【J1ビザ面接】スポンサー企業の見つけ方と質問内容・NGワードで落ちない!

【J1ビザ面接】スポンサー企業の見つけ方と質問内容・NGワードで落ちない!

アメリカで仕事をすることができるJ1ビザ(インターンシップビザ)

 

就労ビザであるH-1ビザよりも取得が比較的簡単なため、申請する人が増えています。

このJ1ビザを申請するには、必ず「スポンサー企業」を見つけなければなりません。

 

 

アメリカで仕事をするために、J1ビザ(インターンシップビザ)の申請に必要な

・アメリカのスポンサー企業の見つけ方
面接内容
・不合格の確率
・面接で落ちないためのNGワード

 

についてお話します。

 

 

J1ビザとは

J1ビザ(Exchange Visitors Visa)は、インターンシップや文化交流を目的としたビザで、1年もしくは1年半の間、有給でアメリカで仕事ができる(研修できる)ビザです。

 

アメリカ国務省(USIA)が認定する職種及び業種でインターンシップを行う研修生に発給されます。

 

J1ビザの申請には、以下の応募条件があります。

 

・大学・短大在学中、又は卒業してから12ヶ月以内に参加可能

・短大以上の学位を取得済で、1年以上の職務経験がある

・5年以上の職務経験

 

また、アメリカで働く際の分野は、これまでの経歴と関連している必要があります。

代表的な分野として下記が一般的です。

 

■ メディア、広告
ウェブデザイン、グラフィックデザイン、マスコミュニケーションなど

■ マネージメント
ビジネスマネージメント, ホテルマネージメント, 一般事務など

■ ビジネス
事務、セールス/マーケティング、会計、経理、人事、保険、不動産、 インターナショナルビジネスなど

■ 貿易、ファイナンス
貿易、銀行、インベストメント、 会計、セキュリティ、オペレーションなど

■ IT・ エンジニア
コンピュータエンジニア、システム管理、プログラミング,  環境エンジニアなど

■ 建築、インテリア
インテリアデザイン、ランドスケープ、建築など

■ 旅行、ホテル、サービス
旅行会社、ホテル、シェフ、レストランマネージメントなど

 

このJ1ビザは、アメリカに滞在して仕事をする有効期限が短期間のため、H1ビザ(就労ビザ)のように、アメリカ国籍の方の就労機会を奪うことがありません。

そのため、H1ビザよりも規制や審査が厳しくないのが特徴です。

 

また、H1ビザは、年に1回しか申請時期がありませんがが、J1ビザは年中いつでも申請が可能です。

 

J1ビザの応募条件については、こちらの記事でくわしく書いていますので、参考にしてください。

 

 

 

 

J1ビザ申請のためのスポンサー企業とは

 

J1ビザを取得するには、そのビザのスポンサーをしてくれるビザスポンサーが必ず必要になります


このスポンサーがいなければ、J1ビザの申請をすることはできません。

 

H1ビザ(就労ビザ)は、アメリカで働く予定の会社が、H1ビザ(就労ビザ)のスポンサーになります。

 

しかし、J1ビザは、働く予定の会社はスポンサーではありません。

 

J−1ビザは、アメリカの国務省が、文化交流のために発行しているビザであるため、国務省が認可した非営利教育団体(NPO団体)が、J−1ビザのビザスポンサーになります。

 

J−1ビザでインターンシップをする予定のアメリカの企業は、外国人のインターン生を海外から受け入れしている受け入れ企業・ホストカンパニーです。

 

スポンサー企業は、その仲介をするNPO団体です。

 

 

 

 

つまり、

 

J1ビザのスポンサー企業(NPO団体)は、留学生にとっての大学。

J1ビザのインターン生受け入れ企業(ホストカンパニー)は、留学生にとってのホームステイ先のファミリー

 

というイメージです。

 

このブログでは、このスポンサー企業の見つけ方と、スポンサー企業との面接について紹介しています。

 

 

 

J1ビザのスポンサー企業の見つけ方

 

J1ビザのスポンサーとなってくれる企業(NPO団体)は、アメリカに複数あります。

それぞれスポンサー団体によって特色もあります。

 

・サポートをする際の審査が厳しい

・手続きに時間がかかる

・J1ビザのスポンサーになった実績が多すぎて、アメリカ政府の審査に不合格になる確率が低い

 

など、様々です。

 

あなたに合ったスポンサー企業を見つけましょう。

スポンサー企業を見つける方法は、日本の仲介エージェントに相談してみることがおすすめです。

 

J1ビザの発行をサポートしている日本のエージェントがあり、彼らは、アメリカのJ1ビザスポンサー企業(NPO団体)とコネクションがあるのです。

 

あなたが行く予定のインターンシップ受け入れ企業(ホストカンパニー)の職種や立地なども考慮し、エージェントは適切なスポンサー企業(NPO団体)を紹介してくれるでしょう。

 

日本の代表的エージェント企業は以下2つです。

US INTERNSHIP

ACO JAPAN

 

この日本のエージェントは、J1ビザスポンサー企業(NPO団体)だけでなく、その前段階である、インターンシップ受け入れ企業(ホストカンパニー)の紹介もしています。

J1ビザでアメリカで働こうと決めたら、まずは相談してみてもいいでしょう。

 

 

 

J1ビザスポンサー企業(NPO団体)との面接

J1ビザを取得してアメリカで働く場合、ビザ申請の手続きに、面接をたいてい3回受けなければなりません。

 

・アメリカの受け入れ先企業との面接

アメリカのスポンサー企業(NPO団体)との面接

・在日アメリカ大使館での面接

の3回です。

 

ここでは、アメリカのスポンサー企業(NPO団体)との面接の質問内容と対策、絶対に言ってはいけない言葉について紹介します。

 

スポンサー企業(NPO団体)との面接に合格すれば、ビザ申請に必要な書類の一つ(DS-2019)を発行してもらえます。

 

 

 

J1ビザスポンサー企業(NPO団体)との面接の方法とは?

面接の質問内容は、難しいものではありません。

あなたの英語力を確認するインタビューです。

 

面接の方法は、スカイプでのオンライン面談がほとんどです。
スポンサー企業はアメリカにあるため、時差を考慮して時間を合わせて行います。

 

 

面接の質問内容は?

J1ビザのスポンサー企業は、アメリカのNPO団体です。

国際文化交流を目的とした、人材交流をサポートしています。

 

あくまでも「国際文化交流」が目的でビザが発行されます。

そのため、「仕事」「キャリア」のためにアメリカに行くわけではないことを、面接の内容で確認されます。

 

<面接質問例>

・大学の選考は何か

・仕事はこれまで何をしていたか

・将来の目標

・どんな企業でインターンシップをするか

・何のためにインターンシップをするのか

・J1ビザが修了したら何をするか

・アメリカにいる間にしたいことは何か

 

全て英語で行われます。

質問の内容は、たいてい同じようなものです。

簡単な英語で構いませんので、練習をしておきましょう。

 

 

日本のエージェントが面接本番に備えて、デモンストレーションをしてくれるところがほとんどです。

J1ビザのスポンサー企業(アメリカのNPO団体)との面接は、特段大きな問題がなければ合格します。

不合格になる確率は低いため、緊張せずにリラックスして面接に臨んでください。

 

 

J1ビザスポンサー企業との面接注意点と対策~NGワード~

J1ビザは、「国際文化交流」が目的でビザが発行されます。

そのため、「仕事」「キャリア」のためにアメリカに行くということを、面接で行ってしまうと、ビザが却下される(不合格)になる可能性が非常に高いです。

 

J1ビザでアメリカに行った後に、アメリカで転職をしてアメリカに長く住みたい。
アメリカで彼氏彼女を見つけて国際結婚もしてみたい。

など、いろんな希望もあるかもしれません。

 

しかし、J1ビザはインターンシップ期間が終われば「日本に帰国する」のが前提条件です。

 

心の中では様々な希望があっても、面接の際はビザを取得するために

「国際交流のために行く」
「日本帰国後のステップアップが目的」

という心持でいてください。

 

 

<NGワード>

・仕事をするためにアメリカに行く

・アメリカでキャリアアップしたい

・アメリカに長く住みたい

 

J1ビザは「仕事」ではなく「国際交流」が目的であり、インターンシップ期間が終われば「日本に帰国するのが前提条件ということを忘れないように面接に臨みましょう。

 

言ってはいけない言葉に気を付ければ、面接で落とされることはほとんどありません。

 

 

アメリカで仕事をしてキャリアを積みたい。
アメリカにできるだけ長く住みたい。

そのためへの一つの手段としてJ1ビザを取得する人は多くいます。

 

しかし、まずはJ1ビザを取得できないことには渡米ができません

面接でJ1ビザが却下(不合格)にならないように、必ずNGワードは面接で言わないように気をつけましょう。

 

面接合格の結果が出るまでにかかる期間

結果が出る速さも、スポンサー企業(NPO団体)によって様々です。

 

スポンサー企業(NPO団体)は、あなたが働く予定であるホストカンパニーの視察や、書類の審査を行い、問題なければ、面接から約1か月程でビザ申請に必要な書類が送られてきます。

 

 

J1ビザスポンサーを見つけるにはまず日本のエージェントに相談してみましょう。

アメリカで働くJ1ビザ(インターンシップビザ)申請・取得のために、スポンサー企業(NPO団体)インターンシップを受け入れる企業(ホストカンパニー)の違いを理解しましょう。

 

そしてスポンサー企業(NPO団体)を紹介してくれる日本のエージェントに相談を一度してみましょう。

あなたに最適な職場環境と、学べる場所を教えてくれ、スポンサー企業(NPO団体)を紹介してくれるでしょう。

 

 

J1ビザ取得でアメリカで働く注意点

最後に、J1ビザについて、一つ注意をしておいてほしいのが、J1ビザはお給料も安く待遇も悪いということです。

アメリカの最低賃金で仕事をしている人もいます。

 

 

 

そのため、外資企業や日系グローバル企業への転職もまずは視野にいれてみることをおすすめします。

 

待遇や給料が高い、外資系や日系グローバル企業の海外駐在員として海外に住み働くことができるなら、断然そちらがおすすめです。

まずはJ1ビザを申請する前に、海外転職として他のビザが取得できる可能性を考えてみましょう。

J1ビザよりも好待遇、給料もよく、海外で働けるチャンスがあるかもしれません。

 

 

 

もちろんJ1ビザは、他の方法に比べて、ビザ取得にかかる期間も早く、ビザも比較的取得しやすいです。

また、どんなビザでも海外で仕事をすることは、苦労も多いですが、これまでにない貴重な経験になります。

他の手段、他のビザの取得が厳しい場合は、ぜひ挑戦してみてください。

 

また、もしJ1ビザで海外に行くことが決定し、アメリカに長く住みたいのであれば、その後のアメリカ国内での転職などでビザの延長をしなければなりません。

 

駐在員又はインターンシップなどでアメリカ在住のまま、アメリカで転職活動する方法もまとめています。

 

 

アメリカのビザは、複雑なため、早めに準備を行わなければ、書類や申請に間に合わない可能性があります。

将来のことをよく考え、後悔のない人生を歩むために、早めに早めに行動しておくことをおすすめします。

 

 

 

 

リクルートエージェント