【正社員】インド就職事情!おすすめ転職サイト・エージェント~女性、未経験特化~

【正社員】インド就職事情!おすすめ転職サイト・エージェント~女性、未経験特化~

インドで働いてみたい!

 

そう思っていも、

 

インドで正社員の転職先を見つける方法は?

インドの給料は?

未経験でも求人募集はあるか?

女性も安全?

どの転職エージェントがインドに強いか?

 

など、インド転職事情については不安がたくさんありますよね。

 

そこで実際に、インドで日本から仕事を見つけた筆者が、給料や未経験や女性もOKかなど、インドの転職事情と、インドで転職する際のおすすめ転職エージェントをブログで解説します。

 

まずおすすめのエージェントトップ4です。

ポイント サイト
帰国時サポート充実
女性おすすめ
【パソナキャリア】
国内最大級のスカウト型  転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】
外資転職に強い
イギリス本社の外資
【ロバート・ウォルターズ】
アジア転職に最も強いおすすめ 海外への転職はJAC Recruitment

 

それぞれのポイントなどは、このページの転職事情の下方に書いています。

インドの転職事情について

①求人は多い?正社員採用はある?

 

他の国に比べて、インドは正社員採用が多い傾向にあります。

 

インドの人口増加と経済成長に伴って、求人も非常に多いのです。

 

インドの経済発展は目覚ましく、2017年のGDP成長率の予想は7%を超えています。

 

そのため、メーカーやITの日本企業の進出も続いており、日本人のインド在中の求人も増えています。

 

もしもあなたが海外営業の経験があったり、エンジニアのスキルがあれば、比較的スムーズに正社員としての仕事は見つかるでしょう。

 

②インドの給料・年収はいくら?

 

インドでは法律で、外国人を雇うなら年収を最低2万5000ドル(約250万円)以上払わなければならないと決まっています。

 

インドの平均年収は100万円程度なので、インドで働くなら必ず一定の生活は保障されています。

 

インドの物価は非常に安く、毎月家賃に5万あれば、十分安全な場所に住むことが可能です。

 

③インドで働くには英語力はどれくらい必要か?TOEICの点数は?

インドで働くメリットの大きな理由の一つは、英語力がつくことです。

 

たいてい、「TOEIC750点以上」の求人が多いです。

 

インドの、日本人求人の内容は、インド人チームをまとめる役割の求人募集が多いです。
そのため、日常会話レベルでインド人スタッフと意思疎通ができるレベルの英語力が求められます。

 

インドは公用語が英語のため、普段の生活も英語で差し支えありません。

ビジネス英語と日常会話の英語のスキルアップになります。

 

④インド転職は女性の働きやすい求人もあるか?安全か?

 

インドの正社員雇用では、先ほどの最低限の給料補償があることに加えて、たいていの会社では、

 

会社と自宅への送り迎えの専用運転手をつけてくれます。

 

 

インドで日本人の求人が多い街は「グルガオン」という場所ですが、ここは交通渋滞がひどく、慣れた人でなければ運転は難しいです。

 

そのため、たいてい会社は送迎の運転手を雇ってくれます

つまり女性だからインドに行くのは危険と躊躇する人も多いですが、働く環境としては通勤までもきちんと守られています。

 

また、求人の内容としてもインド人チームをまとめる「チームマネージャー」の求人が多く、メンバーとコミュニケーションを取って折衝ができる「女性的」資質のある方を求めている会社も多いです。

 

対人関係がうまくできる女性は、海外で仕事をした経験がない未経験の人でも、多くの方が正社員としてインドで働いています。

 

インドで働くメリットとは

インドで働くことのメリットは非常に大きいです。

 

・外国人の給料水準が高い(国に最低保証があるため安心)
・経験不問、未経験OK、女性歓迎の求人が多い
・公用語が英語のため、英語のスキルアップにもつながる

 

インドで仕事をすると、グローバルビジネスのスキルもつき、英語も上達します。

 

 

また、発展中のすさまじいスピード感の中で、将来国際的に働けるグローバル人材となることができるでしょう。

 

インド転職におすすめの転職サイト・エージェント

未経験・女性・正社員案件という条件を伝えれば、あなたのこれまでの経験や職歴を含めてエージェントが相談に乗ってくれます。

 

自分でネットで求人を探すよりもいいポジションや待遇のことが多く、面接指導もしてもらえるので、必ず転職サイトに登録をすることをおすすめします。

 

パソナキャリア

 

【パソナキャリア】は、人材派派遣会社のパソナグループが運営する海外求人募集案件が多い求人サイトです。

女性歓迎の案件も多く、実際に各海外オフィスには、女性のリクルーターが多く在籍しています。

 

パソナは、海外転職で一番の不安である、面接や英語での履歴書の書き方や添削までをも手伝ってくれる転職サービスです。

 

海外転職時だけではなく、転職後から帰国後のキャリア支援まで相談に乗ってくれます。

インドで英語力を磨き、日本でスキルアップとして帰国、転職をする予定のある方は、とても心強いエージェントです。

 

パソナの無料登録は、こちらの公式サイトから可能です。→ 【パソナキャリア】

 

 

Bizreach(ビズリーチ)

「ビズリーチ」は、グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイトです。

 

海外転職を考えるなら、まず登録しておくとよい求人サイトです。

 

会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上の国内最大級の求人サイトです。

そのため、もしもインドの求人がなくても、ヘッドハンターやリクルーターは相談をすれば案件を見つけてきてくれるでしょう。

 

パソナキャリアと比べると、国内の案件が多く、インドの案件は少ないです。

しかし、ヘッドハンターが多いためネットワークは莫大です。
一度相談をしてみましょう。

 

 

ビズリーチの公式サイトはこちら→ 転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

 

 

ロバート・ウォルターズ

 

ロバートウォルターズは、イギリスに本社を置く、世界28か国で人材派遣をしている世界的老舗エージェントです。

 

インドは以前イギリス統治下にあったこともあり、インドにある外資系企業や日系企業に非常に信頼があります。

 

コンサルタントは全員バイリンガル又は外国人で、求人紹介から募集企業の面接までのやり取りが全て英語になることもあります。

そのため、外資系転職が未経験の方でも、ある程度の英語力を必要とされます。

 

しかし、バイリンガル又は外国人のコンサルタントが、英語の歴書の作り方から英語面接の受け方までしっかり外資系向けにサポートをしてくれます。

 

もし応募した企業に合格しなかったとしても、ロバートウォルターズで転職活動をするだけで、大きなスキルアップにつながります。

 

 

登録は公式サイトから可能です → 英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

 

 

JAC recruitment(JACリクルートメント)

 

JACリクルートメントは、インドをはじめ、シンガポール香港など、アジアの求人が非常に充実しています。

 

現地にリクルーター(エージェント)が実際にいるので、その企業の様子や雰囲気を詳しく教えてくれるので、海外転職でも不安が解消されます。

現地のリクルーターとは電話やスカイプなどでやり取りをします。

 

日本企業の駐在案件から、現地の第二新卒案件未経験歓迎の案件まで、幅広く求人があります。

 

私は実際にJACさんのおかげでインドで2件の内定を頂いたことがあります。

 

インドに限らず、これから市場が大きくなるであろう東南アジアでの海外転職を検討する方は、登録しておきましょう。

 

カモメアジア転職

中国や東南アジアの転職に非常に強い転職サイトです。

他の転職サイトよりも現地飲食系の求人がが多いサイトです。

海外の飲食系で仕事をしたい人にはおすすめのサイトです。

 

カモメアジアの公式サイトはこちら

 

インドで転職、仕事を探すのに大切なこと

インドで転職をしたいと思っている方は、まずその方法として、海外案件に強い転職サイトに登録することが大切です。

 

今インドではどのような仕事の求人が多いのか、
どのようなスキルが求められているのか、

などの情報を仕入れることができます

 

また、実際に求人案件を見てみることで、採用されるためには今自分に必要なこと、もっと勉強すべきことなども明確に見えてくるでしょう。

 

 

今すぐにインド行き&転職を検討していなくても、転職サイトには早めに登録して自分の市場価値を知っておきましょう。

 

思わぬスカウトの連絡が来ることもあるかもしれません。

まずは紹介したおすすめサイトだけでも登録して、未来の道を広げておきましょう!

 

ポイント サイト
帰国時サポート充実
女性おすすめ
【パソナキャリア】
国内最大級のスカウト型  転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】
外資転職に強い
イギリス本社の外資
【ロバート・ウォルターズ】
アジア転職に最も強いおすすめ 海外への転職はJAC Recruitment

 

インドで働く前に読んでおくと便利な本はこちらです。