英語が苦手でも外資に転職!語学力不要のグローバル転職なら辛くない。

英語が苦手でも外資に転職!語学力不要のグローバル転職なら辛くない。

英語が話せないけれど、外資系企業に転職はできるのでしょうか?

 

私は実際に外資の企業で仕事をしたことがありますが、会社や部署によっては、英語を日常で使わずに働くことも可能です。

 

・英語ができないけれど外資系で働きたい
・外資で英語が話せなければ、会議や書類は辛い?
・外資系で英語を勉強したい
・英語力不要の外資企業の転職方法とは?

 

など、英語力不要の外資系求人について、実際にどれくらい英語を使うのか、応募の際の履歴書や職務経歴書、おすすめのエージェント、そして業務に至るまでを紹介します。

 

 

英語ができないけれど外資系の転職ができる職種は?

企業や部署によっては、英語を使わない場合もあります。
英語力が必須ではない外資系求人もあるのです。

 

特に、経理やマーケティング、人事などの事務系の職種は、高いレベルの英語は求められません。

 

また、会社にもよりますが、日本の会社をクライアントとしたエージェント企業や、コンサルティング会社、製薬会社の営業などは、取引相手も日系企業となるため、英語を使用することが少ないです。

 

一方、外資系のホテルや証券会社、秘書などはToeicの点数なども必須です。
また、入社してすぐに英語研修などがある企業もあり、高いレベルの英語が求められます。

 

 

英語不要の外資企業では、どれくらい英語を実際につかう?

経理やマーケティング、人事などの事務系の職種は、高いレベルの英語は求められない場合が多いです。

実際に英語を使う場面は、

・海外の本社から社員が来る際の挨拶や自己紹介
・海外とコミュニケーションが発生した時のメール

程度です。

 

外資系企業だと、「社内メールや公用語、会議や書類も、全てが英語で、英語が苦手だととても辛い」というイメージがありますが、実際にはそれほど使わない会社も多いのです。

 

 

実際に私が仕事をした外資系の会社では、私は営業をしていましたが、取引相手は日本人だったため、ほとんど英語は不要でした。

たまに、英語で本社から電話がかかってきたものを、誰かに取り次いだりする程度でした。

 

 

英語を使わなくても外資転職するメリットとは?

外資系企業のメリットは、英語を活かせる、英語力がアップするという点も大きいです。

しかし、英語ができなくても、外資に転職するメリットは多くあります。

 

英語ができなくてもメリットは多い

・給料水準が高い
・フレックスや時短など、働き方改善が進んでいる
・実力重視
・英語も勉強できる環境がある

 

給料などの福利厚生の部分はもちろん、英語を学びやすい環境は整っています。

 

これからスキルアップのために英語を頑張りたいという方には、勉強をするチャンスはいくらでも社内にあります。

 

外資転職なら、まずエージェントに相談がおすすめ

外資に転職したいなら、まずは外資系に強い転職サイト(エージェント)

に登録して相談することをおすすめします。

 

英語不要という募集要項でも、実はある程度の英語レベルを求めていたり、高い英語レベルが求人欄には掲載されていても、実際は全く英語は使わない職務内容であることもあります。

一度、エージェントに相談をしてみると、おすすめの求人を教えてくれるでしょう。

 

 

また、国内の外資系や、日本企業でもグローバル企業の海外関連部署などを希望する場合は、履歴書や職務経歴書は英語で提出しなければならない場合があります。

その際も、エージェントに登録をしておけば、英語で作成するサポートもしてくれます

 

 

外資系転職におすすめのエージェント

PASONA GLOBAL(パソナグローバル)

 

【パソナキャリア】は、人材派派遣会社のパソナグループが運営する求人サイトです。

 

他のエージェントや求人サイトよりも、欧米系の外資系の求人が多いことと、派遣会社が元のため、派遣の求人もネットワークがあるのが特徴です。

 

女性歓迎の案件も多く、実際に女性のリクルーターが多く在籍しています。

出産や育児の際の働き方を改善したいために、外資系企業転職を検討する女性には非常におすすめです。

英語は苦手という方でも、勉強するのはいつでも遅くありません。

 

外資転職で一番の不安である、面接や英語での履歴書の書き方や添削までをも手伝ってくれる数少ない転職サービスです。

 

 

パソナの無料登録は公式サイトから↓

 【パソナキャリア】



 

 

BIZREACH(ビズリーチ)

 

「ビズリーチ」は、グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイトです。

 

外資に限らず転職を考えるなら、まず登録するとよい求人サイトです。

 

会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上の求人サイトのため、外資系の求人でも種類が多く、英語不要の案件など、情報も多いです。

 

ビズリーチは、登録しておくだけで、あなたの履歴書に興味を持った優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届くことがあります。

 

急ぎで今すぐに転職を考えていなくても、いずれ外資系転職をしたいと思っている方は、今の自分の市場価値も分かりますので、ぜひ一度登録をしてみることをおすすめします。

 

 

無料登録はこちらの公式サイトから可能です。↓

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

BIZREACH

 

 

 

リクルートエージェント

求人案件数・登録数ともに業界最大手の求人エージェントです。

無料登録を行うと、プロのキャリアアドバイザーが専属で付き、「転職支援サポート」をしてくれます。

 

最大手ならではの巨大なネットワークで、外資系企業だけでなく、日系の大手グローバル案件なども多いのが魅力です。

日本のグローバル企業であれば、事務関係などのバックオフィス、外資系企業の営業などでも、取引先が日系企業などの外資系製薬会社などが多くあるため安心です。

 

まずは国内のグローバル企業で働くことも検討している人は、登録をおすすめします。

 

 

無料登録は公式サイトから↓

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

 

 

doda(デューダ)

 

dodaエージェントサービスは、国内で活躍できる、外資系や日系グローバル企業の求人が非常に多いエージェントサイトです。

 

日本で展開している外資の大手企業や、日本の上場グローバル企業などの案件が多いのが特徴です。

外資の習慣を取り入れつつ発展している日系グローバル企業なども検討したい方は、こちらも登録しておくと、応募やエントリーが可能な求人の幅が広がります。

 

 

無料登録は公式サイトから↓

転職はdoda

 

 

 

英語が話せなくても憧れの外資転職に挑戦してみよう

外資系に転職するために、英語は必ず必要ではありません。

 

海外が本社の仕事であっても、日本で営業などをする製薬会社やエージェントなどの場合や、バックオフィスの事務や人事、経理の仕事は英語不問の場合もあります。

 

もちろん、英語が話せた方が、可能性も広がります。

勉強するのは、いつからでも遅いことはありません。

 

外資系転職であれば、お給料がアップしたり、働き方もフレックスになるなどのメリットが期待できます。

 

英語が苦手だから、喋れないからと、あきらめずに、ぜひ一度エージェントの求人だけでもチェックしてみましょう。

 

紹介した海外転職おすすめの求人サイト一覧です。

ポイント サイト
女性おすすめ
履歴書などのサポートあり
【パソナキャリア】
国内最大級
スカウト型
 転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】
国内グローバル案件
大手・上場企業
リクルートエージェント
国内グローバル企業の求人 dodaエージェントサービス 

 

 



 

 

外資系入社までに英語を勉強するなら

英語が不要の外資系の転職ももちろん可能で、求人もあります。
しかし、せっかく外資の会社に就職するなら、英語も勉強したいですよね。

また、入社までにある程度のレベルの英語ができれば、入社後何かあったときにも辛い目に合わずに済むかも知れません。

 

自己紹介や簡単なメールの挨拶程度は英語でできるようになっておくといいでしょう

 

英語勉強法としておすすめするのが、海外ドラマや映画です。

私はこれを英語でひたすら見て、留学経験などなしに、日本で独学でTOEIC900点代を取得しました。

 

海外ドラマや映画を見ることで、脳が自然と英語に慣れていきますので、ぜひ試してみてください。