなくそのまま引き取りとなりました。

 

つまり、書類申請まで団体を訪問してワンちゃんを見に行っていた期間を除くと、書類申請を実際にしてから引き取りまで3週間未満でした。

引き取ったワンちゃんは当時は仔犬だったため、早く現在の環境にも慣れさせることもできました。
また、仔犬の成長著しい期間を見届けることができてよかったと思っています。

 

焦らず万全の状態でワンちゃんを迎えることが重要

マンションに住む犬

もちろん、できるだけ早く引き取ってあげられると良いでしょう。
しかし、ケージがない、オモチャがなくてお留守番の時は遊ぶものがないなどの状態ですと、ワンちゃんもストレスが溜まります。

いつワンちゃんを迎え入れても問題がない準備万全の状態で引き取ってあげましょう。

犬にとっては施設から家庭に行くことは「引越し」であり、新しい環境になれるまでに時間もかかります。

新しい環境は快適な場所にしてあげましょう。

 

一度審査に通れば、あなたの運命のワンちゃんは、他の里親希望者の方が先に準備ができたからといって他の方に引き渡されることはありません。
「里親さんと相談中」のワンちゃんとなり、他の里親希望者さんの申請は団体が受け付けないように配慮してくれるはずです。

あまりに準備に長く時間がかかるようでしたら、それは必ず保護団体に確認や相談をしてみましょう。