【Philz coffee】フィルズコーヒーのオーダーのし方~おすすめのカリフォルニア観光カフェ~

【Philz coffee】フィルズコーヒーのオーダーのし方~おすすめのカリフォルニア観光カフェ~

アメリカで大人気のフィルズコーヒー(Philz coffee)とは?

フィルズコーヒー(Philz Coffee)は、サンフランシスコ発祥のサードウェーブハンドドリップで丁寧に淹れたアメリカで大人気のコーヒーショップです。

 

View this post on Instagram

 

Philz Coffeeさん(@philzcoffee)がシェアした投稿

 

フィルスの店舗はどこ?日本にはある?

フィルズコーヒーはアメリカの西海岸、カリフォルニアが発祥です。

現在はカリフォルニアエリア中心にしか店舗がなく、やっと昨年ワシントンD.C(東海岸)に店舗ができました。

ニューヨークなどからの旅行客も必ず訪れる有名コーヒー店です。

日本にももちろん未上陸。ぜひカリフォルニアに行ったらおすすめしたいカフェです。

 

フェイスブックのCEOであるマーク・ザッカーバーグも虜にした人気コーヒーショップで、Facebookの本社キャンパス内にもPhilz Coffeeは入っています。

 

ここのコーヒーのオーダーのし方は少し独特で、また豆の種類も豊富なため、初めて行ったら少しオーダーのし方に戸惑います。

 

そこで、カリフォルニアに行ったら必ず行くべきカフェの、オーダーのし方からおすすめのコーヒーを紹介します。

 

 

 

フィルズコーヒーの本店はどこにある?

サンフランシスコの街並み

 

フィルズコーヒーは、2002年にサンフランシスコのミッション地区で営業をスタート。
創業以来、46億円もの投資を獲得して店舗を増やしています。

 

CEOはジェイコブ・ジェーバーさん。
父親が創業の2代目です。

味とこだわりを落とさないために、ゆっくりとしか店舗を拡大していません。

 

 

View this post on Instagram

 

O.G.Philzさん(@philz.mission)がシェアした投稿

フレンドリーでおしゃれなバリスタがお客一人一人の好みを聞きながら、ドリップをしてくれます。
豆の種類などがたくさんメニューにありますが、味などが分からない場合は、相談をしてみましょう。

ローストの加減やミルクの量なども好みに合わせて作ってくれます。

 

サンフランシスコやロサンゼルスには数多くありますが、豆にこだわりを持ち、大量生産を行っていない店舗のため、まだその他のエリアには徐々にしか出店をしていません。

ぜひ、カリフォルニアに行った際に店舗に行ってみましょう。

 

 

フィルズコーヒーのオーダーのし方

フィルズコーヒーのオーダーは、はじめは難しいと思うかもしれません。

慣れたらとても簡単です。
好きな豆や飲み方を見つけてみてくださいね。

 

オーダーの流れ
①看板を見て、豆とローストのされ方を決める

②バリスタに注文

③バリスタが淹れてくれるのを待つ

④レジで支払い

 

①看板を見て、豆とローストのされ方を決める

 

 

View this post on Instagram

 

BOLDcursive✔️さん(@boldcursive)がシェアした投稿

豆の種類が書いてある看板の前に行き、ローストの加減と、どの豆がいいか決めましょう。

豆の種類はフィルズコーヒーの定番のものから、季節限定のものなど様々です。

 

フィルスコーヒーの豆とローストの種類

ダークロースト(Dark roasts)
Jacob’s Wonderbar Brew: ナッツのような香りでチョコレートのような風味で甘め
Tantalizing Turkish: カルダモンのような香り
Ether: 深い味わいでオイリー
Julie’s Ultimate: クラシックなコーヒーでフローラルな香り
Aromatic Arabic: フルボディーのアラビアコーヒー
Code 33: 強くて深い味わい

 

ミディアムロースト(Medium roasts)
Tesora: フィルズの代表的なブレンド。まずは初心者はこれがおすすめ
Philharmonic: 暖かなカルダモンの香り
Ambrosia Coffee of God: ナッツよのような甘さ
Anesthesia to the Upside: シャープな味わい
Silken Splendor: ナッツのような香り
Filtered Soul: ヘーゼルナッツの香り
It’s the Best: スムースな味わい
Dancing Water: 繊細な味わい
Half-Caff: テソラとカルダモンのハーフ

 

ライトロースト(Light roasts)
Sooo Good: スモーキーで甘い
Greater Alarm:高いカフェイン
Canopy of Heaven: 複雑なフレーバー(笑)

 

スペシャルドリンク(Specialty drinks)
Ecstatic Iced Coffee:アイスコーヒー
Mint Mojito Iced Coffee:ミントモヒートコーヒー

その他ホットチョコレートやチャイ

 

 

種類がたくさんありすぎて、何がいいのか分からないという方は、ぜひどれがおすすめかスタッフに聞いてみましょう。

甘いのが好みか、深みがある、苦みがあるのが好きかなどを聞かれ、あなたが好きだろう飲み方のコーヒー豆を選んでくれます。

 

②バリスタに注文

お会計の前に先にバリスタに注文します。

 

この中から、例えば「ライトローストの、豆の種類はSOOO Goodで」という風に注文するイメージです。

この時、甘いのが好きな方は甘めで、ミルクなどを豆乳にしたいときも、この時に伝えましょう。

 

※フィルズコーヒーは、ハンドドリップのコーヒーショップのため、エスプレッソを使ったラテなどはメニューにありません。

ミルクを入れたい方はバリスタに伝えましょう。

 

③バリスタが作ってくれるのを待つ

 

 

View this post on Instagram

 

Philz Coffeeさん(@philzcoffee)がシェアした投稿


オーダーをしたら、バリスタがコーヒーを入れてくれるので待ちましょう。

オーダーした場所の後ろで座って待っていても構いません。

お客さんが多くなければ、先にレジで会計を済ませてもいいでしょう。

 

コーヒーが出来上がったら、あなたの名前か、頼んだコーヒーをバリスタが叫んでくれるので、取りにいきます。

 

④レジで支払い

最後に、レジに行って、自分がどの豆を頼んだか、レジのスタッフに伝えれば、その金額を言われますので支払いましょう。

豆の種類によって、値段が変わるため、どの豆とローストを選んだか、記憶しておきましょう。

 

私は豆乳を加えてもらうので、追加料金のはずが、それを伝え忘れて安く支払ってしまうこともしばしば、、、、。

アメリカらしいアバウトさです。

 

 

View this post on Instagram

 

Philz Coffeeさん(@philzcoffee)がシェアした投稿

スタッフの方はたいていファッショナブルな服装で、タトゥーなどもファッションとしておしゃれです。
とってもフレンドリーで優しいので安心して飲み方の相談などができます。

 

おすすめのコーヒーと豆の種類

フィルズで一番人気のコーヒーは、ミントモヒートコーヒー。

 

 

View this post on Instagram

 

Philz Coffeeさん(@philzcoffee)がシェアした投稿


さわやかな味でとってもおいしいです。

 

私は、いつもダークローストのナッツの風味がするものに、甘い豆乳を加えてもらっていました。

濃厚なコーヒーやカフェラテタイプのコーヒーが好きな人は、この飲み方がおすすめです。

 

フィルズコーヒー(Philz Coffee)はWifiもあります

コーヒーとパソコン

さすがサンフランシスコ。

カフェにはどこにでもエンジニアがいて、パソコンで仕事をしています。

Wifiがきちんと高速完備。

 

中はソファーがあって、ゆっくりとできます。

 

 

View this post on Instagram

 

Philz Coffeeさん(@philzcoffee)がシェアした投稿

もちろんドッグフレンドリーでわんこもOK

 

View this post on Instagram

 

Philz Coffeeさん(@philzcoffee)がシェアした投稿

 

フィルズコーヒー(Philz coffee)の値段は高い?

カフェのテーブルの上のコーヒーとパソコン

一杯一杯丁寧にいれてくれるため、安くはありません。

一杯$6程度。

でも飲む価値はあります。

 

日本には既にブルーボトルコーヒーが進出しています。

ブルーボトルもアメリカのカリフォルニア州が発祥です。

ブルーボトルはエスプレッソを利用したラテも人気ですが、フィルズコーヒーはペーパードリップコーヒーのみ取り扱っています。

 

雰囲気なども全く違うため、ぜひブルーボトルが好きな方にもトライしてもらいたい店舗です。

 

ぜひアメリカに旅行などすることがあれば試してくださいね!

早く日本に進出してくれないかと祈るばかりです!