アメリカヨガ留学の方法★RYT200のインストラクター資格を取得しよう

アメリカヨガ留学の方法★RYT200のインストラクター資格を取得しよう

アメリカにヨガ留学する方法や、おすすめのスクールを、実際にアメリカ在住経験のある筆者が紹介します。

ヨガインストラクター資格RYT200を取得するためにヨガ留学をするなら、ニューヨークまたはカリフォルニアがおすすめです。

有名なヨガ流派の団体やインストラクターも多いため、しっかりとヨガについて学ぶことができます。

また、費用も比較的安く日程も豊富なスタジオも多いです。ぜひチェックしてみましょう。

 

こちらもチェック↓

海外にヨガ留学してインストラクター資格を取得するメリットとは?

 

全米ヨガアライアンス認定RYT200とは

ヨガアライアンスホームページ

全米ヨガアライアンス」はアメリカが本部の国際団体です。

 

質の高いヨガインストラクターや教育者を養成することを目的に、カリキュラム基準を定めたり、認定ヨガ指導者などの登録を行う非営利団体です。

「全米ヨガアライアンス」が発行する「RYT200」「RYT500」というヨガインストラクター資格を取得できます。

 

世界でも知名度が高く、世界各国で通用するスキルとして証明できる資格として多くの人が取得しています。

 

 

アメリカヨガ留学の特徴とメリット

アメリカには、インドからヨガを広めにきた様々なインドのヨガ流派創始者も多く、それぞれのスタジオで流派やスタイルを色濃く残しているスタジオがあり、ある流派を深く学びたい方にもおすすめです。

 

もちろん伝統的なヨガを行うスタジオがある一方で、新しい最先端メソッドを行うスタジオ、暗闇や音楽と合わせた新しいヨガスタイルを行う場所など、ヨガは生活に根ざしており、たくさんの種類なども試すことができます。

 

アメリカには、RYT資格を保持している人気インストラクターや世界的に活躍している方のヨガスタジオも多くあります。

ぜひ一度行ってみたいというインストラクターのクラスなどを調べてみましょう。

 

【参考】↓
アメリカの有名ヨガインストラクター一覧(NY・LA・SF)

 

アメリカにヨガ留学する方法

アメリカにヨガ留学する方法は大きく分けて3つあります。

 

ヨガ留学の方法3つ

① 自分で場所やスクールを選んで直接申し込む

② 日本の旅行会社や日本のヨガスクール主催のヨガ留学ツアーに申し込む

③ 語学留学やワーキングホリデーをしながらヨガ資格も取得する

 

留学パターン① 自分で場所やスクールを選んで直接申し込む

アメリカにあるヨガスクールや、好きなインストラクターを調べて、自分で申し込んで留学する方法です。

 

語学留学ではありませんので、ビザは観光ビザになるでしょう。

そのため、日本人の観光ビザで滞在できる3ヶ月以内に終了するプログラムに申し込むことをおすすめします。

それよりも長く期間が必要であれば、一度アメリカを出国して入国し直す必要があります。

 

メリット デメリット
・習いたいスクールやインストラクターを自分で決めることができる
・英語で日本人のいない環境で学べる
・行きたい時にいける
・旅行などをする時間もある
・海外に仲間ができる
・自分で申し込みや手続きをしなければならない
・自分で滞在場所や飛行機の手配の必要がある

 


おすすめのアメリカヨガ資格スクール3選

yogaworks(ヨガワークス)

場所 ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコなど各地
費用 $3,700
日程(期間) 約4ヶ月
ポイント ・有名インストラクター多数
・世界中に連携スタジオあり
・3ヶ月のフリークラスを受けられる
公式サイト https://www.yogaworks.com/yoga-teacher-training/

日本でも提携のスタジオがあるyogaworksです。
卒業生は非常に多く、解剖学にも力を入れています。

 

Ishta yoga(イシュタヨガ)

場所 ニューヨーク
費用 $3,700
日程(期間) 約4ヶ月
ポイント ・イシュタヨガを学べる
公式サイト ティーチャートレーニング

ハタヨガとタントラ、アーユルヴェーダを統合したイシュタヨガの本部で学ぶことができます。

 

Yoga Tree(ヨガツリー)

場所 サンフランシスコ
費用 $3,500
日程(期間) 約4ヶ月
ポイント ・Annie Carpenter(有名ダンサー&インストラクター)のいるスタジオ
・4ヶ月のフリークラスを受けられる
公式サイト ティーチャートレーニング

カリフォルニアで有名なヨガスタジオです。
イベントやワークショップも多く開催されています。

 

留学パターン② 日本の旅行会社や日本のヨガスクール主催のヨガ留学ツアーに申し込む

日本の旅行会社や日本のヨガインストラクター養成スクールが、アメリカで講座を開催しています。
大抵は数週間〜1ヶ月の短期集中コースです。

 

メリット デメリット
・短期で資格取得可能
・日本語で講座を受けられる
・ホテルや食事の手配が不要
・日本人の仲間ができる
・短期集中のため詰め込み式となる
・食事や滞在場所などに自由はない
・自分でスクールや講師を選べない

日本の企業が主催する短期集中のアメリカ留学コースはハワイが多いです。

詳しくはこちらに別に説明していますので参考にしてください。

 

 

留学パターン③ 語学留学やワーキングホリデーをしながらヨガ資格も取得する

語学留学やワーキングホリデーでアメリカ滞在中にヨガスクールにも通って資格を取得する方法です。

すでに学習用のやワーキングホリデービザを持っているため、3ヶ月以上の滞在が可能です。
そのため、よりヨガスクールの選択肢も広がります。

メリット デメリット
・語学メインで学べる
・英語で日本人のいない環境で学べる
・ビザを保持しているため時間をかけて学べる
・海外に仲間ができる
・ヨガメインでの留学ではない

おすすめの留学斡旋企業

 

留学やワーキングホリデーを紹介してくれる日本の仲介企業を利用すると、語学学校のエリア情報なども詳しく得られて効率的です。

 

 

特にハワイ留学ハワイパームスイングリッシュスクール【Hawaii Palms English School】」はすでに、留学プランに「ヨガ留学」を組み込んでいるコースもあります。

 

インストラクター資格を持っている方には、英語でヨガレッスンができるようになる英語の勉強や、インストラクター資格取得コースもあります。

 

その他の語学留学の企業でも、問い合わせなどして相談してみるといいと思います。

英語でレッスンを受ける必要があります

エクササイズをする2人の女性

本記事で紹介している①と③の方法では、英語で講座を受けることになります

ある程度の英語が話せ、理解できる必要があります。

ただ、ヨガで使われる英語はフレーズもほとんど決まっているため、日常会話が問題ないという方はチャレンジしてみることもおすすめです。

解剖学などの専門用語は英語で勉強するのは予習復習が必要になりますので検討してみましょう!

【参考】↓
海外ヨガ留学に必要な英語力は?しゃべれない、初心者もRYT200資格取得は可能?

【英語のヨガ動画】例文や表現を学べる!おすすめの動画での勉強のやりかた

 

日本語で資格が取れるヨガスクールは、日本のヨガスクールや旅行会社が運営する短期集中コースに申し込む方法がおすすめです。

日本語でヨガ留学が可能なプランはこちらにまとめていますので参考にしてください。

 

※日本語サポート付きのコースはハワイが多いです。

 

まずはリトリートに挑戦もおすすめ

ヨガのポーズをする男女

アメリカには、ヨガが日本よりも先にブームが始まったこともあり、ヨガ人口も多いです。

さらに有名講師も多く、それ以外にもダンサーやモデル、もちろん一般のかたも、ヨガをライフスタイルとして取り入れて深く学んでいる方はとても多いです。

 

「アメリカのTTC(ティーチャートレーニングコース)について行けるか?」と不安な方は、まずは数日〜数週間のヨガリトリートに参加してみるのもおすすめです。

ヨガリトリートとは、インストラクター資格は取得できませんが、一定期間ヨガを楽しみながら深く学ぶ合宿のようなものです。

 

短期間で、座学の授業などはありません。
そのため、まず海外の環境やレッスン雰囲気などを旅行感覚で参加できます。

 

 

上で紹介しているRYT200におすすめのスクールにも、リトリートを実施しているところもあります。

ぜひチェックしてみましょう。

 

アメリカヨガ留学はこんな人におすすめ!

・有名なインストラクターや講師のスクールで学びたい
・インターナショナルな雰囲気で資格を取得したい
・英語で資格取得し、英語でレッスンができるようになりたい
・ヨガも英語もレベルをアップしたい

留学や駐在などでアメリカにいる方には、特に通学で有名スクールに通うこともおすすめです。
英語の上達にもなります。

 

日本から資格取得のためにヨガ留学する方は、資金や時間があれば通学式の方が十分に学ぶことができます
短期コースは、費用が安い一方で、自分で資格取得後も勉強を続けなければスキルや知識を身に着ける時間は十分ではない可能性があります。

目的や費用などを検討し、ぜひ興味を持たれたら、アメリカのヨガ留学にも挑戦してみてくださいね!