【海外ATM引出し】プリペイドカードで現地通貨への両替不要

【海外ATM引出し】プリペイドカードで現地通貨への両替不要

海外で現金が必要になったら、どのようにキャッシュを引き出したらいいのでしょうか?

 

現地に銀行口座を開いて、既にデビットカードか現地のクレジットカードを持っているなら、ATMで現金を下ろすことが可能です。

しかし、旅行や短期滞在、又は銀行口座手続き後、カードが届くまでの約1週間は、現地で現金を引き出すことができません。

 

海外はカード社会で支払いはほとんどカードですし、現金を持ち歩くのは危険でもあります。
しかし、駐車場の支払いや、お店のチップなど、意外と現金が必要な場合もあります。

 

そこでおすすめなのが、海外で現地ATMから現金を引き出せるクレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】
です。

 

海外旅行や留学におすすめのプリペイドカードとは?

海外専用プリペイドカードとは、海外でも現地ATMから現金が引き出せる、カードです。

 

ATMで現地通貨を引き出せますので、海外で銀行や両替所を探して並んだりする必要がありません。

さらに両替の手数料を現地で払う必要もありません。

 

 

取り扱いの通貨は日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルの通貨で、一度入金しておけば、どの通貨でも現地で引き落とせるので、留学や旅行などの際にとても便利です。



プリペイドカードのメリット

クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】
は、海外の盗難に備えた安全面や、便利さはもちろん、手軽さなど、留学生や現地移住してすぐの方、そして旅行者にもメリットが多くあります。

 

■海外に盗難にあっても安全!

海外専用プリペイドカードクレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】は、盗難被害にあっても安全な防犯対策が万全です。

 

現金を持ち歩かなくていいのは、治安が不安な海外では一番の利点です。

 

オンラインでいつでもカードにチャージができるのですが、使う分だけチャージしておけば、万が一、盗まれても被害額を最小限にできます。

 

また、クレジットカードやデビットカードのように、銀行口座と繋がっていないので、盗難・紛失時にも被害を少なくできます。

 

■手数料が安い

さらに、チャージしたお金が余って帰国しても、Visa加盟店でそのままクレジットカードと同様に使えます。

または両替の必要なく、現金で引き出すことも可能です。

 

 

■VISA対応ATMならどこでも使える

海外のATMはたいていVisaとマスターカードに対応していますので、ほとんどどこでもキャッシュカードとして現金の引き出しが可能です。

 

海外のATMに、日本のクレジットカードを入れて、「カードが出てこなくなった」というカードがのみこまれてしまったという話をよく聞きます。

 

この場合、海外から日本のクレジットカード会社に連絡をするのは手間と通話料もかかります。
しかし、クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】ならオンラインですぐに自分で使用を停止できます。

 

 

さらに残高の補償までついているため、安心です。

 

 

■カードの発行が簡単、早い

発行のを申し込んでからカードが手元に届くまで、最短で1週間程度です。

 

チャージ式のプリペイドカードである、クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】は、クレジットカードとは異なり、審査がありませんので、とても早く発行されるのです。

急な旅行や出張などにとても便利です。

 

 

■クレジットカードのようにも使える

もちろん、ATMで現金を引き出すだけでなく、クレジットカードやデビットカードのように、チャージされている金額を上限に、通常のカードのようにカード払いで利用が可能です

 

 

■留学中の送金(仕送り)にもおすすめ

留学中にも、翌営業日にはお金が口座に振り込みされるため、高い手数料を払って海外の銀行に送金するよりも断然お得です。

 

 

海外専用プリペイドカードの入金方法(利用方法)

カードが手元に届いたら、オンラインでチャージし、使うというだけです。

チャージの方法などは、公式ホームページから確認できます。

 

 

 

キャッシュパスポートを銀行口座開設までの期間使いました。

私はアメリカに仕事のためにしばらくの間住んでいたのですが、その際、アメリカで銀行口座を開設しました。

 

解説手続きから、アメリカの銀行のキャッシュカードが手元に送られてくるまでには、約1週間ほどかかりました

その間、現金が必要になることも多々あり、その際にクレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】は非常に役に立ちました。

 

アメリカでの銀行口座開設については、こちらの記事を参考にしてください。

 

【手数料・維持費を安く】アメリカの銀行口座開設方法とおすすめの送金方法

 

海外旅行や留学の方はもちろんですが、移住や転勤などで海外に行かれる方も、すぐに現地に行って、口座が開設できるわけではありません。

 

しばらくの間使えるキャッシュカードとして、日本から、海外で使えるプリペイドカード&キャッシュカードクレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】
を作っておくととても安心です。