【ダイエットと身体を冷やす効果】初心者もできる基本のヨガ呼吸法~コツとやり方~

【ダイエットと身体を冷やす効果】初心者もできる基本のヨガ呼吸法~コツとやり方~

身体を冷ます効果と、ダイエット効果がある「シータリー」呼吸をご存知ですか?

 

ヨガの呼吸法にはいろいろあります。

 

主にアシュタンガヨガで行う呼吸や、
鶴太郎さんがテレビでやっている呼吸など、

 

難しそうですよね。
試した方も、できない苦しいと感じた方も多いと思います。

 

今回は、初心者でも簡単にできる基本のヨガ呼吸の一つ

身体を冷ます効果と、ダイエット効果がある「シータリー」呼吸のやり方と効果を紹介します。

 

ヨガ呼吸の シータリ-呼吸とは?

サンスクリット語で「シータリー」とは、「熱を冷ます」という意味があります。
シータリー呼吸法は、50度近く気温が上がるインドの厳しい環境で生まれた呼吸法です。

 

また、空腹感を和らげる効果もあります。
瞑想に集中するために行われます。

 

通常、ヨガの呼吸法の多くは鼻で呼吸を行いますが、
シータリー呼吸法は「口から吸って鼻から吐く」という呼吸法です。

 

シータリー呼吸法の効果効用

身体を冷ます効果

シータリー呼吸は、舌を外に出して、舌で筒状の管を作り、そこから空気を吸い込み、鼻から吐きます。

舌を外に出して、ストローのように空気を取り入れることで、身体に入る前に空気は冷たくなります。

そして、体内に溜まっている温かい空気を鼻から排出します。

 

冷たい空気を取り入れ、温かい空気を輩出することで、体温を下げることにつながります。

 

ダイエット効果

シータリー呼吸法には、食欲を抑えるというダイエット効果があります。

 

もともとインドのヨギー達が、長い間瞑想をするために、空腹感を忘れる手段として用いていました。

現代人には瞑想時に空腹を抑えるためには使いませんが、

一旦空腹感を抑えて、ゆっくり食事をすることができれば、確かにダイエットにはつながると思います

 

 

シターリー呼吸のやり方

ヨガの呼吸法は慣れる間で難しいイメージがありますが、このシターリー呼吸は、初心者でも簡単にできます。

 

① 自分の楽な姿勢で座ります。
② 上半身をリラックスさせ、息を全部吐き出します。
③ 舌を前に出して筒状に丸めます。
※舌を丸めることができない場合は、「う」という口を作って口をすぼめます。

④ 丸めた舌の中から空気を吸い込むように「シー」と音をたてながら、を吸います。
⑤ 肺の中に冷たい空気が満たされたら、舌を戻して口を閉じ、軽くその呼吸を体内に留めておきましょう。
⑥ 鼻から温かい空気をゆっくりと吐き出します。

 

これを5回~10回程度繰り返すと、効果が感じられると思います。

 

Youtubeでやり方が出ていますので参考にしてください。

 

ヨガの呼吸法はヨガの効果を最大限にします

ヨガの呼吸ができるようになれば、ヨガのポーズも深まります

また、このシターリー呼吸なども、夏バテ対策にもなります。

ぜひヨガをされている方もそうでない方も、呼吸でもっと身体を整えてみましょう。

 

ヨガの呼吸法を学ぶのにおすすめの本を紹介しておきます。

効果ややり方が詳しく載っています。

 

ポーズができていても、どれほど身体が柔軟でも、呼吸が乱れているとヨガの効果は半減します。

是非参考にしてくださいね。