【海外インターンシップ】帰国後の転職と就職方法とおすすめエージェント

【海外インターンシップ】帰国後の転職と就職方法とおすすめエージェント

海外インターンシップから、日本に帰国して転職・就職する方法と、

おすすめの登録しておくべき転職サイトを紹介します。

 

せっかく海外にインターンシップに行ったなら、その経験を活かして、日本帰国後も

英語が使える仕事や外資系企業」

に転職したいと思う方も多いでしょう。

 

 

海外経験を活かす仕事に就くための方法と、

外資系・日系グローバル企業に強いおすすめの転職エージェント(サイト)

 

をまとめました。

 

 

海外インターン経験を活かして日本で転職する方法

せっかく海外でインターンシップに行ったなら、その海外経験を活かして日本帰国後も就職をしましょう。

 

インターンシップと言えども、海外経験と海外での就労経験は、非常に大きな強みになります。

 

 

転職方法① 英語力を強みにする

グローバル化によって、また東京オリンピックに向けて、英語が話せる人材をどの企業も欲しがっている状態です。

 

ぜひ海外経験と、英語を使って仕事や生活をしていたことを強みにして、転職活動を行いましょう。

 

帰国後にTOEICなどを受けて、転職の際に英語力を証明できるようにしておくことも有効でしょう。

 

 

転職方法② 行動力をアピールする

海外に行きたいと思っていても、それを実際に行動に移せる人は多くありません。

 

海外インターンシップは、もしかしたら日本で正社員で働いていた時よりお給料が低いかもしれません。

 

それでも、経験を重視して海外インターンシップ行って仕事をした決断力と行動力は、今後も大きな強みになります。

また、転職先企業にもアピールできる有効なポイントです。

 

 

転職には、即戦力と人間性が重視されます。

ぜひ、すぐに戦力となりうる語学力、そして決断力や行動力を持つあなたの人間性をアピールしましょう。

 

 

海外インターンシップ経験を活かせる仕事に転職する方法

海外インターンシップをしてビジネス英語力をつけられたなら、帰国後も海外と繋がる仕事をしたいと思う方は多いでしょう。

 

英語を使って海外と仕事をするなら、

 

・外資系企業

・日系グローバル企業

 

への転職がもっとも可能性が高いでしょう。

 

 

外資系や日系グローバル企業に英語を活かして転職をするなら、

外資系や日系グローバル企業に強い転職エージェントに登録をしましょう。

 

 

現在は履歴書を登録しておくだけで、企業からスカウトのメールが直接届いたりします。

海外経験のある履歴書には、必ずリアクションがあるでしょう。

 

 

外資系や日系グローバル企業に強いおすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

 

求人案件数・登録数ともに業界最大手の求人エージェントです。

無料登録を行うと、プロのキャリアアドバイザーが専属で付き、「転職支援サポート」をしてくれます。

あなたに合った企業や、おすすめの企業を紹介してくれます。

 

最大手ならではの巨大なネットワークで、海外勤務案件だけでなく、海外出張が非常に多い国内グローバル案件なども多いのが魅力です。

 

バイリンガル案件国内での大手外資系企業の管理職案件、さらには未経験案件まで、幅広く求人を扱っている転職サイトです。

 

募集求人を見るだけで、外資系やグローバル企業への転職にはどのようなスキルがあればいいのかも分かりますので、ぜひ一度登録をしてみることをおすすめします。

 

 

無料登録は公式サイトから↓

リクルートエージェント

 

 

 

PASONA GLOBAL(パソナグローバル)

 

【パソナキャリア】は、人材派派遣会社のパソナグループが運営するアメリカ・カナダの外資系求人が比較的多い求人サイトです。

 

アメリカやカナダにワーホリに行かれていた方で、特に企業で仕事をした経験がある方は非常に有利でしょう。

 

また、外資系転職で一番の不安である、面接や英語での履歴書の書き方や添削までをも手伝ってくれる数少ない転職サービスです。

 

 

パソナの無料登録は公式サイトから↓

 【パソナキャリア】

 

ロバート・ウォルターズ

 

ロバートウォルターズは、日本国内で、外資系に転職するなら一番おすすめの転職サイトです。

 

外資系企業からの信頼が高く英語を活かせる求人のみ扱っており、未公開案件などもたくさんあるため、登録しておくことをおすすめします。

 

コンサルタントは全員バイリンガル又は外国人で、求人紹介から募集企業の面接までのやり取りが全て英語になることもあります。

そのため、外資系転職が未経験の方でも、ある程度の英語力を必要とされます。

 

 

しかし、バイリンガル又は外国人のコンサルタントが、英語の歴書の作り方から英語面接の受け方までしっかり外資系向けにサポートをしてくれます。

 

もし応募した企業に合格しなかったとしても、ロバートウォルターズで転職活動をするだけで、大きなスキルアップにつながります。

 

 

登録は公式サイトから↓

 英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

 

 

doda(デューダ)

 

dodaエージェントサービスは、国内で活躍できる、バイリンガル求人が非常に多いエージェントサイトです。

 

英語だけでなく、中国語・スペイン語などの多言語を活かせる求人がたくさんあり、日本にいながらグローバルに働くことができる大手企業の求人がたくさんあります。

 

英語圏以外の国にワーホリに行き、英語以外の語学を転職に生かしたいなら、必ず登録しておきましょう

 

 

海外展開・進出をしている日系企業で海外営業などの職種が多く、言語力を活かせるグローバル企業や上場企業が多数掲載されています。

 

登録しておくだけで、あなたの履歴書に興味を持った優良企業からスカウトが届くことがあります。

 

 

 

dodaの無料登録は公式サイトから↓

 転職ならdodaエージェントサービス

転職はdoda

 

 

 

まとめ~海外インターン経験をうまく活かして転職しよう~

 

海外インターンシップは、海外生活の経験とその行動力、そして海外で身に着けた語学力は、必ず日本帰国後の転職にもメリットになります。

 

 

海外インターンシップの経験を活かして、英語や人間力をアピールする方法で、

ぜひステップアップした転職先を見つけてください。

 

 

まずは、外資系やグローバル企業に強い転職サイトに登録して、

どのような求人があるのかチェックをし、履歴書の添削サービスなども利用して準備をしておきましょう

 

どの転職サイトも登録は無料です。

 

ポイント サイト
国内最大級 リクルートエージェント
アメリカ・カナダ系に強い 【パソナキャリア】
外資転職に強い
イギリス本社の外資
【ロバート・ウォルターズ】
日系グローバル企業に強い dodaエージェントサービス