【インドネシア】転職方法とおすすめエージェント~給料・未経験求人・英語不問などの転職事情~

【インドネシア】転職方法とおすすめエージェント~給料・未経験求人・英語不問などの転職事情~

海外で働いてみたい!

 

でも英語に自信がないから英語不問、未経験ありの場所がいい!

 

という方には、インドネシア転職をおすすめします

 

 

チェックしておくべきこと

インドネシアで転職先を見つける方法は?

給料・年収は?

未経験でもビザが取得できる日本人向け求人募集は?

女性も安全?

どの転職エージェント・サイトがインドネシア転職に強いか?

 

など、インドネシアへの転職事情については不安がたくさんありますよね。

 

そこで実際に、日本から海外転職を行った筆者が、料や英語力など、インドネシアの転職事情と、転職する際のおすすめ転職エージェントをブログで解説します。

 

まずおすすめの転職エージェントはこちら。

ポイント サイト
国内の外資系
駐在案件が強い
海外出張が多い国内求人
dodaエージェントサービス 
帰国時サポート充実
女性おすすめ
【パソナキャリア】
海外出張が多い国内大手案件 リクルートエージェント
外資転職に強い
イギリス本社の外資
【ロバート・ウォルターズ】

ブログの後の方にそれぞれのメリットを書いていますので、ぜひ見てみてください。

 

 

インドネシアの転職事情について

①日本人向け求人は多い?

 

インドネシアは日本人向け求人募集が常にある状態です。

 

首都ジャカルタは経済も発展しており、日本企業を含めた外資系企業たくさん進出しているからです。

日系企業は1500社を超えて2018年現在、支社やアジア拠点などを置いています。

IT企業やカスタマーサポートセンターの拠点も多く、英語が話せなくても求人は多くあります。

 

もしもあなたが海外営業の経験があったり、エンジニアのスキルがあれば、比較的スムーズに正社員としての仕事は見つかるでしょう。

 

さらにインドネシアのバリ島は日本人だけでなく世界から多くの人が訪れる観光リゾートです。

日本語を使ったホテルや観光業でのサービス業の求人募集もたくさんあります。

 

 

②インドネシアの給料・年収はいくら?

インドネシアで、日本からの駐在としてではなく、現地採用として働く場合でも、比較的裕福な生活が可能です。

 

インドネシアでの日本人の現地採用の給料は、職種によって異なりますが、だいたい平均で20万円程度です。

 

インドネシア現地採用の平均給料

・マネージャー:2,500ドル〜5,000ドル(約26万〜53万)

・営業:1,500ドル〜4,000ドル(約16万〜41万)

・カスタマーサービス:1,500ドル〜1,900ドル(約16万〜20万)

 

インドネシア現地の人の平均給与(月収)は、8万〜16万です。

そのため、現地採用であっても、十分に生活できます。

 

また、エンジニアの方や、海外営業経験がある、又は英語が流暢に話せる方などは、もう少し高い給料が期待できますので、生活には全くこまりません。

 

 

③インドネシア転職は社宅があるか?家賃や物価は高い?

インドネシアは日本と比べると物価は安いです。
食費は月に3万~4万円あれば十分外食も可能です。

 

しかし、家賃が日本と変わらないくらい高いので注意しましょう。

家賃相場は以下です。

 

<高級マンションの家賃>
20万円/月

※日系企業の駐在員が住むことが多いマンションです。
とてもきれいですが、高額のため、会社がたいてい半額だしてくれます。
そのため、自己負担は日本で一人暮らしをするのと同じくらいの10万円程度です。

 

<シェアハウスの家賃>

2万円~5万円/月

※現地採用の日本人は、たいていシェアハウスに住みます。
2万円程度の物件だと、個室ですが、キッチンとバスルームが共用。
5万円程度だと、バスルームと個室が自分で使えるというイメージです。

 

たいてい日本人向け求人には、現地採用であっても日本人が住んでいるシェアハウスを紹介してもらえます。

また、運転手もつけてくれる企業が多いため、家賃以外の物価が安いために、たいていの出費は家賃です。

その他の高熱火はたいてい5000円、通信費も4000円程度です。

 

 

④インドネシアで働くには英語力はどれくらい必要か?英語不問はあるか?

 

インドネシアで働くメリットの大きな理由の一つは、英語力がつくことです。

 

インドネシアでは、仕事環境の中では、英語がほとんどです。

そのため、ビジネス英語力が上がります。

 

求人については、コールセンターやカスタマーサポートの日本人採用であれば、英語不問の求人が多いです。

 

しかし、英語が話せれば、ジャカルタでは現地スタッフのとりまとめのマネージャーポジションや、バリ島ではホテルスタッフなど、仕事の幅が広がり、給料もあがります。

 

英語不問の求人も多いですが、日常会話レベルで現地人スタッフと意思疎通ができるレベルの英語力があるといいでしょう。

 

 

⑤ インドネシアで転職する際のビザは?

インドネシアで働くなら就労ビザが必要です。

会社がサポートしてくれれば、取得は難しくありません。
しかし、条件がありますので、必ずチェックしましょう。

 

就労ビザ条件

①4年大学卒業者

②5年以上の就業経験者

③就労に適した年齢であること(20代~40代程度が多い)

 

これを満たしていれば1年間有効の就労ビザが取得で来て、4回の更新が可能(最大5年間有効)
これを満たさない場合は、6か月のみのビザとなります。

 

手続きからビザ取得まで、たいてい2か月~4か月かかりますので、早めに転職先に相談しましょう。

 

⑥ インドネシア転職は女性の働きやすい求人もあるか?治安は安全か?

インドネシアでは日本人女性が多く働いています。

首都のジャカルタは、製造やメーカー業での求人募集が多いです。
その他、ホテルや飲食などのサービス業もあり、特に観光などでは女性が多く活躍しています。

 

また、日本語を教える教員としての求人募集も日本人向けに多く、海外就職が未経験で、英語が話せないという女性も、始めての海外転職としてインドネシアを選ぶ人がいます

 

比較的治安が良く日本人も多いこと、会社が運転手をつけてくれれば車を運転しなくていいこと、英語が喋れれば働きやすい環境があるからです。

 

 

インドネシアで働くメリットとは

インドネシアで働くことのメリットは非常に大きいです。

 

・外国人の給料水準が高い(金融やエンジニアは特に年収がいい)
・経験不問、未経験OK、女性歓迎の求人もある
・ビジネスでは英語が主流のため、英語のスキルアップにもつながる
・英語不問の求人も多い
・物価が非常に安い
・社宅や運転手付き求人が多く、安心した生活ができる
・日本食も多い

 

インドネシアで仕事をすると、グローバルビジネスのスキルもつき、英語も上達します。

 

 

また、欧米からも多くの企業が進出しているため、アジアだけではなく、将来国際的に働けるグローバル人材となることができるでしょう。

 

インドネシアのジャカルタでは貿易や金融、製造などのビジネススキル、そしてバリ島では観光などのサービススキルを身に着けることが期待できます。

 

 

インドネシア転職におすすめの転職サイト・エージェント

未経験・英語不問などという条件を伝えれば、あなたのこれまでの経験や職歴を含めてエージェントが相談に乗ってくれます。

 

自分でネットで求人を探すよりもいいポジションや待遇のことが多く、面接指導もしてもらえるので、必ず転職サイトに登録をすることをおすすめします。

 

doda(デューダ)

 

dodaエージェントサービスは、国内で活躍できる、バイリンガル求人が非常に多いエージェントサイトです。

 

英語などの多言語を活かせる求人がたくさんあり、日本にいながらグローバルに働くことができる大手企業の求人がたくさんあります。

 

海外展開・進出をしている日系企業で海外営業などの職種が多く、言語力を活かせるグローバル企業や上場企業が多数掲載されています。

特に海外営業では、女性の転職も多く実績があるようです。

 

・海外出張に行ける方、
・英語である程度仕事ができる

 

という方はとても重宝され、グローバル日系企業の駐在案件や、海外出張の多い外資系などの仕事の相談ができます。

 

一度登録をしておくと、エージェントと希望の職種や働き方なども相談できます。

 

 

無料登録は公式サイトから↓

転職はdoda

 

 

 

 

パソナキャリア

 

【パソナキャリア】は、人材派派遣会社のパソナグループが運営する海外求人募集案件が多い求人サイトです。

 

女性歓迎の案件も多く、実際に各海外オフィスには、女性のリクルーターが多く在籍しています。

 

 

パソナは、海外転職で一番の不安である、面接や英語での履歴書の書き方や添削までをも手伝ってくれる転職サービスです。

 

海外転職時だけではなく、転職後から帰国後のキャリア支援まで相談に乗ってくれます。

 

実際に私は海外転職をした後に、日本に帰国して再転職活動をしました。
その際、現地のスタッフと日本のスタッフがとても親密に相談に乗ってくれました。

 

インドネシアで英語力を磨き、日本でスキルアップとして帰国、転職をする予定のある方は、とても心強いおすすめのエージェントです。

 

無料登録は公式HP↓

 【パソナキャリア】



 

 

 

リクルートエージェント

求人案件数・登録数ともに業界最大手の求人エージェントです。

無料登録を行うと、プロのキャリアアドバイザーが専属で付き、「転職支援サポート」をしてくれます。

あなたに合った企業や、おすすめの企業を紹介してくれます。

 

 

最大手ならではの巨大なネットワークで、海外勤務案件だけでなく、海外出張が非常に多い国内グローバル案件なども多いのが魅力です。

 

まずは海外に住まなくても海外出張などが多い仕事、又は国内のグローバル企業働くことも検討している人は、登録をおすすめします。

 

 

無料登録は公式サイトから↓

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

 

ロバート・ウォルターズ

 

ロバートウォルターズは、イギリスに本社を置く、世界28か国で人材派遣をしている世界的老舗エージェントです。

 

インドネシアにある外資系企業や日系企業に非常に信頼があるため、インドネシア就職を考えるなら必ず登録をしましょう。

 

コンサルタントは全員バイリンガル又は外国人で、求人紹介から募集企業の面接までのやり取りが全て英語になることもあります。

そのため、外資系転職が未経験の方でも、ある程度の英語力を必要とされます。

 

しかし、バイリンガル又は外国人のコンサルタントが、英語の履歴書の作り方から英語面接の受け方までしっかり外資系向けにサポートをしてくれます。

 

もし応募した企業に合格しなかったとしても、ロバートウォルターズで転職活動をするだけで、大きなスキルアップにつながります。

 

 

登録は公式HPから↓

 英語を活かした転職ならロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

 

 

Bizreach(ビズリーチ)

「ビズリーチ」は、グローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイトです。

 

海外転職を考えるなら、まず登録しておくとよい求人サイトです。

 

会員数94万人以上、ヘッドハンター1,700名以上、採用企業社数6,700社以上の国内最大級の求人サイトです。

そのため、もしもインドネシアの求人がなくても、ヘッドハンターやリクルーターは相談をすれば案件を見つけてきてくれるでしょう。

 

ヘッドハンターが多いためネットワークは莫大です。
一度相談をしてみましょう。

 

 

ビズリーチの公式HP↓

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】
BIZREACH

 

 

カモメアジア転職

中国や東南アジアの転職に非常に強い転職サイトです。

他の転職サイトよりも現地飲食系の求人がが多いサイトです。

海外の飲食系で仕事をしたい人にはおすすめのサイトです。

 

※駐在員よりは現地採用案件が多いため、必ず求人要綱を確認しましょう。

 

カモメアジアの公式サイトはこちら

 

インドネシアで転職、仕事を探すのに大切なこと

インドネシアで転職をしたいと思っている方は、まずその方法として、インドネシア求人案件に強い転職サイトに登録することが大切です。

 

今インドネシアではどのような仕事の求人が多いのか、
どのようなスキルが求められているのか、

などの情報を仕入れることができます。

 

また、実際に求人案件を見てみることで、採用されるためには今自分に必要なこと、もっと勉強すべきことなども明確に見えてくるでしょう。

 

 

今すぐにインドネシア行き&転職を検討していなくても、転職サイトには早めに登録して自分の市場価値を知っておきましょう。

 

思わぬスカウトの連絡が来ることもあるかもしれません。

まずは紹介したおすすめサイト3つだけでも登録して、未来の道を広げておきましょう!

 

ポイント サイト
国内の外資系
駐在案件が強い
海外出張が多い国内求人
dodaエージェントサービス 
帰国時サポート充実
女性おすすめ
【パソナキャリア】
海外出張が多い国内大手案件 リクルートエージェント
外資転職に強い
イギリス本社の外資
【ロバート・ウォルターズ】

 

 

インドネシアで働く前に読んでおくと便利な本はこちらです。

 

海外転職について元気が出る本はこちら。

 

業界未経験